【悪法ってどんなの?】

日本で今も機能している「悪法」って、どんなものでしょうか?
私がぱっと思いつくのは「らい予防法」なんですが、あれはもう廃止されています。
しかし私は、廃止の話がもち上がるまで、そんな法律が現代日本に残っていた、ということを知りませんでした。
(あれも、成立当時は、必要な法律だと考えられていたのかも知れませんが……)
 
してみると、今の日本にも、私が知らないだけで、国民生活にほとんど悪影響しかおよぼさない法律がまだまだあるんじゃないでしょうか。
「これが悪法!」という法律についてご意見ください。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2008/03/06 20:49:14
  • 終了:2008/03/13 20:50:03

回答(29件)

ただいまのポイント : ポイント45 pt / 200 pt ツリー表示 | 新着順
民法とか刑法とか税法とか全部 なぽりん2008/03/07 10:23:35ポイント3pt
背番号制とか全部最初から民法にいれとけばいいじゃんと思う。 背番号がないから年金が躓いたこともある。 人間は絶対に、絶対に失敗を犯すのだから、 失敗を犯させない電子政府システムをつくりましょうよ、と や ...
科学発展を織り込めてない古い法律は全部ダメ なぽりん2008/03/07 10:30:10ポイント3pt
*民法で嫡出子認定が遺伝子識別じゃなくて婚姻関係で決めてるとか *安く遺伝子識別ができるのに、刑法ではあまり証拠として採用されないとか(写真や録音なんかの電子データによる証拠も個人がつくったものはほと ...
技術に追いつく立法なし。 filinion2008/03/07 19:36:17
全部、とは手厳しい。   もともと、政府の仕組みそのものが、現在のように科学技術の進歩が激しい時代を想定していない制度なわけですから、立法論議をしているうちに現実がその先を行ってしまう、なんて事が起こ ...
求ムSE経験アリ議員。 なぽりん2008/03/11 10:35:33ポイント2pt
本人も秘書も全員すごい論理的な考えができる人材をあつめてハッカー族とかハッカー派閥とかいわれる。 そしたら年金監督庁etcのシステム構築予算の見積もりの甘さとかゆがみっぷりだって初手から明確にわかったのに ...
ええっと。 filinion2008/03/11 22:53:20
おっしゃることに全面的に賛同します。原則的には。   ただ、(ROMの方のことも考えて)一つだけ補足しておくと、らい予防法が「悪法」であった期間は非常に長いものでした。 (治療法が発見されたのが1943年ですか ...
時効ですね。 hijirinotsuki2008/03/06 23:21:39ポイント6pt
三浦氏逮捕の逮捕報道を見て米国では時効がないと知りました。 全ての犯罪とまでは言いませんが、凶悪犯罪には時効はいらないと思います。
同感 peach-i2008/03/07 17:32:22ポイント1pt
時効は怖い
同意します! jane2008/03/07 00:04:27ポイント4pt
「殺人」に時効があるのは、どうも納得がいきません。
アメリカはすごいですね。 filinion2008/03/07 19:04:13
時効がないと、未解決事件が果てしなく増えてしまうから「もうやーめた」って期限を切るんだろう、とか、勝手に思ってたんですが。   あれだけ昔の事件を抱えてて、しかもちゃんと捜査を続けてたアメリカの警察は ...
おどろき peach-i2008/03/11 17:39:41ポイント1pt
すごすぎました
戦争犯罪の時効廃止に限っては賛成 ラージアイ・イレブン2008/03/08 18:56:57ポイント1pt
戦争犯罪や大量殺人などの国家規模の犯罪に時効を認めないという点に関しては世界的な潮流となっており、国家の存立を守るため、特別国会犯罪については時効は無い方が良いです。 特に旧日本軍の戦争犯罪については ...
「昭和二十三年七月二十二日附内閣総理大臣宛連合國最高司令官書簡に基く臨時措置に関する政令」 miharaseihyou2008/03/06 22:13:15ポイント3pt
所謂「人事院勧告」による公務員の給与の決定の根拠となる法律(まあ、厳密には法律じゃあないんですけどね)です。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E9%99%A2%E5%8B%A7%E5%91%8A スト権が無くなったと言ってもスト権アリみ ...
でもこれは「お手盛り」にならないよう考えた結果の事態では? なぽりん2008/03/07 10:20:45ポイント3pt
普通の企業で外部シンクタンクに給料を決めさせるところがどこにありましょうか? 経営事項を国民(選良)にきめさせたら普通ならあっという間につぶれますし、実際そうなりかけていますね。 お手盛りお手盛りとみ ...
対案があれば良いわけですが。 filinion2008/03/07 19:23:37
欧米のように公務員にスト権を認めて、人事院を廃止するのが一番良いですかね。 人事院勧告には強制権がないし……。 (上げる勧告は実施されないことも多いが、下げる勧告は100%実施される)   とはいえ、議員給 ...
解決策としては各省庁別の総額規制かな。 miharaseihyou2008/03/07 23:23:52ポイント1pt
国会の専決事項として各省庁別に人件費を割り振る。人件費の総額と各省庁別の予算は内閣が原案を提示する。 割り振られた省庁では給与、保険年金、退職金や退職金共済も含めて予算内でやりくりする。自腹で基金を作 ...
PSE法 helltaxi2008/03/07 19:12:50ポイント3pt
結局、何のために作ったのか? よくわからない法律です。 リサイクルショップやアンティークの 楽器や機械類の店を一時期大混乱と 閉店へ追い込んだ近年最大の悪法だと 思います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/電気用品 ...
今からでも廃止して欲しい法律ナンバーワンかな。 miharaseihyou2008/03/07 21:46:55ポイント1pt
中古品は自己責任で買うのが常識だったのに、事故の言い訳するようなものかな。廃止してその代わり「保障は付きませんよ」とハッキリ割り切れば問題解決でしょう。 経年劣化はどんな物でもあるんだし、何でも「完全 ...
確かに! filinion2008/03/07 19:41:22
いや全く。 あれは伝説に残るほどダメダメでしたね。
軽犯罪法 AZUY2008/03/07 16:48:03ポイント2pt
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%BD%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E6%B3%95 刃渡り1cmのペンナイフをかばんに入れてただけで、取り締まれます。
ああ……。 filinion2008/03/07 19:33:30
確かに。   本来は、迷惑行為全般を取り締まるのが目的だったんでしょうけど……。   オタク狩りとか別件逮捕とかに便利に使われるようになったのはいただけないですね……。
危険運転致死傷罪(刑法208の2) ihsuzak2008/03/07 07:54:21ポイント2pt
理由は、文言があいまいでどのような行為に適用されるのかがわかりにくいこと、刑の上限が高くひき逃げを誘発し、かえって国民の生命・身体の安全を害するおそれがあることです。
同意。 filinion2008/03/07 19:32:16
たしかにあれはダメですな。 安全運転は大切だけど、規定の在り方がだめなんでしょうね。
少年法 secretsan2008/03/07 12:38:18ポイント2pt
今時、戦災孤児の救済ってのはないでしょう。 これを抹消しない限り犯罪は減ることがない。
むむむ。 filinion2008/03/07 19:16:00
少年法の意義は、「人格の可塑性」にあると思うのですが如何でしょう。   まあ、少年犯罪の件数は減少傾向だとのことですし……。
決闘罪 toukadatteba2008/03/07 00:26:03ポイント3pt
ではないでしょうか?刑法には「決闘罪ニ関スル件」というものがあって今も適用できます。実際にあるかは別ですが…。 明治22年に制定されたというから、もうある意味がないと思うんですが。
タイマン禁止って seble2008/03/07 10:22:45ポイント2pt
事ですね。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%BA%E9%97%98%E7%BD%AA%E3%83%8B%E9%96%A2%E3%82%B9%E3%83%AB%E4%BB%B6 刑法じゃないんだけど、、
悪法……かな? filinion2008/03/07 19:14:03
今は機能していない変な法律、というのはわりとたくさんあるわけですが。   「陪審法ノ停止ニ関スル法律」とか。   ていうか、それに関しては過去に質問が。 http://q.hatena.ne.jp/1189779508   しかし、決闘罪が最近見 ...
著作権法 jute2008/03/07 05:27:23ポイント2pt
もうつぎはぎだらけで全面改正するしかないでしょ
確かに。 filinion2008/03/07 19:06:17
デジタル時代に即した著作権の在り方を考えることが必要ですね。   ……って、どこかで聞いたような台詞ですが。   なにをもって 「デジタル時代に即した」と考えるべきかが問題なんでしょうが……。
  • id:miharaseihyou
    世界の変化と言うよりも世界の変化によって人間の意識が変化してきた分に対応できている法律が少ないんじゃあないかな。
    基本的に変化を容認し織り込める性質でないとその時代の人々の意識とずれた法律となる。
    ずれた分は変化を抑制する要素にもなるので一概に悪いとまでは断言できないけれど、常に修正が後手に回るので見ていてイライラする。
    しかし、有るもので凌ぐ、対応するのが正しい判断だと思います。常に修正は行われているのだから。
    もっとも、圧力団体の既得権益を守ろうとする力が政治・経済的な行為に繋がってる分だけ対応が遅すぎる気はするけどね。
  • id:korokorodo
    法律は文章、言葉でのルールや定義づけですが、
    実態の捉え方が時代と共に変えられていったり、
    またことばという定義づけのリスクに付け込んで
    社会的な反則をすることもある・・いわゆる・・法の抜け穴など・・


    つまり・・
    法制化することよりも、
    それを判断する人の視点、価値観が『公』性があり、
    高いしかも温かな、遠望と深淵と慈愛深い判断能力があって
    はじめて法が活用されるのだと思います・・

    陪審員制度は
    そういう意味で、
    浅はかで卑近な目先の利己的な価値観で
    人の人生や生死に口出すこととなり、
    とても危険だと思います。

    また、今までの裁判官検察の専門家でも
    その人事により、
    利己の利害で判決を下すことに恐れを感じない人物を任命すると
    日本の法治国家は
    これまた揺らいでしまいます

    つまり。。
    政治の実権者が皆に見えてなければなりませんし(傀儡や摂政もだめ)」
    彼が自己の利害で三権分立を冒すことに怖れをもつ立派な帝王学をもってなければなりません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません