昨日、右折待ち停車中に後ろからバイクに追突されました。 相手は「前方不注意でした」と言って自ら警察を呼び対応し、あとは保険会社が対応します・・・ と。

しかし保険会社は金銭面を補うだけで、実際に修理に出したり代車を取りに行くのは被害者の私です。 その労力、精神的なダメージはどうしてくれるのでしょうか。
ちなみに子供二人も乗車していて、上の子供は理解していて相手に対し怒っています。嫌な思いをしています。
追突されなければ受けなかったもの、この気持ちは泣き寝入りするしかないのでしょうか。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/02/21 13:06:33
  • 終了:2008/02/21 19:06:43

回答(5件)

id:taku0208 No.1

taku0208回答回数250ベストアンサー獲得回数112008/02/21 13:22:15

ポイント20pt

お怪我はされていないのでしょうか。

怪我をしているのであれば、病院に行って診断書を出してもらってください。

診断書が出た場合、人身事故扱いとなり、加害者は精神的傷害に対する損害賠償をする義務が発生すると思います。


http://ht4.hp.infoseek.co.jp/

id:tkyh

怪我はしていません。物損事故です。壊れた車を治してくれる・・・それは勿論わかりますが、車を治してくれさえすれば受けたダメージ全てが消えるのでしょうか。

気持ちの問題で後から沸々と怒りが。

早く忘れるしかないですかね~

2008/02/21 13:38:41
id:KairuaAruika No.2

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972008/02/21 13:53:50

ポイント20pt

あくまでも事故なんです。

今の時代,保険屋さんが対応してくれるだけでもいいほうです。

お子さん達,むち打ちが怖いので,充分慎重に検査してもらってください。

ムチ打ちの場合,半年以降後から症状が出てくることもあります。

そのようなときのためにも,医師には事情を話し,診断書を書いておいてもらった方がいいかもしれません。

助かっただけでも良かった,と思い,いわば泣き寝入りするしかないかもしれません。

id:eoe No.3

eoe回答回数17ベストアンサー獲得回数02008/02/21 14:05:58

ポイント20pt

コメントが出来ないので、こちらで失礼します。

もちろんポイントは結構です。

前方不注意という過失があったとはいえ、

相手の方も故意にされた訳では無いですし、

道路を使用するという事は、加害者にも被害者にもなりえるのではないでしょうか?

お子さんと一緒に怒りを募らせるのではなく、

怪我が無かった事を喜び、

こちらが気を付けていても事故の危険がある事をお子さんに伝え、

道を歩く時に周りに気をつけるように教える。

車を修理しなくてはいけないほど、バイクでぶつかったのでしたら、

バイクの方は多少なりともお怪我をされたのでは無いでしょうか?

その方を気遣う心や姿を見せる事が、お子さんのやさしい心を育てる機会になると思います。

小さなお子さんもいらっしゃり、車の修理や書類の手続き等、

大変だと思います。

私も以前、同じような状況になった事がありましたので、

ご苦労、ご心労をわかった上で書き込みさせて頂きました。

id:heppocom No.4

heppocom回答回数94ベストアンサー獲得回数42008/02/21 14:12:29

ポイント20pt

事故被害、ご愁傷様です。

あくまで「事故」ですから、警察や保険屋など周囲が世話をしてくれるのはそこまでです。

ほかに「損害を被った」というのであれば民事訴訟という手段がありますので、ご自身で手続きするしかありません。

id:tanashi No.5

tanashi回答回数9ベストアンサー獲得回数02008/02/21 14:34:15

ポイント20pt

解決方法ではないので、ポイントはいりません。


相手の立場で考えてみてはいかがでしょうか?


あなたがもし逆の立場で、相手に対して何かしてあげたい事はありますか?

逆に相手から何かされたらいやな事はありますか?


もしあなたが、自分から相手へ精神的な苦痛に対する対価を払おうと思う方であれば

相手へ精神的な苦痛への対価(金銭であれ、謝罪であれ)を求める事は私はよいと思います。


逆に、相手から精神的苦痛への対価を請求されるのが嫌であれば

相手へも対価を求めるべきでないと私は思います。


あなたと、お子さん二人が大きな怪我をされてなくてよかったです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません