外注先の製造工程(冶具の不具合)で問題が発生しました。冶具の改良は完了したのですが、これを発注元の記録として残しておきたいのですが、どういう書類をくれといえばいいのでしょうか。この場合、単なる報告書をくれといえばいいのでしょうか。それとも、なにか別なフォーマットがあるのでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/03/16 10:25:40
  • 終了:2008/03/23 10:30:02

回答(3件)

id:tonkatsuwo No.1

tonkatsuwo回答回数69ベストアンサー獲得回数32008/03/16 10:56:40

ポイント27pt

問題の発生状況にもよりますが、大雑把に下記の3パターン程度にくくれるかと。


1、仕入先より品質不良の製品が納入された。

2、品質不良の製品が仕入先で発見され。納期などに遅れが生じた。

3、品質、納期などに問題はなく仕入先の治具トラブルのみ発生。


1、2、の場合品質クレーム通知書(兼対策書)を仕入先に発行し回答を求める。

(2、)3、の場合トラブル報告書のようなものを仕入先に提出させる。(仕入先のフォーマットで可)


特にフォーマットは決まってなく、基本的にはどんな報告書でも、


①トラブルの状況(品名、品番、数量、時期、発見者、報告者などの情報ふくむ)

②被害の程度(上記1,2の場合)

③原因

④処置(現品の)

(⑤応急処置)

⑥是正処置

⑦効果の確認


があればよろしいかと。


下記のURL内にある「加工異常発生報告書」(想定は社内版ですが)が少し近いかと思います。

http://www.urbanproduce.com/download/itadakikun.html

id:youkan_ni_ocha

おありがとうございます。もっと正確にいうと、不具合は監査時に私がみつけたものです。レベルの低い工場なので、こうやったらだめという認識がまるでなかったので、すぐさま改善を要求して、とりあえず、要求仕様は、満足して生産開始したという状況です。2が近いですが、どちらかというと、技術指導に近い内容です。工場は海外なので、記録が残らないと、いったいわないの問題になるので、できるだけ正式なルールにのっとって要求しようと思っています。国内なら、心配はないのですが、、、なんで、こんな事をいうのかというと、ちゃんとした教育ができない工場なので、新しい冶具を用意しても、担当者がかわると、間違った使い方をされる場合があり、これを防止するために、きちんと教育も行ったという記録を残しておきたいと思ったからです。

2008/03/16 12:49:08
id:p00437 No.2

p00437回答回数2277ベストアンサー獲得回数132008/03/16 11:45:44

ポイント27pt

http://www.atlus.co.jp/am/operators/pdf/contact.pdf

http://www.sycom.co.jp/custom/fuguai.pdf

http://www.nbms.co.jp/info/img/0001.pdf

不具合連絡票

ISOを取得しているところであれば、書類による手続きを取っています。

id:youkan_ni_ocha

不具合調査依頼表の方がききますか、これは、よく使っています。

形だけのISOをもっているので、向こうとしては、ださざろうえないかも。

2008/03/16 12:12:01
id:fontmaster No.3

fontmaster回答回数94ベストアンサー獲得回数32008/03/16 14:32:16

ポイント26pt

>単なる報告書をくれといえばいいのでしょうか。


本来ならその外注先を使うことに決定する際にその会社の品質保証体制について監査し、異常があった場合とかのフローを確認しておき、それにそった形で文書を要求するのがいいのだけどね。というか、やってません?


ISOをやっている会社ならその品質保証体制の中で顧客(あなたの会社)に対して不具合についてどのような報告をどのようなパスで上げることになっているのか確認してみるといい。その内容にそった形で報告を要求すれば何でも出してくるでしょ。外注先の品証(大抵ISOの対応部署)と話をするのが一番いいね。


あとは、工程のFMEAをやらせて資料を提出させるとか。

id:youkan_ni_ocha

取引を行う事になった経緯については、お話できませんが、ISOは使えそうですね!ありがとうございます。

2008/03/16 22:50:43

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません