コンセプトマップとマインドマップは何が異なるのでしょうか?

また、それぞれの長所と短所を教えてください。

あと、回答の方の意見でけっこうですので、こういうときに使い分けると便利という例を挙げてもらえると幸いです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/03/04 00:46:36
  • 終了:2008/03/10 20:38:46

ベストアンサー

id:yo-net No.2

yo-net回答回数265ベストアンサー獲得回数212008/03/04 14:52:12

ポイント27pt

コンセプトマップはある事柄、または問題点に対して、問題解決の道筋を書くこと、つまり外的な事柄に対する問題解決方式。

マインドマップはある事柄、または問題点に対して、自分自身はどうあるべきか、今の自分と理想自分にとのギャップをどう埋めるかを書く事で、内向きな問題解決方法。

使い方はコンセプトマップは顧客へのプレゼンなどに使う。

マインドマップは顧客から受注したら自分がなすべき事を計画する。

ちがったらごめんなさい。

http://mindmap.jp/000093.html

id:littlebangkok

自分にとって内的か外的かという考え方は面白いですね。

ただ、これらの手法の「コンセプト」と「マップ」という意味から考えると、思考の対象を指しているように思えてなりません。

2008/03/04 20:19:50

その他の回答(2件)

id:Doscoi No.1

Doscoi回答回数3ベストアンサー獲得回数02008/03/04 09:43:23

ポイント27pt

コンセプトマップとマインドマップとの違いは、リンクにラベルがあるかどうかということです。コンセプトマップでは「果物---(例)---リンゴ」のようにリンクにラベルがつきますが、マインドマップでは「果物---例---リンゴ」と階層化されます。

マインドマップは、単独の図で他人に示してもわかりにくく、説明が必要となります。そのため、どちらかというと個人的に使うのに向いているのではないかと思います。

反対に、コンセプトマップはリンクの関係性がわかりやすく、グループで使うのに適しているのではないでしょうか。

http://d.hatena.ne.jp/kogo/searchdiary?word=*%5B%A5%DE%A5%A4%A5%F3%A5%C9%A5%DE%A5%C3%A5%D7%5D

id:littlebangkok

回答ありがとうございます。

利用者の人数によって使い分けるという考え方もあるんですね。

2008/03/05 12:07:52
id:yo-net No.2

yo-net回答回数265ベストアンサー獲得回数212008/03/04 14:52:12ここでベストアンサー

ポイント27pt

コンセプトマップはある事柄、または問題点に対して、問題解決の道筋を書くこと、つまり外的な事柄に対する問題解決方式。

マインドマップはある事柄、または問題点に対して、自分自身はどうあるべきか、今の自分と理想自分にとのギャップをどう埋めるかを書く事で、内向きな問題解決方法。

使い方はコンセプトマップは顧客へのプレゼンなどに使う。

マインドマップは顧客から受注したら自分がなすべき事を計画する。

ちがったらごめんなさい。

http://mindmap.jp/000093.html

id:littlebangkok

自分にとって内的か外的かという考え方は面白いですね。

ただ、これらの手法の「コンセプト」と「マップ」という意味から考えると、思考の対象を指しているように思えてなりません。

2008/03/04 20:19:50
id:KUROX No.3

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402008/03/04 15:11:29

ポイント26pt
マインドマップというのは、アイデアを木の枝のようにして広げて行く方法です。
コンセプトマップは項目の関係をもう少しきちんとしてく感じ?よくわかってません。

http://soin.jp/mt/archives/2005/07/26/154255.html

-------------

マインドマップは木構造で何かを分類するには向いているけれど、
単純に分類できないアイディアノート的な使い方がしにくい。

一方、コンセプトマップは
「B’はBから派生したものだけどAから派生したA'と合わせるとCになるな」
みたいな発想を自由に書いていける。
今取り組んでいる英語でのディベートの議論作りにも生かせそう。

http://server.typepad.jp/dragonfly/2007/11/cmap_tools_0d44.html

id:littlebangkok

回答ありがとうございます。

私も挙げていただいた URL を検索して見つけましたが、KUROXさんが引用している

文章と同様に私もよく理解できませんでした。

もし、KUROXさんがこれらの手法を使われていましたら、その用例を挙げていただけると

大変参考になったと思います。

2008/03/04 20:21:10
  • id:KUROX
    http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0609/12/news092.html
    私の中では、マインドマップは、思いついたまま書いていくというイメージです。
    ツリー形式で思考を進めていくという感じです。
    -----------
    http://d.hatena.ne.jp/kotorikotoriko/20071118/1195358699
    私の中では、コンセプトマップは、相互関係を書きつつけながら
    思考を進めていくという感覚です。コンセプトマップは数回しか使った
    ことがないので、主観です。
  • id:littlebangkok
    昨日、ハッと思いました。

    ●マインドマップ
    マインドマップの目的は「ひとつの対象からどれだけ発想を広げられるか」や「対象に関連する情報を思いつくまま書き出す」のに適している。

    ●コンセプトマップ
    コンセプトマップの目的は「ひとつの対象がもつ属性を書き出して階層化」したり、「対象の属性を階層化して、冗長的・非本質的・優先度が低い属性を除く」のに適している。

    という違いがあるように思いました。

    だから、マインドマップでどんどん発想を広げる。そして、発想をグルーピングする。最後にコンセプトマップでグルーピングした属性を階層化し、不必要と思われる属性を切り落としていく…という手法なのかなと。

    本当は、コンセプトマップの書籍を探せば、正解があるのかもしれませんね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません