【職業観】「好きこそものの上手なれ」といいますが、本当にそうなのでしょうか。好きなことと得意なことは、同じでしょうか。それとも、異なるものでしょうか。


※ご自身の見解が主になるかと思いますが、他人でも好きなもの、得意なものをご存じの場合はご意見を聞いてみたいです。
 私は好きなものと得意なものは違うんじゃないか、と思い始めています。
 得意だから好きになったりするところもあるのでは。逆にたとえば私は絵が好きですが得意ではありません。
 皆様の自由な意見を伺いたいです。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/03/27 19:59:18
  • 終了:2008/04/03 20:00:03

回答(12件)

id:evh_y No.1

evh_y回答回数269ベストアンサー獲得回数72008/03/27 20:07:04

ポイント14pt

好きでもないことが得意になる例として、

・お金を稼ぐための仕事

・国を守るための戦争

などいろいろあると思いますが、

好きなことのほうが、得意になる効率が良いんでしょうね。

id:g830

ありがとうございます。

2008/03/27 23:38:21
id:y-kawaz No.2

y-kawaz回答回数1421ベストアンサー獲得回数2262008/03/27 20:19:46

ポイント14pt

「下手の横好き」という言葉もあるように好きだからと言って上手とは限らないのは確かです。


孔子の『論語』にある「子曰く、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」というのが「好きこそものの上手なれ」の元になると思います。

何事も好きを通り越して楽しむまで行ってやっと、物事の本質が見えてくると解釈するらしい。


つまり好きだけではまだ足りない。最強は「楽しみこそ物の上手なれ」ということですかね。

id:g830

楽しみは好きを超える、なるほど。。

2008/03/27 23:39:08
id:jelate No.3

ゲート回答回数1036ベストアンサー獲得回数342008/03/27 20:22:27

ポイント14pt

「好きこそものの上手なれ」と「下手の横好き」という

真逆のことわざがあるのは、

好きなものと得意なものが必ずしも一致しない証拠じゃないでしょうか。

好きと言っても色んな好きがあると思うんですよ。

得意だから好きっていうのもあるでしょうし、

趣味で楽しいから好きっていうのもあるでしょう。

やりがいあがあるから好きっていうのも。

そのジャンルにもよります。

努力量で決まるジャンルなんかは、

好きでしかたなくてやり続けた人なんかは上手いでしょう。

才能が必要なジャンルは

いくらやっても上手くならない人もいます。

この2つの真逆のことわざがあるのは

そういうことなんじゃないでしょうかね。

id:g830

なっとくです。

2008/03/27 23:39:26
id:some1 No.4

some1回答回数842ベストアンサー獲得回数372008/03/27 20:22:56

ポイント14pt

上達が早いかもというだけで、

http://www.sanabo.com/kotowaza/arc/2003/10/post_127.html

逆の有名なことわざが「下手の横好き」ですしね。

http://www.sanabo.com/kotowaza/arc/2002/02/post_288.html

id:g830

ありがとうございます。

2008/03/27 23:39:38
id:Gay_Yahng No.5

Gay_Yahng回答回数724ベストアンサー獲得回数262008/03/27 20:35:44

ポイント14pt

好きなことは上手い というよりは

好きなことには熱中するから、上達が早い っていう意味だと思うよ。

 

私の主観では確かに好きなことのほうがよく覚えると思う。

絵が好き(描くこと?)って例を出しているけど、寝る間も惜しんで絵を描くのが好き?漫画家さんなんかはそういう人が多いみたいだよ。そのくらい好きじゃないと漫画は描けないんだなぁと思ったことがあります。

 

芸術の技巧は覚えられると思うけど、芸術ってセンスもあるからね。

 

ことわざでいったら

下手の横好き

っていうのもあるしね。

id:g830

そうですね。センスが必要な分野もあります。

2008/03/27 23:39:58
id:aoikisha No.6

aoikisha回答回数62ベストアンサー獲得回数32008/03/27 21:18:46

ポイント21pt

「好きこそものの上手なれ」というのは自身が興味深く思っている分野についてはそのエキスパートになれる、好きでやることの方が面白いし、生き甲斐を得やすいから少々の無理がきいて、いっそうにその分野の技などは向上する、というようなことを言っていると思います。

 生き甲斐を見出しやすい。無理がきく。その分野の世界が広がる、ということで上手の人や巧みな人、あるいは達人や専門家になっていくということだと思います。

 「好き」は自分が興味を持てることですね、だから未知の分野も含むように思います。一方「得意」は、自分が最も手なれていて自信があり、じょうずであることですね。これは分けるとすれば前者はプロセスを言い、後者は結果を言っているように思います。だから好きなことと、得意なことは違うと思います。けれども、多くがそうですが「好き」が高じて「得意」になるものだと思います。

 

 ことわざの場合は長い間の人々の知恵が籠められていますから、職業を選ぶ場合の選択の基準としては間違っていないと思います。職業は興味を覚える分野に進む。その賢明な選択をして、やがては得意となる。が、その仕事ばっかりだとストレスが溜まるから「好きな」ことをして遊ぶ、そういうふうに楽しく考えることもできますね。

id:g830

なっとくです。好き=プロセス、得意=結果ってすごくふにおちます。

プロセスと結果はつながるがイコールではないってことですよね。

ことわざの場合は長い間の人々の知恵が籠められていますから、職業を選ぶ場合の選択の基準としては間違っていないと思います。職業は興味を覚える分野に進む。その賢明な選択をして、やがては得意となる。が、その仕事ばっかりだとストレスが溜まるから「好きな」ことをして遊ぶ、そういうふうに楽しく考えることもできますね。

>これも非常になっとくしました。

2008/03/27 23:41:56
id:tonton15 No.7

tonton15回答回数170ベストアンサー獲得回数12008/03/27 23:24:11

ポイント14pt

好きなことに関しては、努力するのが苦にならないため、上達する可能性が高いと思います。また、見方を変えると、得意だからこそ楽しくて好きになる、ということがあると思います。

【職業観】というタイトルですが、私自身は、好きなことは、たとえ得意であっても、仕事にはしたくないと思っています。仕事にするとどうしても負の側面も見えてきてしまい、素直に好きではいられなくなると思うからです。

id:g830

ありがとうございます。人それぞれの考えですね。

2008/03/27 23:42:11
id:ken33jp No.8

ken33jp回答回数928ベストアンサー獲得回数132008/03/28 01:14:04

ポイント13pt

好きなこととその分野に適性があるかは一致しないこともあるでしょうね。

ただ、継続することで適性がなくてもある程度レベルにはなることが

多いです。

id:Dursan No.9

Dursan回答回数98ベストアンサー獲得回数62008/03/28 08:51:46

ポイント13pt

「好き」という場合大まかに二つあって、「する」のが好きと、「見る」のが好きという場合です。

「する」のが好きな場合膨大なコスト(お金や時間など)をそこに注ぎ込むことができますし、実際の体感ですから細かいところまで注意が行き届くので上手くなりやすいと考えられます。

「見る」のが好きという場合は一歩離れて見ているわけで体感が無い、その分上手くなりにくいと考えられます。

簡潔に言うと「プレイヤー」的と「評論家」的といった感じかと思います。

ただし、多くの場合は、『「する」のが好き』は『「見る」のが好き』を包含します。すなわち『「する」のが好き』の方が「プレイヤー」的と「評論家」的の双方の視点を持っているので。自称に対する造詣が深くなるかと思います。

http://www.yahoo.co.jp/

id:g830

なるほど。2つの視点というのは視野が広がりますね。

2008/03/29 20:41:48
id:yyyyy5 No.10

yyyyy5回答回数94ベストアンサー獲得回数22008/03/28 12:42:14

ポイント13pt

好きでなければ続けられないとよく言いますが、

好きすぎて辞めたくなることもあります。

あくまでたとえですが、サッカーが大好きで、ずっと続けていたいですが、

才能の無さに辞めたくなってしまう、

もしくは大好きだからこそ、今の監督の戦術は納得がいかない、

このチームじゃ駄目だ!などあるかと思います。

どこかで、好きなことは仕事に選んではいけない

というのを目にしたとき、なるほどと思ってしまいました。

id:g830

確かに、好きだとこだわってしまうので、小さなことがとても気になってしまいます。

本当に好きなことを選んだ人がうまくいかない例も見てきました。

好きな分野で職を全うできる天職の人は本当に幸せなんでしょうね。

8割くらいの人は好き=仕事という基準ではなく選んでいるのが実態でしょうか。

2008/03/29 20:43:53
id:msuga No.11

msuga回答回数13ベストアンサー獲得回数02008/03/28 16:10:22

ポイント13pt

「好きだからといって生きがいになりやすい」

なんてことは絶対にありえない。

生きがいの無い人間の発する単なる言葉遊び

id:g830

うーん。なるほど。。

2008/03/29 20:44:16
id:TAK_TAK No.12

tak回答回数997ベストアンサー獲得回数832008/03/31 16:07:37

ポイント13pt

「好きこそものの上手なれ」は理想的な話で、基本的には嘘です。


特に、「好きこそものの上手なれ」と公言してはばからないリクルートなどは、その実、好きなことを仕事とすることは出来ないと信じていて、そのように行動しています。

つまり、完璧な二枚舌企業(二枚舌業務)です。




養老氏などもそういう感じのことを主張しています。

好きなことで生きていくことは難しいと、

※養老氏自信は好き勝手なことをして好き勝手に生きているにも関わらず、です。

  • id:Dursan
    この手の自由闊達な意見交換なら「いわし」の方が向いていますよ。
  • id:adlib
     
     身すぎ世すぎ ~ あきないは牛のよだれ ~
     
     好きなくせに下手な人が多すぎて、上手な人は少なすぎるのです。
     小学校のクラスで、絵の上手な子は、だいたい好きで描いています。
     音楽で一番の子は、たいがい親がかりで、しぶしぶ習っています。
     
     どちらも中学校で一番になると、天才ではないかと思いはじめます。
     高校で一番になると、たいがい先生よりも上達しています。
     たぶん専門家になれるのは、都道府県で首位を争う連中でしょう。
     
     トップになれなかった人々も、教師や講師になって生計を立てます。
     専門家になれない人々は、専門学校などで学びつづけたりします。
     それとなく関連する職場に、就職することが可能だからです。
     
     上手なアマチュアと下手なプロは、どちらもつまらないと思います。
     上手なアマチュアは仲間が少なく、下手なプロは肩身が狭いからです。
     いつの世も、下手なアマチュアが、上手なプロを支えているようです。
     
    ── 今ぐらい弾けて、アマチュアだったらいいな、と思うことがある。
    (ヴァイオリニスト外山滋のことば)。以下、わたしの持論と回想です。
     わたしは、一に音楽、二に絵画、三に文字を愛してやまない……。
     
     金谷先生に出会っていなければ、絵を描いていなかったかもしれない。
     芝山先生に出会っていなければ、手紙を書かなかったかもしれない。
     本宮先生に出会っていなければ、音楽に目ざめなかったかもしれない。
     
     杉井先生に出会っていなければ、東京へ行けなかったかもしれない。
     谷本先生に出会っていなければ、日記を公開しなかったかもしれない。
     これらの先生たちに出会わなかった人生を想像することができない。
     
    http://q.hatena.ne.jp/1128145801#a415937
     
     わたしの生業はデザイナーですが、より熱心に学んだのは音楽でした。
     さらに長時間ついやしたのは将棋ですが、まるで上達しませんでした。
     父母の先祖をたどっても、音楽や絵画には無縁でした。
     
     わずかに亡父が、素人にしては能筆でしたが、すすんで墨を磨ること
    もなく、中学時代の習字にも、さほどの素質は認められません。
     才能は、いつどんなキッカケで化けるのか、いまもって謎のままです。
     
    ── 婦人はかつて唄を唱いピアノを弾くことを禁止されたことがある
    だろうか。にもかかわらず、なぜ女性は作曲をしないのであるか。
    ── クレッチマー/内村 祐之・訳《天才の心理学 19820118 岩波文庫》
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20070701
     
  • id:g830
    才能がないと、よほど好きなことでも職業にして生き残るのも難しいのでしょうね。
  • id:msuga
    というか
    なんかやってみたら?
    御託はそのあと

    ちなみに
    絵は「見る」でなく「描く」ほうがいい

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません