小学3年生の息子が少年野球で投手をしています。ズバリ、今の時期に行う練習は何が効果的ですか?コントロールを身につけるためには何の練習が良いのでしょうか。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/03/24 16:51:33
  • 終了:2008/03/31 16:55:02

回答(5件)

id:kidd-number5 No.1

kidd-number5回答回数117ベストアンサー獲得回数152008/03/24 18:38:50

ポイント23pt

こんなのがありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111712...

個人的には下半身の強化が重要かと思います。

心配なのは現時点で上半身(手、腕)などにより、コントロール重視のピッチングをしても、

身長がいっきに伸びる可能性の高い年齢であるため、そこでつけたコントロールが失われてしまうことです。

私が小学生のころは特に腰を使って投げることを教わりました。

細かいコントロールよりは球速や、重い玉を投げれたほうがいいように思います。

まったくコントロールがよくないのであれば、むしろ力強く投げてもストライクゾーンに行くような

球を投げれるようになると良いですね。

id:jundas No.2

jundas回答回数19ベストアンサー獲得回数02008/03/24 18:42:45

ポイント23pt

もうご存知かもしれませんが、横浜ベイスターズのサイト内に

工藤選手がファンからの質問に答えるコーナー「僕の野球塾」があって、

たとえばコントロールを身につける練習については

http://www.baystars.co.jp/yakyu_jyuku/answer02.php

http://www.baystars.co.jp/yakyu_jyuku/answer12.php

という感じで答えています。

あと小中学生の時期にはついては、「野球だけでなく、他のスポーツ、サッカー、テニス、バスケット、

水泳などをしてバランスよく体を鍛え」たり(リンク)、「ご飯をたくさん食べて、練習をたくさんして、

体を大きくし」たり(リンク)するのが大事で、あまりウエイトはやり過ぎないほうが良いみたいです。

個人的には、工藤選手も書いていますが、「野球は小さい時ほど、楽しくプレーすることが大事」(リンク)なのかなと思います。

id:nakata-ryo No.3

nakata-ryo回答回数185ベストアンサー獲得回数32008/03/25 15:17:14

ポイント22pt

この時期に無理に筋トレをすると背が伸びにくくなることがあるので、筋トレはしない方がいいように思えます。練習を多くするよりは他の方も述べているようにいろいろなスポーツをしてください。野球ではあまり使わない筋肉を使ったり、気分転換にもなるのでいいと思います。また、練習量を増やす場合は急激に増やすのではなく少しずつ増やしてください。成長期なので食事を程よく取り毎日決まった時間に寝ることをオススメします。

id:ken33jp No.4

ken33jp回答回数928ベストアンサー獲得回数132008/03/26 08:20:47

ポイント22pt

基礎体力をつける。

小学校低学年で練習のしすぎは、成長に悪いですし、

あまりやくにはたちません。

id:sidewalk01 No.5

sidewalk01回答回数162ベストアンサー獲得回数12008/03/31 14:51:36

ポイント10pt

筋力トレーニングはやめた方が良いです。

下半身やバランス感覚などを考えると、

①駅伝や長距離走、クロスカントリーetc.

②水泳、ダンスetc.

③サッカー、バレー、バスケットetc.

といったものがあると思います。

ただし、小3ということのなので、規則正しい生活習慣でバランスの良い食事をするということが一番大切だと思います。

  • id:ssk3
    コントロールを身につけさせるためには、基本的には小学生のストライクゾーンと同じか、それよりも狭いゾーンの【壁】を用意し、壁当てをさせると良いと思います。
    単純に小さな的に当てることだけでも、かなり正確性が上がりますし、1人でもできる練習のため、意外と効果がすぐに上がりやすいです。
    (知らない間に勝手にやっているので、ある日突然上手くなっている。ということがあります。)
    ※しかしこの時期から次第に【投げる】ことに関してはシビアな部分が出てきますので、あまり偏った練習は禁物です。
    【壁当て+ピッチング+ドッジボールなど】


    参考程度に↓
    小学3年生という時期は一般的には【ゴールデンエイジ ↓】の期間にあたります。
    http://www.geocities.jp/yachiyo_golden/10_medical/10_03_goldenage.htm

    現在投手をされているということですが、この時期に【投手としての練習を意識して行う】ことは、かなり危険です。
    現在は大丈夫かもしれませんが、年齢の上昇と共に、ほとんどの確率で【肩か肘か腰】に痛み=問題が発生します。
    それはどうしてか?といいますと

    ①同じ動作のし過ぎ
    (金属疲労と同じ現象です)
    ②動作の未完成
    (負担のかかって欲しくない部分に頼った動作を覚えている)
    ③休み方を知らない
    (遊び=野球しかない。という状態になっている場合もある)

    これらの問題が生じるのはある意味仕方ありません。それほど熱中している証拠ですから♪
    しかし
    将来的な視点から子供さんのことを考えると、親がある程度コントロールしてあげないといけない部分があります。
    そして【ゴールデンエイジ】という時期ということも考えると

    【この時期に上手く方向を導いて上げると、もう少ししてから一気に伸びていく】可能性が高まります。

    そのためには

    ①選択肢をたくさん持たせること
    (両打ちにさせる・全てのポジションを経験させる・小技・大技を覚えさせる・物真似をたくさんさせる=1流選手達の)
    ②野球は複合スポーツだということ
    (陸上・卓球・バレー・サッカー・水泳・体操など何でもある程度興味を持たせる)
    ③スポーツは【賢くないと一流にはなれない】
    (これは自分で芽生える必要があると思いますが、これは事実です。小さいうちは【感覚】を教える・磨かせることが良いかも知れません。)

    ということを知っておくと良いと思います。
    子供時代(中学生くらいまで)は【1~2週間ほど真剣にするだけで、ある程度の高いレベルまで到達できる】能力があります。
    ですので
    色んな運動をさせ、応用力のある体にさせることを目指していくと、良い結果になってくると思います。
    ※物真似はとても良い練習だと思います。
    ※そして休ませる時はかなりしっかりと休ませることが大切です♪


    素敵なスポーツ選手なられることを、祈っております。
    失礼いたしました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません