人が空気をよんでうごくという行為は、魚や鳥が自在に群れる際の何かと似ているとおもうのでしょうがどうでしょうか

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2008/02/28 19:09:09
  • 終了:2008/03/06 19:10:02

回答(7件)

ただいまのポイント : ポイント10 pt / 200 pt ツリー表示 | 新着順
空気を読んで生きる必要性はない peach-i2008/03/03 17:24:33ポイント1pt
と思う
そもそも空気などない kanopi2008/03/01 22:12:01ポイント3pt
そもそも「空気」などないと思う。 「空気読め」というのは、「空気読め」という人間の意向に従わせたいが、「自分の言うことを聞け」というのではまるで自分がエラぶっているように聞こえるので編み出された言葉だ ...
場の空気は<きっと>存在する paihu2008/03/01 23:17:31ポイント2pt
>「空気読め」というのは、「空気読め」という人間の意向に従わせたいが、「自分の言うことを聞け」というのではまるで自分がエラぶっているように聞こえるので編み出された言葉だと思う。 一理あると思う。けれど ...
だいたい同意 mand2008/03/02 04:45:42ポイント1pt
実際、空気読めって言い出す奴は仕切りたがりが多いのは事実だと思う ただ みんながみんなそうじゃないよな ってか 本当に場の雰囲気ぶち壊す奴を指摘するのには便利なことばだよな
空気をよんで動くという意味には本来二つのいみがあるはず w832008/02/29 11:04:45ポイント1pt
 一つはその場の風の向きに従うこと。もう一つは、あえて風に逆らうことも空気を読んで行動することです。魚や鳥の本能とは、全然違います。
KYの逆…でしょうか? Im_Me2008/02/28 23:23:33ポイント1pt
物理的な意味であったら申し訳ないです。 所謂、「空気を読む」という意味であるなら、逆に思えます。 自分自身が無く、目的があったとしても、「群れ」がそれにそって動いているからそうせざるを得ない、 あるい ...
うーん honzuki2008/02/28 23:16:57ポイント1pt
どちらかといえば、鳥や魚が自在に群れるのは本能的なもので、人が空気を読んで行動するのは後天的な経験によるものだとおもうのですが。 確かに鳥なんかが一糸乱れずきれいに並んで空を飛んでいたりするとそういう ...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 曖昧Meの七転八倒日記 2008-03-02 13:13:21
    question:1204193346 質問文を読む限り、「(自分が)空気を読んで動いている」のであって、「他者を空気に沿って動かす」とは思えなかったのだけれども… なんだか、「空気読め」!的な人
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません