こんな事を言うと怒られそうですが、Macの良さが分かりません。

機体がファッショナブルという以外に絶対的なアドバンテージがあるのでしょうか?
私は行きがかりでWindows(XPで頑張ってます)を使っていますが、(唯野司さんの参考書が分かりやすかったので)
「パフォーマンスが同一機体では部分的に必ず優れている」とか、「全体の理解がし易い」とか「Macでなければ微妙な表現が出来ない」とか「言語変換に一日の長がある」とか
「全体的に優勢だ」、「アプリが安い」などなど・・・明確に差別化できる特徴が分かりません。
アプリの名前も横文字ばかりだし(内容が一見して分からない)Ituneですか?携帯音楽プレイヤーは使わないし。
こんな私にMacの良さを教えてください。ちなみに私はプログラミングなどは素人です。手を出す心算も時間も無い。
もし納得させてもらえたらOSを変更しても構わないとも思っています。最近のDELLの機体なのでOSは変更できます。両方は無理ですが。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2008/02/25 01:09:03
  • 終了:2008/02/26 18:54:35

ベストアンサー

id:pbg4667 No.6

pbg4667回答回数98ベストアンサー獲得回数142008/02/25 12:44:18

ポイント100pt

まず私は両方のOSを使っていますが、PC/AT互換機(いわゆるWindows機)には残念ながらMacOSXをいれることはできません。

(クラックして入れる方法もおあるようですが、ライセンス違反です。)

さて、MacOSXの優位性ですが、個人的にはファイル管理および操作の2点、あとDTPなどのグラフィック分野においての画面描画の正確さにあると思います。

Photoshopは基本ビットマップなのでカラーマッチングにさえ注意すればよいのですが、イラストレーターなどでは線の太さが見た目に反映されていなかったり、フォント管理の面などにおいてWindowsより優れています。

(これについてはディスプレイポストスクリプトのアドバンテージです。印刷分野で使用されているポストスクリプトで画面描画を行うことで再現性が高くなっています。なので、作業効率も含めて印刷業界ではWindousを利用するメリットは価格だけというのが現状です。最終校正段階ではMacは必須だと思います。)

ファイル管理ですが、ラベル機能があるのと無いのとだけで、個人的にはぜんぜん違うと思っているのですが、それ以外の面でも、たとえば共有されたMacに対してファイル共有画面でリモート接続が可能であったり、タイムマシーン(バックアップシステム)など、見た目だけではなく利にかなった操作系の統一感があります。

しかし、一方ではAVIなどの編集や閲覧においては、かなり劣っていたりと、一概にMacOSXがよいとはいえません。

id:miharaseihyou

私はよく社内ポスターをWord(2003)で作るのですが、正確な画像の操作がし難い感じがあります。印刷物が少しだけずれていたり思ったとおりの色が出なかったりといった感じです。プレビュー画面も質が悪い。ファイルの基本構造が関係するようですね。やっぱりプロ用だとMacですか。

まあ、イラストレーターはお値段が凄すぎるという気はしますが、1~2万円で簡易版でも出してくれれば買うのに...。

ただ、Windowsの機体だと正確に作動しないというわけですね。ただし、Windowsの方が基本的に優れている部分もあると。よくわかりました。

ありがとうございました。

2008/02/25 19:51:24

その他の回答(6件)

id:chow-chow No.1

chow-chow回答回数20ベストアンサー獲得回数02008/02/25 01:17:06

ポイント20pt

おっしゃる通りだと思います。

Macの良さが分かりません、動画もみられないです。


でも確実にいえるのは、クリエーター系の仕事に使い勝手が良いそうです。

そういう方々が、非常に迅速に使えるので執着しているだけでしょう。

http://allabout.co.jp/computer/pc4beginner/closeup/CU20051115F/i...

http://allabout.co.jp/computer/pc4beginner/closeup/CU20051115F/i...


OSを変更する必要は無いと思います。

id:miharaseihyou

そうなんですよねえ。でも、実際には勢いがあるし、デフォルトスタンダードになる可能性まであるんですよね。

引き続き回答を募集します。

2008/02/25 01:27:20
id:Kumappus No.2

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852008/02/25 01:46:53

ポイント20pt

ミハラさん、デファクトスタンダードですよ。

デファクトになる可能性は今のところ低いですけどね。

質問文にあるアドヴァンテージってのは全て「よくあるマカーの妄言」なんで意に介さないでいいです。言語変換なんかWindowsのIMEと大差ない(ほんとにそこに力を入れたい人はATOKを使う)し、全体の理解ったって最初Dockを見たときはわけわかめでしたし。

クリエイター系の人はマックでないとダメ…と10年ぐらい前までは言ってましたけど、今や知り合いの漫画家さんもデザイナーさんも使っているのはWindows XPですからね。表現能力がどう、というのはあまりないんですよ。単に最初のうちグラフィックアプリ(例えばPhotoshop)はMacの方が先行していたのでそこで1ボタンマウス+コマンドキーなどで学習してしまった人が「Windowsの右クリックなんか使えるかー」みたいに反応しただけですから…。

すいません、アドヴァンテージがない話になってしまいました。

一応、システム的なアドヴァンテージがあるとしたら、MacOS XはUNIXの一種である、というところでしょうか。確かにかなり安定度は高いです。とはいえ高負荷時など、落ちるときは落ちますけどね。

また、音楽系の機器でIEEE1394をインターフェイスにしているものがあります(で、そっちのほうが安定度が高い機種があります)。そういうものを接続するときはMacOS Xのほうが優れています。なんせもともとAppleが提唱したような規格なんで>1394(Firewire)、ドライバ類はXPのよりはるかに優れています。

そういうニッチな領域に使われるのであれば確かにアドヴァンテージはあります。

あと、21世紀のWindows Meと称される駄作OS Vistaと比べれば確かに軽快です。なので今後はもう少しシェアを伸ばす可能性はありますね。

id:miharaseihyou

ああ、脳味噌がデフォルトされて再起動できたら良いのに。焼酎が脳味噌を浸していって沈没寸前です。

IMEは最近嫌気してATOK(2007)にしてみたのですが、細かく区切った厳密な入力を求めてくるのに嫌気してIMEに回帰してしまった。実際に変換候補が多すぎて使い難かった。

安定度が高いというのは明確なアドバンテージです。

最近800M4Gのメモリーを追加購入するはめに陥ったのですが、最大の問題が高付加時の暴走・・・・フリーズと再起動時の不安定な作動でした。

まあ、専門知識も無いのに気に入らないソフトを削除(最近での大物はメディアプレイヤー11だった。CDのHDDへの取り込みを拒否されて切れてしまった)する(プログラムの追加と削除から)方が悪いんですけどね。プレイヤーが使えなくなって大変だった。

2008/02/25 02:12:34
id:nanaumi No.3

nanaumi回答回数16ベストアンサー獲得回数32008/02/25 05:11:05

ポイント30pt

MAC OS Xとそれ以前とはほぼ違うシステムですのでOS X について記載させていただきます。

MAC OS X はUNIXベースですのでWindows用のウイルスは動きません。

また普及具合の違いもあり圧倒的にWidnwos用のそれより種類、量が少ないと言われています。

またMAC用のソフトはWindowsでは大抵動きませんのでMAC用の資産があるのであればそれを使用できるようになります。

MACにはWidnwosで必須である拡張子が不要となっています。これはシステムそのものにファイルの中身を識別するシステムがあるからです。

もちろん拡張子が付与されていても問題ありません。

OS Xでは拡張子を使用するようですが誤って削除してしまっても問題ありません。

ですが拡張子がついていないファイルをWindowsを使用されている方に渡しても慣れている方ならともかくそうでない方は使えないといってくるでしょう。

私はWindowsユーザですがMACを使っているかたとファイルのやりとりをしていますが往々にして付与されていないのでこちらで調べて付けるという手間が発生しています。

MACとWindowsで出来ることに現在は大差がありませんが、圧倒的にWindowsの方が対応ソフトウェアが豊富なのは言うまでもありませんが・・・

最近のApple製のハードウェアはCPUで大まかに2種類に分けることが出来ます。

PowerPC(IBM製)とIntelMACと呼ばれるIntelのCPUを使用したタイプです。

前者ではWindowsは動きません。WindowsがこのタイプのCPUに対応していないためです。(Windows2000より前は対応していた)

後者はWindowsと同一であるためにWindsowが動くようです。またApple自身も動くといっているようです。

http://www.apple.com/jp/macosx/features/bootcamp.html

大前提としてMac OSはPowerPCあるいはx86ベースであろうともApple製ハードウェア上でのみ動作するよう設計されているそうです。

またDellで販売しているパソコンはApple製ではありませんのでMAC OSの動作保証は一切受けられませんし

そのままではインストールすることすら出来ないと思われます。

MACOSに手を加えることでApple製ハードウェア以外でも動くように出来るようですが・・・

id:miharaseihyou

ウィルスに対して安全性が高いのがMacで、その分軽く出来そうですね。Windowsの更新の多さと来たら凄いし、その度に重くなる。

リソースフォークによるファイルの識別と拡張子による識別については最近勉強しましたが、Macは両方使えるのにWindowsは拡張子付きのファイルしか使えないという状態が続いているようですね。しかもMacの機体なら二つのOSに対応できるけどWindows機ではMacを使えない。だいたい分かってきました。

理想的にはMacの機体で両方使いたいところですね。重くなりすぎるかな。

ありがとうございました。

2008/02/25 19:25:30
id:ffmpeg No.4

ffmpeg回答回数1202ベストアンサー獲得回数92008/02/25 05:52:16

>もし納得させてもらえたらOSを変更しても構わないとも思っています。

きみがなんのOS使おうがなんのきょうみもないんやけど。

きみがいきていようが、しんでいようがなんのきょうみもないんやけど。

id:miharaseihyou

零点

2008/02/25 19:26:03
id:sapon No.5

sapon回答回数76ベストアンサー獲得回数32008/02/25 10:24:52

ポイント30pt

僕自身はMacからWindowsに移行してしまったので、現在のIntel Macのことはよくわからないですし、それほどMacがいいと思っているわけではないのですが、過去に使っていた経験からすると、一般的にWindowsよりも、選択できる「設定」の範囲が狭いので、あまりコンピュータのを使うことに「気を遣わなくてもいい」というメリットはあるかと感じました。Windowsって、ちゃんと動いている間はいいんですが、いざ、うまく動かなくて設定をいじり始めると、妙にメニューのネストが深くて、ちゃんとした参考書なり、Web上の説明書きを忠実に守っていかないと泥沼にはまってしまうことが時々ありませんか?

あと、ATXなどの規格や、種々の組み合わせが行われるパーツのことを考慮しなくていいので、比較的新しい試みを早く取り入れられる、というメリットはあるかもしれません。これはMacG5が出たときの冷却システムを見たときにも思いましたし、Xeon x 2 + NVIDIA Quadro FX 5600なんていうため息が出るようなスペックが「普通」の仕様として出てきてしまうところを見てもそう思います。もちろん、Windowsでも、これらの冷却やスペックは可能かもしれませんが、少なくともDellの個人向け通販やお店で売っている仕様ではありませんので、ちょっと敷居が高くなりますよね。どっちにしても、お金ないからとても買えませんが・・・

id:miharaseihyou

Windowsだとソフトが色々設定できる分重いし使わない機能まで最初から付いてる事が多いんですよね。そのくせ使おうとするとかなりたくさん勉強しなくちゃあならない。

探すだけで疲れるって経験もありますね。私は基本的に新し物好きですので新機軸の搭載などは歓迎です。ただ、どうしてもその分高価になってしまうのは辛いなあ。

機体から変更しなければ使えないようですし、今後の検討課題が増えてしまった。数年後の機体の更新時点で機種選定には選択肢にMacを入れるべきだと感じました。そのときの状況次第でやっぱりWindowsにするかもしれませんが。ありがとうございました。

2008/02/25 19:36:51
id:pbg4667 No.6

pbg4667回答回数98ベストアンサー獲得回数142008/02/25 12:44:18ここでベストアンサー

ポイント100pt

まず私は両方のOSを使っていますが、PC/AT互換機(いわゆるWindows機)には残念ながらMacOSXをいれることはできません。

(クラックして入れる方法もおあるようですが、ライセンス違反です。)

さて、MacOSXの優位性ですが、個人的にはファイル管理および操作の2点、あとDTPなどのグラフィック分野においての画面描画の正確さにあると思います。

Photoshopは基本ビットマップなのでカラーマッチングにさえ注意すればよいのですが、イラストレーターなどでは線の太さが見た目に反映されていなかったり、フォント管理の面などにおいてWindowsより優れています。

(これについてはディスプレイポストスクリプトのアドバンテージです。印刷分野で使用されているポストスクリプトで画面描画を行うことで再現性が高くなっています。なので、作業効率も含めて印刷業界ではWindousを利用するメリットは価格だけというのが現状です。最終校正段階ではMacは必須だと思います。)

ファイル管理ですが、ラベル機能があるのと無いのとだけで、個人的にはぜんぜん違うと思っているのですが、それ以外の面でも、たとえば共有されたMacに対してファイル共有画面でリモート接続が可能であったり、タイムマシーン(バックアップシステム)など、見た目だけではなく利にかなった操作系の統一感があります。

しかし、一方ではAVIなどの編集や閲覧においては、かなり劣っていたりと、一概にMacOSXがよいとはいえません。

id:miharaseihyou

私はよく社内ポスターをWord(2003)で作るのですが、正確な画像の操作がし難い感じがあります。印刷物が少しだけずれていたり思ったとおりの色が出なかったりといった感じです。プレビュー画面も質が悪い。ファイルの基本構造が関係するようですね。やっぱりプロ用だとMacですか。

まあ、イラストレーターはお値段が凄すぎるという気はしますが、1~2万円で簡易版でも出してくれれば買うのに...。

ただ、Windowsの機体だと正確に作動しないというわけですね。ただし、Windowsの方が基本的に優れている部分もあると。よくわかりました。

ありがとうございました。

2008/02/25 19:51:24
id:ironnori No.7

ironnori回答回数2ベストアンサー獲得回数02008/02/26 17:57:54

ポイント20pt

普通にパソコン(?)として使うだけであれば、MacもWindowsも別に大して変わらないとおもいます。

実際にMacをしばらくつかってみると、特に問題なく使えることに気づくとおもいます。

同じようなソフトは一通り揃ってるし、同じような不便さもあったりします。

別にMacに移行すべき理由はあげられませんが、同様にWindowsだけを選びつづける理由もないような気がします。

(もちろん、触ったことのないものに慣れる「手間」はあります。僕の場合、それはそれで楽しいのですが。)

いつか機会があったときにでも、少し試してみたらどうでしょうか。

ただ、慣れないうちは、仕事用とは分けたほうがいいとおもいます。

案外、デザインとかディスプレイとか、そーゆーしょーもないところが気に入って使いつづけることになるかもしれません。。。

id:miharaseihyou

感じ方の問題かもしれませんね。Windowsだとビジネスユースがメインの造りなので、愛想が無いような感じかな。

アプリのダイアログの設定など何でこんな機能が必要なのかと考えてみたらビジネス向けの機能の場合が多い気がします。

遊びに使うならMacかな。ありがとうございました。

2008/02/26 18:17:01
  • id:Kumappus
    えー、Dellの機体でMacOSXって動くんですか?それは知らなかった。
  • id:miharaseihyou
    kumappusさんへ
    OSのディスクだけ別になってるし、DELLのサイトでもMacの機体は同じ機体のバージョンとして扱ってるようだし、原理としてはBIOSで規制するしかないんだけど、それやったらいくらなんでも独禁法に引っ掛かるでしょう。何か長所が納得できるなら本当に数万円出して自腹を切ってMacOSXを買う心算です。
  • id:jigaku
    猫が好きか犬が好きかみたいなもんですかねえ。
    私個人は、猫好き・Mac派です。(関係ないか……)
  • id:miharaseihyou
    念のために確認したらDELLの機体にはMacの選択肢が無かった。こりゃあ、もしかしますかねえ。やったこと(DELLにMacをインストールした経験)のある人。特にインストールに成功した人に回答をお願いします。原理としてはできるはずなんですけどね。
  • id:Kumappus
    AppleはMacOSXを他社の機体で走らせることを認めていないような気がします。
    僕も仕事でMacOSXを使う機会があり、面白そうだなとは思ってるんですが、なかなか使い道を見出せないでいます。
  • id:miharaseihyou
    となると、もしかしてですが、MacとWindowsの機体にはOSの互換性が無いのかな?唯野さんの4年前の参考書には「OSはCPUの種類で決まる」と書いてあるけど、今でもそうなのかな?
  • id:Kumappus
    ハードやBIOSが違うとそのままではダメですね。Windowsが想定しているBIOSの機能やハード仕様がないと動きません。
    Macのbootcamp(MacでWindowsとMacOSXをDual bootする仕掛け)はBIOSの足りないところ合わないところをエミュレーションしてると思いました。
    そんなこと言ったら、そこら辺のスーパーで使ってるレジだって結構x86系CPUが使われてますけど、そこでWindowsが走るとは限りませんよね。

    それとOSはCPUの種類で決まるなんて大ウソ書いてる本を信じちゃいけません。それをもう一般の人がWindowsとか使いこなしている4年前に出すとはへそが茶わかします。きっと他にも大ウソが知らん顔して書いてあるに決まっています。とっとと捨てたほうがよろしい(僕も今グラッパが回っています)。

    例えばLinuxなんかx86,68k,MIPS,ARM,SH4,えーと…ありとあらゆるCPUに乗ってますよ。基本的には同じOSです。それを各CPU用に移植したんです。
    Windowsだって昔は(Windows NT)正式にDECのAlpha用のものがありました。
    MacOSも本体ハードが68kからPowerPCに乗り換えたときに両方のCPUで動く状態の時期がありましたよ。
  • id:Kumappus
    Media PlayerやIntenet Explorerの類は本体以外にいろんなライブラリを引き連れてくるので、うかつに外すとシステム全体に影響が出ます。
    最悪、Windowsの再インストールしたほうがよかったりします。
  • id:miharaseihyou
    kumappusさんへ
    そこらあたりのWindowsの融通の利かない部分も私にとっては今回の質問の大きな動機付けです。
    ただし、動くのと最適化されているのとでは大きな違いが有ります。再インストールはできるだけ少なくしたい。
    Windowsの機体からMacへの乗り換えはスムーズに行くけど、Macの機体からWindowsへは難しいといったところでしょうかね?
  • id:a2gi
    Mac機でWindowsは動くんじゃない?シェアを増やせるだろうしね。
    OSなんてインターネットとか文書作成に使うぐらいならWin,Mac,Linuxなんでも一緒じゃない?
    私の勝手なイメージだと
    Win=大衆
    Mac=貴族
    Linux=土方、職人

    大衆は群れるのが好き。いろんな人がいる。
    貴族は貴族しか認めない。エレガントに
    職人はたたかれて育てる。自分で苦労して技術を身につける。

    私はみんなで渡れば怖くないWindows。
    どれが優れているというよりMacとLinuxは特定の目的のある人が使うOSだと思う。
    (Winでもやろうと思えばできないことはないかな?)
  • id:koujirou6218
    関係ないですが。
    ffmpegの回答はオープンしないほうがいいですよ。
  • id:ikjun
    おーい、この質問無意味だよ。
    なぜならApple以外のハードではOSXは動かない。当然DELLでも動かない。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/Macintosh
    このページの「IntelMac時代」に書いてあります。
  • id:miharaseihyou
    koujirou6218さんへ
    彼の回答については今後の参考の為に読んでみたいと思ったのですが、やっぱり読まなければ良かった。彼は少し前の”Hamster○○”に似てるかな。彼ほど手抜きじゃあなかったのでそれなりに面白かったけど。
    ikjunさんへ
    おかげさまで、少し勉強してそおいうことに気付いたところです。気付く事ができただけでも価値がありました。
    また、今後の機体の選択についても参考になる情報が多かった。次回の機体はお金に余裕があればMacかな...といったところです。
  • id:miharaseihyou
    今日中には閉めようと思います。何かお気づきの点があれば遠慮なく何度でも回答してください。まあ、ffmpegさんのような回答は、できればご遠慮ください。
  • id:pbg4667
    昼間は携帯端末からの書き込みだったため、何が言いたいか解らない文章になってしまい申し訳ありません。
    今読み直しましたが…(汗)
    なので、補足をかねてコメントで。
    ・グラフィックについて
    MSの方針なのか、Mac版Officeの描画もいい加減です。
    なので、すべてのアプリケーションが正確な描画になるかといえばNOになります。
    ただし、Adobeなどのプロユースの製品では、Windowsよりはるかに正確です。
    3Dグラフィックに関しては、最近Mayaも使えるようになってきてはいますが、Windowsのほうがアプリケーションの豊富さにおいて有利です。
    (ただし、OpenGL使用時のみ。)
    ・PC/AT互換機で動かない件
    IntelMacでは従来のBIOSを使用せず、EFI(Extensible Firmware Interface)というものを使用し起動しています。
    別段Mac専用に開発されたわけではなく、Intel社が提唱しているのですがレガシーなものを引きずってしまう互換機では採用されず、事実上Macのみになっています。
    その為、InstallDVDからの起動自体できません。
    ただ、それ以外にもMac本体の形式を判断しているので、それらの条件をクリアしなければインストールできません。
    ジョブスのもともとの考え方として、ユーザーはコンピュータをあくまでも道具として利用するのであって、さまざまなトラブルや設定などはできる限り排除するというものがあります。
    メモリの増設なども、昔のMacでは専門のショップ以外では行う事ができませんでした。(ネジも特殊、保障も効かなくなる。)
    その為、ハードウェアとOSをセットにして、無用なトラブルを避ける方向で現在まで来ています。
    ただし、今後どうなっていくのかは不明です。
    ・OSの機能について
    WindowsはOS本来の機能のみをメインに提供されています。
    Vistaなどを見てると、見掛けの美しさ+OSの基本機能という構成になっていると思います。
    検索機能やバックアップ、ファイルのプレビューやファイル操作などはあまり使い勝手がよくなく、明らかに“とってつけた”感がぬぐえません。
    MacOSX10.5では、クイックルックを使用しアプリケーションを使わずさまざまなファイル形式のプレビューを行えたり(拡張可能)、スペーシーズで画面を切り替えたり(Linuxでは当たり前なのでいまさらですが。)、タイムマシーンによる差分バックアップ(好きな時代?のファイルまで巻き戻せる)、スポットライトによる強力な検索機能や、検索結果を仮想フォルダとして扱えるなど、Windowsならユーティリティーに頼っている機能がほとんど最初から用意されています。
    当然、後付で入れるよりは安定性の面で有利です。
    ・ファイルシステムについて
    現在、個人的には弱点と思っているものがファイルシステムです。
    ジャーナリングが採用されたとはいえ、Macのファイルフォーマットは昔からHFSおよびそれを拡張したHFS+です。
    これに関しては、WindowsのNTFSに軍配が上がると思います。
    が、今回見送られたようですが、ZFS(Sunが開発したファイルシステム)を採用するとのアナウンスがあったので、いずれ克服されると思います。
    ・システム管理いついて
    Windowsでも最近ユーティリティーが出てきており、USBからの起動もできるようにはなってきたようですが、Macは昔からFireWire(IEEE1394)やUSB、果てはPCカードからの起動ができました。
    PowerBookユーザー(現在はMacBook)などは外付けHDDに非常用OSを入れて、何かあったときはそちらから起動できるように備える事ができました。
    最近はiPodも容量が増えたので、中には非常用OSを入れている方もいると思います。
    また、ファイヤワイヤモード(FireWire搭載機種のみ)ではMac本体をHDDとして起動し、別のホストマシンから外付けHDDとして使用できるなど、あまり知られてはいませんが緊急時には非常に役立つ機能が備わってます。
    これらは、ハードウェアとOS両方をセットで開発している強みだと思います。
    ・AVIについて
    回答時に書いたAVIとは、一般に出回っているAVIファイルの事を指します。
    メジャーなコーデックはMacにも存在するのですが、Windowsでしか再生できないものが存在するのも事実です。
    また、AVIファイルを作るのも、どちらかといえば苦手でしょう。
    ただし、プロユースレベルの動画編集は、強力なツールがそろっており、Windowsとは比べ物にならないと個人的には思っています。
    (一時期、Apple製FinalCutProが出た所為でAdobeがMac版Primera開発をやめたとか言われた事もあります。)
    ・IntelMacについて
    BootCampを使用しWindows機として利用できる事はすでに知っておられると思いますが、VMwareなどの仮想化アプリを使用してMacOSX上でWindowsを動かす事も可能です。
    ・ファッショナブルな件
    確かにデザイン重視に見えるのですが、細かいところで実用性重視でもあります。
    PCカードスロットに蓋がついていたり、一体型Macでは背面がすっきりしていたり(ケーブルのとりまとめで有利)、キーボードが光ったり(意見は分かれるかもしれませんが、枕元で使用するには便利)、パネルオープンが一発でドライバ不要だったりと、デザインというより機能美かと思ってます。
    かなり長文で、Mac贔屓な書き込みになってしまいましたが、Mac贔屓な方があまりおられないようだったので、かなり偏った書き方をしました。
  • id:notapachi
    ●過去の類似質問です。
    「僕に対して、Macを買うように説得してください。」
    http://q.hatena.ne.jp/1161687099
     
    ●「絶対的なアドバンテージ」という言葉はともかくとして。
    現在のOSXになる前のMacintoshには、「システムがファイル単位で管理されて
    いる」という特徴がありました。
     
    システムの機能を拡張する何らかのソフトウエアをインストールしたとします。
    調子が悪くなったり不要になったときには、システムフォルダから取り出すと
    元通りになりました。
    また、HDの換装も、システムフォルダをコピーするだけで環境を移行することが
    できました。
    よくできたものだ、と当時は感心していました。
     
    ●現在の対Windowsとしての優位点は、
    ・画面描画の仕組みが優れている
    ・ファイル管理が容易(多分に好みの問題でもありますが)
    ・ウイルス感染などの心配が少ない
     といったところでしょうか。
     
    >イラストレーターはお値段が凄すぎるという気はしますが、1~2万円で
    >簡易版でも出してくれれば買うのに...。(miharaseihyou さん)
    ●仕事で使っている立場からすると、現在の価格はものすごく安く感じます。
  • id:miharaseihyou
    id:pbg4667さんへ
    確かにファイルシステムはMacの弱点ですね。去年ですか、発表されたNTFSの次のWinFS(longhornですか?開発当時の名前しか資料が手元の無いもので)はファイルシステムの基本機能は優れているとは思います。ただ、Windowsの基本的な問題点として何でも欲張りすぎるということがあります。
    その分の多機能化された事とセットでシステムリソースの消費が激しい。ついでに電力の消費も激しくて、いくら省エネのCPUだとしても基本的に大喰らいです。夏場は暑いんですよね。DELLのサイトをその気になって見れば分かりますが、電力がどれぐらい消費されるのか、最近は定格では書いてないし電源の具体的な数値も実質書かれていません。CPUの性能競争も本質的にはありあまる機能を実現するための物ですし、基本性能の部分はそれほど進歩していない。確かにクラスタサイズの最小単位が小さい(NTFSで4KBですか)というのは利点です。しかし、いくら小口で節約しても基本的には大喰らいなのです。ちょっと前のショップブランドのPEN4で500wぐらいだったから、省エネした分を相殺してそれぐらいかな?もちろんリソースの消費は不必要な部分で桁違いに大きくなりやすい。安定性も悪くなるわな。Macがどの程度かは資料が無いのですが。ちなみに一般的な電気ストーブが800wです。ほぼ同じ発熱がある。夏場はクーラーの分も併せて三倍掛け四倍掛けの消費電力を約束するシステムです。
     
    最近マイクロソフトは基本情報の公開に踏み切ったので(時間の問題とは言われていましたが)ファイルシステムはMacでも早晩改良されると思います。
     
    ファッショナブルな件は見た目が良ければ良いほど良い事じゃあないでしょうか。質実剛健もケースバイケースですし、基本性能に関しては多機能よりも安定性を選択したい。
    あれこれファイルをコレクションする趣味も時間も無いし、一般的な用途限定なので問題なしですよ。
    それよりもUSBでのブートに注目したい。
    クラッシュ時点でのフェイルセイフとしては現時点では最強でしょう。何度再インストールで泣かされた事か...。せめてマイドキュメントの救出だけでもと、涙雨ですね。実質的にバックアップは最小で済むということでしょう。クラッシュしても救えるデータが多い。
    救出できるだけ救出した後でパソコンショップに持ち込んで「HDD変えてくれ」「はい。○○万円いただきます。」で済むんだから。企業向けのガチンコならRAIDですが、あれってすごく重くなるし省エネではありえない。
     
    id:notapachiさんへ
    少し前までイラストレーターと言えば数十万円の世界。
    最近は安くなってるみたいですね。
    http://kakaku.com/itemlist/S0330000202N101/
    ところで、3Dは無しで、A4までのポスターと精々が年賀状ぐらいしか用が無いんですが、Windowsで使うなら8つある内のどれを買えば良いんでしょうか?
    安い方のソフトなら予算内ギリギリなんです。


  • id:pbg4667
    CPUに関しては、いまやMacもIntelなので消費電力はWindows機と変わらないです。
    Core2Quad×2とかになるとグラフィックカードやHDD搭載数にもよりますが1200Wぐらいのの電源になると思います。
    (MacProの仕様でも“最大電流:12A(低電圧レンジ)”と書かれていますので1200wですね。)
    あと、書き忘れですがMacのハード的弱点。
    ・USBの供給電力がUSBの規格とまったく同じになっているため、2.5インチ外付けHDDをバスパワーで動かす事はできません。
    (一応ケーブルの工夫で動かす事は可能ですが…)
    ・マイク端子は電源を共有しないので、一般的に売られているPC用マイクは使えません。
    >それよりもUSBでのブートに注目したい。
    やはりやっている人は今でもいるみたいですね。
    ◆TKYSSTD: intel Mac(MacBookPro) ゼロスピンドル・ブート
    http://muujp.cocolog-nifty.com/tokyoshashi/2006/04/intel_macmacboo_ac9d.html
    また、ファイヤワイヤモード(正式にはターゲットモード)はSCSIの時代からありました。
    (もちろん、Macが外付けのSCSI HDDとして認識されます。)
    あと、MacBookAirではFireWireがなくなったので使えませんが…その代わり、トラックパットがマルチタッチになったため、今後のMacBookでは3フィンガー操作ができるようになると思います。
    (現在CoreDuoのMacBookProを使用していますが、2フィンガー操作に慣れるとWindousの2ボタンのトラックパッドは使えません。)

    >ところで、3Dは無しで、A4までのポスターと精々が年賀状ぐらいしか用が無いんですが、Windowsで使うなら8つある内のどれを買えば良いんでしょうか?
    ACはアカデミック版、UPGはアップグレード版、FREEHANDは多分ですが乗り換え版ですので、アプリとしての機能はすべて同じです。
    なので、買われるのなら通常のWin版(多分一番上?)という事になると思います。
    ただしWin版のイラストレーターは…
    きっと注意点をnotapachiさんが書かれると思うのでやめておきます。
  • id:miharaseihyou
    id:pbg4667さんへ
    Macも一般化路線ですか。省エネに逆行している業界としてそのうち吊るし上げ喰らうんじゃあないかな。
    私の今の機体がAMD64で250wなので更新時には水冷式にしたくなりますね。5年ぐらいでクーラーの電気代の節約分(我慢できるならクーラーをつけない)で元を取れそうです。
    それ以前に専用電源の電源増設の工事で数万円は持っていかれるでしょう。何で機能限定で一般向けと企業向けに特化できないのか。
    何でも行けるというのは全てを不必要な部分まで背負って生きるということだと理解するべきなのに。巨大企業の小回りが利かない部分ですね。
     
    イラストレーターがWindowsでは完全な作動が望めないということは理解しています。実際にはどの程度の「ズレ」が出るのか。
    「ワードと変わらないじゃあないか」ということになる心配があります。
    エプソンの4色から最近ようやく6色を買ったんですけどね。ホームページ作る暇も無いし、そっち方面は関係ありません。
    本当はA3ノビぐらい買いたかったのですが、インクジェットの製品は平台のスキャナー付きでは無かったし、A3のスキャナーは予算の桁が違っていた。
    そぉ~の内、何とか、なぁるだぁ~ろぉおお~~!!カッコ閉じ。
  • id:pbg4667
    消費電力に関しては、特に大きくなっているようには思っていません。
    どちらかといえば落ちているのではないでしょうか?
    MacProはジャンル的にはワークステーションに属しますし、一般的なPCと呼ぶにはオーバースペックかもしれません。
    現在一般的な使い方でインターネット&メール、多少動画などを見てOfficeスイートで仕事をする。といった用途ではすでにエントリーモデルでも十分にこなせるぐらいパワフルになっています。
    たとえば20インチのiMacは最大消費電力が200Wしかありません。
    ワークステーションクラスの価格が安くなり、技術的な部分で共通のパーツが増えたことによりハイエンドな物を一般人が購入しやすくなっただけともいえます。
    逆に消費者側としては選択肢が増えたという面でメリットがあるのではないでしょうか?
    さて、イラストレーターですが、MS社製品のようなことはありません。
    インクジェットプリンタのレベルではほとんどわからない精度だと思います。
    多少線の太さが印刷した物より太く見えたりする程度です。
    ただ、ひょっとしたらCS3ではよくなってるかもしれません。
  • id:notapachi
    >ただしWin版のイラストレーターは…
    >きっと注意点をnotapachiさんが書かれると思うのでやめておきます。(pbg4667 さん)
    ●別に、当方はWindows版Illustratorに悪意を持っているわけではありませんし、IllustratorをWindowsで使用するメリットもあります。
     「これからIllustratorを買おうと思うが、Macintosh版とWindows版、どちらを買えばいいのか」という質問ではないのだし、
     あまり質問者さんを惑わさないで下さい(笑)。
     
    【WindowsでIllustratorを使うと】
    ・処理が高速(メリット)
    ・社外で出力するときのカラーマッチングが難しい
    ・画面がきたない
    ・ハンドルがつかみづらい
     
    ・処理が高速
     もう、何をするのにも処理が早いです。
     
    ・社外で出力するときのカラーマッチングが難しい(注1)
     出力屋さんや印刷屋さんのカラーマッチングはMacintoshに合わせていることが多いと思います。
     Windowsで作ったデータを外部で出力するときには注意が必要です。
     
    ・画面がきたない(注2)
     好みの問題ではありますが、画面がきたなくて嫌になります。
     
    ・ハンドルがつかみづらい(注3)
     慣れの問題でもあるでしょうが、マウスポインタが思ったところに移動しません。
     (同じマウスでの比較)
     
     
     いずれにしても、多分に「慣れ」の要素が強いです。
     おそらく、Windows版Illustratorを使い慣れた人がMacintosh版Illustratorを使うと、「画面が見づらくて
     ハンドルがつかみにくい」と感じるのではないでしょうか。
     
     
    (注1)〜(注3)はIllustratorの問題というよりもWindowsの問題であるといえます。
     Illustratorを使うとき「だけ」画面のガンマ値が変わったり画面のデザインが変わったり、マウスポインタの
     動きが変わったりしたら逆に嫌ですよね。
     
    【蛇足】
     PDFの表示品質の違い(http://www.info-japan.net/samp/displaypostscript2.gif)
     ブラウザの表示品質の違い(http://www.info-japan.net/samp/displaypostscript1.gif)
  • id:miharaseihyou
    pbg4667さんへ
    やっぱり1kw以上となるとワークステーションになっちゃうんでしょうね。
    少し前にジョブスが大量のメモリーをオーダーして今後はメモリーの消費が増えるようなことを言ってたのですが、最近出たゼロスピンドルのノートがその回答だと感じました。つまりメモリーブートですね。インターフェイスの自由度が大きい分メモリーブートへの移行はMacの方が簡単な気がします。デスクトップでも実現してくれたら高速で省エネの機体になるので期待してるんですが、もう少し時間が掛かりそうですね。1TBのメモリーでブート兼記録とかね。
     
    notapachiさんへ
    ヒューマンインターフェイスはMacに軍配が上がりそうですね。画面の美しさもMacを推す人が多い気がします。価格はWindowsかな。
    Illustratorは安くなったとは言っても最安値で7万円ちょっと。欲しいけど半分趣味で買える金額じゃあない。とは言えMacを買うなら絶対入れたいソフトです。
    中古でも安くないだろうな。作ってきたファイルもdocが多いし、当分ワードで我慢します。
    いつかはMacでIllustratorですね。いつかはクラウンとか似たようなものかも。
    色々とありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません