エクセルVBAの質問です。

シートに貼り付けたコマンドボタンを押すと次の動作ができるようにしたいです。

■ローカルフォルダにあるカンマ区切りのテキストを、フォルダすべてのファイルすべて読み込み、カンマの区切りに沿って、セルごとに分割して表示する。


できますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/03/18 12:36:34
  • 終了:2008/03/25 12:40:02

回答(4件)

id:slowstrawberry No.1

slowstrawberry回答回数19ベストアンサー獲得回数02008/03/18 15:29:00

ポイント23pt

可能でしょう。次のようにします。

コマンドボタンを押したときのイベントとして、

フォルダを開く→FOR文などでそのフォルダ内のファイルを次々巡回するようにして→そのファイルからカンマ区切りでセルに次々入力。

この様にします。

データを読み込む方法として以下のURL等がよさげです。

http://officetanaka.net/excel/vba/file/file08.htm

id:SALINGER No.2

SALINGER回答回数3454ベストアンサー獲得回数9692008/03/18 16:22:12

ポイント23pt

ボタンに処理の関連付けは先の質問のK_SUKEさんが答えてましたので省略して

実装するコードを

Private FSO

Private Sub CommandButton1_Click()
    'CSVファイルの入っているフォルダーのパスをしていしてください
    Const fpath As String = "C:\Documents and Settings\hogehoge\デスクトップ\CSVDATA"
    Set FSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    Call getFile(fpath)
    Set FSO = Nothing
End Sub

Private Sub getFile(fpath As String)
    Dim myFile
    Dim myFolder
    Dim objTS
    Dim x() As String
    Dim i As Long
    Dim j As Long
    Dim NewWS As Worksheet
    For Each myFile In FSO.GetFolder(fpath).Files
        i = 1
        Set NewWS = Worksheets.Add
        Set objTS = FSO.getFile(myFile.Path).OpenAsTextStream
        While Not objTS.AtEndOfStream
            x = Split(objTS.readline, ",")
            For j = 1 To UBound(x)
                NewWS.Cells(i, j).Value = x(j - 0)
            Next j
            i = i + 1
        Wend
        objTS.Close
    Next myFile
    For Each myFolder In FSO.GetFolder(fpath).SubFolders
        Call getFile(myFolder.Path)
    Next myFolder
    
    Set objTS = Nothing

End Sub

CSVの形式(””で囲ってたり)によっていろいろと細かい作り直しは必要かもしれませんが、

基本的には、複数のファイルの取得、CSVの読み込み、シートの追加なんかを押さえておけば応用がきくと思います。

http://q.hatena.ne.jp/

id:izumi-0620 No.3

izumi-0620回答回数23ベストアンサー獲得回数12008/03/18 17:30:13

ポイント22pt

可能です。

開いたcsvファイル(縦に1列データが並ぶ)を1つのシートに並べて貼り付ける例です。

Sub main()

sWorkBookName = ThisWorkbook.Name

With Application.FileSearch

.NewSearch

.SearchSubFolders = False

.LookIn = Sheet1.TextBox1 'カンマ区切りファイルのある場所

.Filename = "*.*" '小文字大文字の判別なし、"."が必要

If .Execute(SortBy:=msoSortByFileName, _

SortOrder:=msoSortOrderAscending) > 0 Then

For iFileCount = 1 To .FoundFiles.Count

'Dataのオープン

Workbooks.Open Filename:=.FoundFiles(iFileCount)

Range(Cells(1, 1), Cells(1000, 1)).Select

Selection.Copy

'Sheet2への貼付

Workbooks(sWorkBookName).Activate

Sheet2.Activate

i = GetStartColumn()

sDataName = GetFileName(.FoundFiles(iFileCount))

Cells(1, i).Select

ActiveSheet.Paste

Workbooks(sDataName).Close

Next

End If

End With

End Sub

Function GetStartColumn()

i = 1

While Cells(1, i) <> ""

i = i + 1

Wend

GetStartColumn = i

End Function

dummy URL:http://www.yahoo.co.jp

id:slowstrawberry No.4

slowstrawberry回答回数19ベストアンサー獲得回数02008/03/18 17:37:27

ポイント22pt

サンプルを作成しました。

Option Explicit


Private Sub CommandButton1_Click()
    Const cnsYEN = "\"
    Const cnsTITLE = "テキストファイル読み込み処理"
    Const cnsFILTER = "全てのファイル (*.*),*.*"
    Dim xlAPP As Application        ' Excel.Application
    Dim objWBK As Workbook          ' ワークブックObject
    Dim strPATHNAME As String       ' 指定フォルダ名
    Dim strFILENAME As String       ' 検出したファイル名
    Dim strOPENFILE As String       ' ファイル名フルパス
    Dim swESC As Boolean            ' Escキー判定
    Dim shell As Object             ' シェルオブジェクト
    Dim intFF As Integer            ' FreeFile値
    Dim X() As Variant              ' 読み込んだレコード内容
    Dim IX1 As Long                 ' CSV項目カラムINDEX
    Dim GYO As Long                 ' 収容するセルの行
    Dim lngREC As Long              ' レコード件数カウンタ
    Dim strREC As String            ' レコード領域
    Dim POS1 As Long                ' レコード文字位置INDEX
    Dim POS2 As Long                ' レコード文字位置INDEX
    
    ' 「フォルダの参照」よりフォルダ名の取得
    strPATHNAME = BrowseForFolder("フォルダを指定して下さい", True)
    If strPATHNAME = "" Then Exit Sub

    ' 指定フォルダ内のファイル名を参照する(1件目)
    strFILENAME = Dir(strPATHNAME & "\*.txt", vbNormal)
    If strFILENAME = "" Then
        MsgBox "このフォルダにはtextファイルがありません"
        Exit Sub
    End If

    Set xlAPP = Application
    With xlAPP
        .ScreenUpdating = False             ' 画面描画停止
        .EnableEvents = False               ' イベント動作停止
        .EnableCancelKey = xlErrorHandler   ' Escキーでエラートラップする
        .Cursor = xlWait                    ' カーソルを砂時計にする
    End With
    On Error GoTo Button1_Click_ESC
    ' 指定フォルダの全txtについて繰り返す
    Do While strFILENAME <> ""
        ' Escキー打鍵判定
        DoEvents
        If swESC = True Then
            ' 中断するのかをメッセージで確認
            If MsgBox("中断キーが押されました。ここで終了しますか?", _
                vbInformation + vbYesNo) = vbYes Then
                GoTo Button1_Click_EXIT
            Else
                swESC = False
            End If
        End If

        '-----------------------------------------------------------------------
        '             ↓↓↓ 検索した1ファイル単位の処理 ↓↓↓
        ' FreeFile値の取得(以降この値で入出力する)
        intFF = FreeFile
        ' 指定ファイルをOPEN(入力モード)
        strOPENFILE = strPATHNAME & "\" & strFILENAME
        Open strOPENFILE For Input As #intFF
        ' ファイルのEOF(End of File)まで繰り返す
        Do Until EOF(intFF)
            ' レコード件数カウンタの加算
            lngREC = lngREC + 1
            ' 行単位にレコードを読み込む
            Line Input #intFF, strREC                                      ' ①

            ' LineInputより自分で半角カンマを探しCSV→項目分割させる
            POS1 = 1
            IX1 = 0
            ReDim X(IX1)                ' 配列を初期化
            Do While POS1 <= Len(strREC)
                POS2 = InStr(POS1, strREC, ",", vbTextCompare)
                If POS2 < POS1 Then
                    POS2 = Len(strREC) + 1
                End If
                ReDim Preserve X(IX1)   ' 配列要素数を再設定
                X(IX1) = Trim$(Mid$(strREC, POS1, POS2 - POS1))
                POS1 = POS2 + 1
                IX1 = IX1 + 1
            Loop
            ' 行を加算しレコード内容を表示(先頭は2行目)
            GYO = GYO + 1
            If IX1 >= 1 Then
                Range(Cells(GYO, 1), Cells(GYO, IX1)).Value = X   ' 配列渡し ⑥
            End If
        Loop
        ' 指定ファイルをCLOSE
        Close #intFF
        '             ↑↑↑ 検索した1ファイル単位の処理 ↑↑↑
        '-----------------------------------------------------------------------
        ' 次のファイル名を参照
        strFILENAME = Dir
    Loop
    GoTo Button1_Click_EXIT

    '----------------
    ' Escキー脱出用行ラベル
Button1_Click_ESC:
        MsgBox Err.Description

    '----------------
    ' 処理終了
Button1_Click_EXIT:
    With xlAPP
        .StatusBar = False                  ' ステータスバーを復帰
        .EnableEvents = True                ' イベント動作再開
        .EnableCancelKey = xlInterrupt      ' Escキー動作を戻す
        .Cursor = xlDefault                 ' カーソルをデフォルトにする
        .ScreenUpdating = True              ' 画面描画再開
    End With
    Set objWBK = Nothing
    Set xlAPP = Nothing
End Sub

上のコードを使うには下記のモジュールをダウンロードしてインポートしてください。

↓このページのmodSHBrowseForFolderAPI3.exeを展開して、modAPIBrowseForFolder3.basをインポートする。

http://www.asahi-net.or.jp/~ef2o-inue/download/sub09_020_110.htm...

上の参考サイトのコードをスケルトンにしてコードを書いたので、上記のサイトを参考にいろいろ変えて使えると思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません