エジプトのピラミッドに関して調べています。


どうもピラミッドは現在の建築技術では再現不可能な技術を使っているときいたのですが、
それは具体的にどのようなことをさしていますか??

どうすごいのか教えて下さい。
宜しくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/03/21 15:40:52
  • 終了:2008/03/24 21:21:18

回答(3件)

id:Red-Dragon No.1

Red-Dragon回答回数33ベストアンサー獲得回数02008/03/21 15:58:32

ポイント80pt

兎にも角にも巨大過ぎるという困難点

これが不可能ではなくても、困難な根源でしょう。


長文なので引用出来ませんが詳しいことが下のほうに掲載されています。

http://www.y-asakawa.com/message/report-egypt1.htm



この現代の最高建築技術を駆使しても再度建設不可能と言わしめる岩石の巨塔は318万という膨大な数の巨大な岩石の集積体です。

http://www.ann.hi-ho.ne.jp/uechi/pyramid/



今の技術を結集しても、建築は困難らしいですよ。貼付の、最後の方に大林組による再現

シュミレーションがあります。

設計から本工事、労務管理に至るまでの総合的な土木技術力は、現代の我々が持っているものと

同等以上であったことだけは確かでしょう。はっきり言って、現代の技術の粋を結集しても

あれだけ巨大な建造物をあれほどの完成度で造り上げることが出来るかどうかは、100%不可能

とは言わないものの、大変困難であると言わざるを得ないことは間違い事実です。

http://www.y-asakawa.com/message/report-egypt1.htm

以前、鹿島建設か何かがシュミレーションしてましたが、

内部を含めて全く同じ物を作るのは不可能、

ただ積み上げるだけでも数年かかる、でした。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1492616...

id:ryota11

なるほど・・・。

構造がどうとかいう話ではないのでしょうか・・・?

ありがとうございます。

2008/03/21 16:20:28
id:kappagold No.2

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/03/21 18:25:23

ポイント90pt

抜粋以外にもいろいろと面白いことが書いてありました。

http://mito.cool.ne.jp/chinari21/3-1.html

ピラミッドは超精密建造物である上、接着剤・接着物

(釘・かすがい・ロープ等)を一切使用しないのだから、建物が崩れないように

するためには地盤は(事実上)完璧に平滑・平面でなければならない。凸凹や傾

斜に関する許容誤差は限りなくゼロに近いほど僅かでなければならない。実物の

地盤は東南隅対西北隅の誤差が一番大きくて13ミリ。1辺230メートルとい

う巨大な岩盤敷地の対角線の両端で上下差が僅か13ミリで収まっている。対角

線との比率を出せば10万分の4であり、これなら限りなくゼロに近いと言える

が、凸凹だらけ、傾斜だらけの自然の堅い岩盤をこれほどの精度で仕上げるには

最高度の科学技術が要る。車輪一つ持っていなかった当時の地球人のよく為し能

(あた)うところではなかったはずである。

 底辺の誤差はもっと大きいが、左右の許容誤差は上下よりもうんと大きいのだ

からこれはこれでよいのだ。誤差が大きいといったところで最大誤差は10セン

チである。精度は2300分の1。現在のビル建築でも精度は1000分の1程

度だから、やはりピラミッドの方が1次元も2次元も上回っている。しかも、こ

れはあくまで建造されてから4600年後の測定数字であって建造当時の精度は

もっと高かったかもしれないのだ。古代のエジプトでは大体100年に1度くら

いの割で地震が起きた。神殿や葬祭殿などの大きな建物が崩れたりしたくらいだ

から1人前の地震なのだ。こうゆう地震に50回前後揺すられてきた勘定にな

る。

 それだけではない。13世紀から数世紀間、イスラムがすこぶる乱暴な方法で

化粧石盗みをやった。ピラミッド表面から剥がした化粧石をそのままピラミッド

沿いに下に落とすという方法をとった。重い石が段々に積まれた石にぶつかって

バウンドしながら落ちて行くのだ。想像しただけでも背筋が冷たくなるほどの荒

っぽさである。また1830年代、ピラミッドを調査したイギリスの軍人ハワー

ド・ヴァイスは何度も内部で火薬を爆発させて作業した。砂嵐も無数にあった。

日照も過酷。4600年間、こうゆう手荒な目にさんざ遭った後の誤差でこれな

のだ。してみると建造当時の誤差は本当にゼロ同然だったに違いない。とてもで

はないが地球人の及ぶところではなかった。今の技術でも果たして出来るかどう

か分からないくらいの高精度である。



http://www.jma-inc.jp/07tour/2005egypt.html

ピラミッドの四辺は、正確に東西南北を向いていて、誤差がほとんどありません。四辺の長さもほとんど同じで、しかも内部構造にいたっては、綿密に計算されたとしか考えられない数値で構成されているのです。現代の建築技術をもってしても最高レベルの技術を要する、もしくは不可能なものが現存しています。なぜこの精度を必要としたのか、現代の建築家にとっては、まったく不可解であり、どのようにつくられたかにいたっては、現代のどの諸説も納得のいく答えを出せずにいます。それ以外にもピラミッドには、数々の符号があります。いくつかの研究を調べて見ると、非常に興味深い疑問がいくつも出てくることでしょう。 

id:ryota11

なるほどなるほど。

ありがとうございます。

2008/03/22 08:14:11
id:ken33jp No.3

ken33jp回答回数928ベストアンサー獲得回数132008/03/22 07:47:13

ポイント20pt

オパーツと同じで、勝手に現代の技術でもその当時の技術でも不可能と主張してるだけです。

実際には原始的な方法で、大量の時間と労力を使って作られてるだけです。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:ryota11

適当に回答頂いたとは思いますが、

実際その通りだと思います(笑


そこをなんとかおもしろいようにこじつけれないか考えている質問なので、そこまで考えて回答して頂きたかったです。

それでは実も蓋もないので。。。

2008/03/22 08:13:52

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません