企業のウェブサイトなどに掲載されている「会社概要」。

取引銀行という欄が普通ありますが、これは、その銀行からの借入金がある場合にだけ記載するものなのでしょうか?
人からそんな話しを聞いたのですが、ホント?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/02/22 18:32:02
  • 終了:2008/02/28 14:00:55

回答(3件)

id:Ellegarden No.1

Ellegarden回答回数36ベストアンサー獲得回数02008/02/22 19:01:08

ポイント30pt

似たような質問をみつけましたよ。

会社情報に主要取引銀行を書くのはなぜ? - 教えて!goo

なので、「銀行からの借入金がある場合にだけ」ではないみたいですよ。

id:agguy No.2

agguy回答回数136ベストアンサー獲得回数32008/02/22 21:38:25

ポイント30pt

借入金がある場合にも取引になりますが、預金口座も取引になります。

無借金の会社も多くありますしね。


一般的にはメインバンクや主要に取引を行っている銀行になります。


御社を外部から見ている企業が、どの様な金融機関と取引をしているかを

確認するもので、借入金は関係ありません。

id:sigma199189 No.3

sigma199189回答回数186ベストアンサー獲得回数22008/02/24 05:55:47

ポイント30pt

どうでしょうね。

会社役員に有名大学を据えたい企業の特性と同じ様なものということもあるかもしれません。

しかし簿記の勉強などするとわかると思うのですが手形借入金を裏書譲渡など銀行を介した

手形取引ということが企業には多いです。

ですから信用のある銀行を取引銀行にすることは重要なことなのだと思います。

  • id:AZUY
    信用情報の1つとして、主要取引先と同様の意味でかかれることがあります。

    無借金のところもありますが、まずそういうところは少ないでしょう。
    銀行の金利よりも利益を出せるのなら、借り入れると思われます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません