平安時代に牛車はあったのに、以来明治維新まで、日本では馬車のような四輪車が発明普及され

なかったのは、なぜでしょうか。参考文献などがあればうれいしいのですが?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 登録:2008/03/07 14:22:36
  • 終了:2008/03/08 09:59:50

回答(4件)

id:Numeric No.1

Numeric回答回数83ベストアンサー獲得回数182008/03/07 16:06:05

ポイント50pt

http://okwave.jp/qa2878864.htmlによると、

江戸幕府によって、江戸府中の一部や京都の一部を除いて、「車」(大八車や牛車含めて)の通行を禁止されたのが大きいでしょう。

とのこと。

また、禁止の理由については、「人足の失業を減らす為」という情報がありました。


他にも回答No.5などに興味深い投稿があるので、一度目を通されてはいかがでしょうか。

id:fatfat

ありがとうございます。

文化伝来がなく、必要性が乏しければ、

当たり前にできそうなことでも人は考えないということでなぁ。

2008/03/07 16:47:07
id:KUROX No.2

KUROX回答回数3542ベストアンサー獲得回数1402008/03/07 21:10:27

ポイント50pt

http://www.eva.hi-ho.ne.jp/ordinary/JP/rekishi/rekishi2.html

http://www.eva.hi-ho.ne.jp/ordinary/JP/rekishi/rekishi8.html

3輪車までは、江戸時代に存在してるのでそこまでは確実。


大八車

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%85%AB%E8%BB%8A

これをみると江戸時代には四輪車が存在はしてます。

wikiなので、事実関係が不明ですが・・。


普及しなかったのは、小回りが利かないとかそういう感じかもしれません。

id:fatfat

いろいろな文献があるものですね、ありがとう。

2008/03/08 09:55:41
id:table No.3

table回答回数59ベストアンサー獲得回数12008/03/07 16:42:07

ポイント50pt

ググってきたもので申し訳ないんですが、 

簡単にまとめると以下の3点になります。

  • 地形的理由
  • 日本にいた馬の性質
  • 労働人口の豊富さ

 

http://www21.ocn.ne.jp/~smart/kuruma0511.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010345...

id:fatfat

理由として、簡潔でわかりやすかったです。ありがとう。

2008/03/08 09:57:36
id:miharaseihyou No.4

miharaseihyou回答回数4508ベストアンサー獲得回数5632008/03/08 00:56:44

ポイント50pt

基本的に車輪付きの交通機関は平坦な道か軌道でなければ運用不可能です。

ヨーロッパや中近東の広大な平原など、ローマ帝国が支配した地域は元々平らな道を作り易い地域でした。

全ての道がローマに通じたのは地勢がそれを可能にしたからです。同じ事は中国の平野部にも当てはまります。

だからこそ少ない兵力でも広大な地域を高速移動(当時のです)する事によって効果的に軍を配置展開できたために支配が可能だった。

従って広大な帝国が発生し、車輪の付いた馬車なども道路の建設に合わせて増えていきました。

これは世界史の常識なので、参考文献など無いのでは?(常識は取り立てて記録される事が少ないのです)

日本は山間部が多く、平野が少ない。平らでアップダウンの少ない道を長距離に渡って作るのは技術的に困難だったのです。

平城京や平安京を一歩出ると海運に頼る地勢です。人間が歩いて移動するための道が国道でした。

例外は騎馬ですね。これは高価でコストパフォーマンスが悪い。それでも武田の騎馬軍団などそれなりの実力がありました。

羽柴秀吉の毛利攻めも人員の輸送こそ陸路ですが、軍需物資の輸送は海路がメインでした。

輸送の大動脈を支配する者として瀬戸内海の水軍が強大な勢力を持っていたのです。

大量輸送機関は人員輸送に於いてさえ昭和初期ごろまでは船が主でした。徐々に鉄道が増えましたけどね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E8%88%B9

和船の伝統は、四季があり台風も来る日本の自然に合わせて発達したものです。

今でも底の深い和船は復元性に優れているため風の強い日には安心だそうですが、安価なグラスファイバー製に押されて絶滅寸前です。修理の出来る船大工は希少価値です。

id:fatfat

今の整備された道路のイメージがつよいから、なぜと思うのでしょうね。

ありがとうございました。

2008/03/08 09:58:55
  • id:miharaseihyou
    http://gihodobooks.jp/book/4378-1.html
    http://shopping.autobytel-japan.com/wheel/trivia/tire2.html
    http://www.erca.go.jp/taiki/siryou/pdf/W_A_001.pdf
    一応後付けですが検索してコレぐらいは見つけました。車輪の歴史に関してはサイトが無いみたいで昔その筋の本を読んだことがあるのですが、・・・。
    ご参考までに。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません