官公庁への手続き等で、手数料として印紙を貼って提出するものがよくありますが、これらの印紙はたいてい「割り印したものは無効」となっています。


「割り印は不要」なら理解できますが「割り印すると印紙自体が無効」になるのは何か理由があるのでしょうか?割り印されて困ることといえば、綺麗にはがして違法に再利用しにくくなることくらいで、メリットはあっても困ることは何もないと思うのでわざわざ無効にする理由が思いつかないのですが・・・?

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2008/04/05 10:46:34
  • 終了:2008/04/07 11:05:15

回答(6件)

id:ken33jp No.1

ken33jp回答回数928ベストアンサー獲得回数132008/04/05 11:26:01

ポイント19pt

>綺麗にはがして違法に再利用しにくくなることくらいで

国が金儲けできなくなるからです。

id:bakuto No.2

bakuto回答回数291ベストアンサー獲得回数162008/04/05 11:37:35

ポイント19pt

http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm

上記HPより

収入印紙(印紙)とは?

「収入印紙(印紙)とは、印紙税という税金です。印紙税が課税されるのは、印紙税法で定められた課税文書と呼ばれるものです。印紙税は、課税文書を作成した人が、定められた金額の収入印紙を文書に貼り付け、これに消印をして納付します。」

なので、「割り印した印紙=収めた税金」となり、印紙を再利用する事は「脱税行為」に当たります。

それを防ぐ為の割り印です。

それと、元々その文章に貼ってある印紙かどうか確認する為にも割り印は有効なので、「脱税はしていませんよ」との証明の意味も有ります。

id:ex-0808 No.3

ex-0808回答回数749ベストアンサー獲得回数222008/04/05 11:54:37

ポイント19pt

再利用といっても官公庁側じゃなく個人側がする可能性もありますよね。

例えば官公庁の人間が何枚かはがして勝手に使ったり売ったりしたら困ります。

id:felix33jp No.4

felix33jp回答回数484ベストアンサー獲得回数32008/04/05 15:18:00

ポイント19pt

だから、使い回したものはだめ、新品を使えということでしょう。

id:blueberry77 No.5

blueberry77回答回数122ベストアンサー獲得回数72008/04/05 20:12:23

ポイント19pt

割り印不要が理解できるのに、なぜ印紙も無効になるのかわからないのでしょう?

答えは出ているようなものですが・・・。

手数料としておさめる印紙ですよね?

お金をもらえない、もらうのが手間がかかるから印紙で徴収しているだけです

なので、

その印紙は、領収書の印紙とちがい、最初から財源、収入として効力をなすものであり、

>割り印されて困ることといえば、綺麗にはがして違法に再利用しにくくなる

ではなく、これが正当なんです。

それはお金の代わりなんですよ。

手数料として代わりに切手をいれてほしいという、取引・・・銀行などでもありますが、それと同じです。

お金だと思ってもらえれば結構です。

id:slendermongoose No.6

slendermongoose回答回数113ベストアンサー獲得回数72008/04/07 11:01:58

ポイント19pt

提出者側が他の書類からはがして転用した場合、きれいにやれば、税務署側では不正の有無を確認できないから、あえて「無効」としていると思いますよ。

要するに現金で払う代わりに、印紙で払えと言っているんですから。

  • id:heroheropon
    heroheropon 2008/04/07 10:00:45
    質問者です。
    すみません、質問がわかりにくかったようです。
    「割り印しないといけない理由」ではなく、「割り印してはいけない理由」です。

    契約書の収入印紙などは割り印することが多いと思いますが、官公庁向けの提出書類(具体例を挙げると商標登録申請書など)は、「割り印してはいけません。割り印すると印紙は無効とみなします」ということになっています。
    この理由が知りたいのです。
    ご回答いただいた方すみません。
  • id:heroheropon
    heroheropon 2008/04/07 11:07:17
    質問者です。
    すみません、質問がわかりにくかったようで逆の意味で解釈された方が多くなり、質問不適切でしたorz
    いったん終了して別の機会に質問しなおします。
    ご回答いただいた皆様ありがとうございました。
  • id:sankei_antenna
    sankei_antenna 2008/04/08 00:50:04
     質問終了後の、コメント欄における答案提出をお許しください。
     お答えとしては、「収入印紙の使い道により、消印できる者が異なるから」ということになると思われます。収入印紙は、2番目の御回答で挙げられている印紙税の納付手段であるとともに、御質問にある手数料などの納付手段としても使われることがあります。後者の納付手段を「印紙による歳入納付」と呼ばれ、一般に「印紙をもつてする歳入金納付に関する法律」[[http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO142.html]]に基づいて行われます。
     印紙税は、課税文書に印紙税額に相当する印紙をはり付け、消印する方法によって納めるのが原則です。具体的には、課税文書の作成者又はその代理人(法人の代表者を含みます。)、使用人その他の従業者の印章又は署名で、課税文書と印紙の彩紋にかけて判明に印紙を消さなければなりません(印紙税法第8条第2項、印紙税法施行令第5条)。収入印紙への消印は、御質問にもありますとおり、収入印紙の再使用、つまり印紙税の脱税を防ぐことにその趣旨があります(なお印紙税の納付に当たり消印をしなかった場合は、1万円以下の罰金又は科料に処せられることになっています(印紙税法第26条第1号))。
     一方、[[asin:4754711262:detail]]によれば、印紙による歳入納付とは、
    >>
     特定の歳入の納付のための手段として、法律の規定に基づき、国がこれらの金銭上の価値を表彰する証票を独占的に発行し、納入者は金銭による納付に代えて、あらかじめ国から購入した歳入相当金額の印紙をもってその歳入の納付を行うこととするものである。
     納付された印紙は収納官庁において収納と同時に消印し、印紙としての価値を消滅させることとしており、これによって歳入金の収納の目的が達成されることになる。
    <<
    と説明されております(173頁)。つまり、申請書の作成者たる申請者は、印紙税の課税文書の作成者たる納税者と異なり、申請書上の印紙を消す権限を持たないということです。
     収納官庁に、申請書にはり付けられた印紙を消す権限が与えられているのは、申請書にはり付けられた印紙がまさに申請手数料を納付する手段として購入されたかどうかを確認する必要があり、これが申請者の印鑑で消されていた場合(消印)、この確認が困難となるからです。
     なお、消印と割り印とは、厳密には違うようです。[[asin:4893467700:detail]]によれば、割り印とは「契約書の正本と副本、原本と写しのように、同じ文面の文書を2つ以上作成したとき、その独立した2つ以上の文書が同一のものであること、または関連のあるものだということを証明するために押す印」とされています。
     申請書の副本のために押した割り印が、うっかり申請書の原本にはり付けられた印紙にかかってしまった場合も、上記の理由から「印紙は無効」とみなされてしまうでしょう。
  • id:sankei_antenna
    sankei_antenna 2008/04/08 06:34:09
     上記のコメントにおいて、参考とした書籍の情報が不十分でしたので、補足します。大変失礼いたしました。

     印紙による歳入納付を説明している[[asin:4754711262:detail]]は、

       香川 俊介編『平成16年改訂版 会計法精解』 (大蔵財務協会(2004))

    です。

     また、割り印を説明している[[asin:4893467700:detail]]は、

       ビジネス戦略法務研究会・館野 完・荒井 浄・古橋 隆之著『通勤大学法律コース 署名・捺印―知らなかったではすまされないビジネスのルール』(総合法令出版(2002))

    です。大変失礼いたしました。
  • id:heroheropon
    heroheropon 2008/04/08 10:03:38
    sankei_antenna さん、100%パーフェクトなご回答ありがとうございます。
    そんなに深い意味があったのですね。
    大変勉強になりました。別途ポイント送付させていただきます。
    ありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません