ウォーキングについて教えてください。健康のためにいろいろな本、等が出ています。「健康」のためではなく、「実用」、「旅行」としてのウォーキングについてです。江戸時代の人や、いまだアジア・アフリカの人は、ある程度の「荷物」を持ち、数日ある程度の「距離」を歩いていると思います。そうした場合の歩行方法や、注意点について何かわかりますか。お願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/02/20 06:10:18
  • 終了:2008/02/27 06:15:02

回答(7件)

id:ffmpeg No.1

ffmpeg回答回数1202ベストアンサー獲得回数92008/02/20 10:07:38

ポイント18pt

登山の本 http://www

id:adati1

起伏の上下はあまりありません。

2008/02/20 10:21:09
id:Numeric No.2

Numeric回答回数83ベストアンサー獲得回数182008/02/20 10:40:36

ポイント17pt

「歩き旅」というサイトに、歩き方や脚のケアテクニックなどが載っています。

http://www.arukitabi.com/

日本縦断の旅日誌などもあるので、参考になるのではないでしょうか?

id:adati1

非常に、非常によかったです。今、全部印刷しています。

2008/02/20 10:48:27
id:kappagold No.3

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/02/20 11:06:13

ポイント17pt

歩き旅で有名なのは、四国のお遍路さんだと思いますので、そのあたりを探してみました。

幾つかのポイントはあるようですが、歩き方は人それぞれということで、自分にあった歩き方を歩きながら確かめていくというサイトも多かったです。

http://www.88henroclub.com/tips/10460_not_tired.htm

http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/tanoshimu/kuukai_050...


ハイキングなどのコツも参考になるかと思います。

http://www.inageya.co.jp/html/site/idea/backup/bknb18/html/healt...

http://www.toron.co.jp/yama/osasoi/osasoi.htm

id:adati1

たくさんの資料ありがとうございます。もっと「実用」につっこんだ内容があればうれしいです。「職業」としての徒歩というのは変なのですが、体調が良い日は歩く、というより、ある重さを、決められた距離をしっかり歩か「なければ」ならない、という感じの方が欲しいです。江戸時代の人とか、アジア、アフリカの農村部に暮らす人々など。

2008/02/20 13:20:49
id:NON_NON No.4

NON_NON回答回数197ベストアンサー獲得回数162008/02/20 15:36:39

ポイント17pt

江戸時代の一般的な歩き方は「なんば歩き(走り)」と呼ばれてる左右同じ手と足を動かして歩くものでした。

バランスよく歩けるため、長距離を歩くのに向いていたそうです。飛脚もあのような走り方をしたとか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E8%B5%B...

http://www.h6.dion.ne.jp/~bokuden/theme_15.html

id:adati1

なんば歩きは聞いたことがあります。

2008/02/20 22:07:28
id:AZUY No.5

AZUY回答回数343ベストアンサー獲得回数122008/02/20 20:03:38

ポイント17pt

こんにちは。

現代でいうと、「バックパッカ」ですね。

バックパッカで検索すれば、荷物の持ち方等のいろんな情報が

でてきます。

「旅行」としてのウォーキングは、この範疇だと思われます。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:adati1
  • つまり、旅を楽しむ、でなくて、実用としてです。---

たくさんの資料ありがとうございます。もっと「実用」につっこんだ内容があればうれしいです。「職業」としての徒歩というのは変なのですが、体調が良い日は歩く、というより、ある重さを、決められた距離をしっかり歩か「なければ」ならない、という感じの方が欲しいです。江戸時代の人とか、アジア、アフリカの農村部に暮らす人々など。

2008/02/20 22:06:42
id:peach-i No.6

peach-i回答回数4652ベストアンサー獲得回数932008/02/22 12:51:24

id:adati1

今回の私の求めるものとは全く違っています、が、が、が、このようなものを知ることができたことはとても感謝しております。ありがとうございました。楽しめます。

2008/02/22 14:29:44
id:hayate_007 No.7

hayate_007回答回数89ベストアンサー獲得回数32008/02/25 04:00:54

ポイント17pt

古今東西今昔,ウォーキングにしろなんにしろ実用という点では,


普通の仕事と一緒で毎日継続できるだけのぎりぎりのペースを見つけるのが大事です.

短期でなく長期的にどれだけの成果(移動距離)があげられるかという1点に集約されます.


今週頑張りすぎて来週にベースダウンでは実用的ではありません.色々な知識を得るのも大事ですが

,長期的に見ると実践してみて失敗しながら学んだほうが身につきます.もちろん取り返しの付かな

いミスは禁物なので一般的なノウハウを押さえておき効率よく業務(ウォーキング)を進めることは

大事です.歩きサイトでは足のケアについてよく書かれてますが,ケアせずに足が慣れるまで数週間

かかっても長期的には誤差の範囲です.


「ある重さを、決められた距離をしっかり歩か「なければ」ならない」とありますが,それが毎日継

続できないのであれば,そもそもそれは業務計画の見通しが甘いということです,精神論としてはよ

いですが実際問題として9割や10割の力は毎日続きません.

http://q.hatena.ne.jp/answer ダミー

id:adati1

回答ありがとうございます。さて、「短期でなく長期的にどれだけの成果(移動距離)があげられるかという1点に集約」これは本当にそうですよね。まさに実用なのですから。「長期的に見ると実践してみて失敗しながら学んだほうが身につきます」このような考えも極めてもっともだと思いますが、その一方で、現在の「趣味」のウォーキングと「実用」「職業」としての歩行がどのように違うのかを知りたくなるのもまた、人の常だと思うのですが。

2008/02/25 05:51:06

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません