【新幹線】の【N700系電車】に関して教えてください。

傾きが1度変わったおかげで東京~大阪が5分縮まった?ようことを聞きましたが、本当でしょうか?

これ以外にも、以前の新幹線に比べて【ここが凄い/変わった】事や【10社の技術の結晶…】のような【凄い】という情報をたくさん教えてください!!!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 登録:2008/02/19 22:40:32
  • 終了:2008/02/26 22:45:02

回答(5件)

id:dna931 No.1

dna931回答回数77ベストアンサー獲得回数12008/02/19 22:55:44

ポイント20pt

5分縮まったのは事実です。

N700系のすごいところは従来は255km/hに減速して走行しなければならなかった東海道区間の半径2,500mの曲線を新幹線車両で初めて空気バネによる車体傾斜装置(最大傾斜角1度)を採用しすることにより最高速度である270km/hのまま走行できるようになったことです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9AN700%E7%...

すごい事といえば電力消費を従来の新幹線より低減し、CO2排出量が航空機の10分の1以下になったことです。昨今、問題になっている地球温暖化防止に大きく貢献する新幹線。それがN700系なのです。

id:sylphid666 No.2

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902008/02/19 22:56:18

ポイント20pt

環境性能も向上しているそうです

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20070620/1001047/?P=...

id:masanobuyo No.3

masanobuyo回答回数4616ベストアンサー獲得回数782008/02/19 23:29:59

ポイント20pt

N700系が登場する以前の500系と700系では、東海道新幹線で最高速度270km/hを出すことが可能な区間は全体の約3分の1程度であった。本系列では車体傾斜システムの搭載により、これまで255km/h制限がかかっていた半径2,500mの曲線区間(60か所)でも270km/hで走行することが可能であり、この結果東海道新幹線の約3分の2以上の区間で270km/h走行が可能となった。このシステムの搭載と加減速性能の向上により、東京~新大阪間で従来の500系・700系「のぞみ」と比べて5分の短縮が可能となり、最速列車の所要時間は2時間25分(2007年7月1日ダイヤ改正時の「のぞみ1・163・52号」)でありますので、傾きが1度変わったおかげで東京~大阪が5分縮まった?ようことを聞きましたが、本当です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9AN700%E7%...

id:un0 No.4

un0回答回数651ベストアンサー獲得回数322008/02/22 00:39:00

ポイント20pt

実際に乗ってみて気がついたのは以下です。

・コンセントがN700系には窓際全席についています。(以前は車両の前後にしかなかった。)

・窓の色が黄色くなった

・静かになった

http://q.hatena.ne.jp/1203428429

id:kitaakabane No.5

Weak-field回答回数82ベストアンサー獲得回数22008/02/24 19:13:29

ポイント20pt

私からあげらるのは

・室内にコンセントが完備されている点

・先頭車両に通常の引戸ではなくプラグドアを採用している点

・加速度が在来車の1.6km/h/sから2.6km/h/sへ向上している点

・全電気回生ブレーキとなっている点

・貫通幌に全周幌を採用し騒音の削減が図られている点

・初代"ひかり"より消費電力が51%減っている点

・重さが16輌編成で8㌧削減されている点(→引き通し線削減による)

・方向幕にフルカラーLEDを採用した点

http://n700.jp/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません