生物(人やペットも含み一般に生物)が死ぬことについて何を思いますか.自由に書いてください.

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/04/06 14:09:45
  • 終了:2008/04/06 17:20:43

回答(7件)

id:piyocal No.1

piyocal回答回数18ベストアンサー獲得回数02008/04/06 14:14:06

ポイント18pt

悲しいですね、普通に。

平凡な人間なんで、平凡な感想でしかありません。

id:pahoo No.2

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/04/06 14:17:45

ポイント18pt

諸行無常‥‥

id:tonton15 No.3

tonton15回答回数170ベストアンサー獲得回数12008/04/06 14:47:17

ポイント18pt

悲しいことですが、自然の摂理でどうしようもないと思っています。そして、どうしようもないと知りつつ、死が怖くてたまりません。

id:sidewalk01 No.4

sidewalk01回答回数162ベストアンサー獲得回数12008/04/06 15:12:13

ポイント18pt

その生物が構成している物が他の生物へと移る。個体は死ぬが、種は残っていく。

なんというか“つながり”を強く感じますね。

id:n4o No.5

Kyuzo回答回数54ベストアンサー獲得回数42008/04/06 15:28:18

ポイント18pt

「死」と聞くと「平家物語」と「敦盛」を連想します。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響き有り。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す。

奢れる人も久しからず、只春の夜の夢の如し。

猛き者も終には亡ぬ、偏に風の前の塵に同じ。

思へばこの世は常の住み家にあらず。

草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし。

きんこくに花を詠じ、栄花は先つて無常の風に誘はるる。

南楼の月を弄ぶ輩も月に先つて有為の雲にかくれり。

人間五十年、下天のうちを比ぶれば夢幻の如くなり。

一度生を享け、滅せぬもののあるべきか。

「死」は「生を終えること」と思ってます。

id:Gleam No.6

Gleam回答回数2503ベストアンサー獲得回数2382008/04/06 16:41:02

ポイント18pt

私は宗教家ではありませんが、神の存在を信じています。

この世には相反する2つの関係が対になっているものが数多くあります。

恒星の周囲を惑星が回転している形は陽子の周りを回転している形と相似形をしています。

他にも昼と夜、男と女、生と死はもう片方がなければ存在できない関係にあります。


死があるから人生ははかなく、生きる意味が存在するのだと思います。

神は冷酷非情にも思えるものの、子孫を残すための機能と本能を人間に与えました。

それは愛情だと私は信じています。

id:jazzyart No.7

生涯一係長回答回数45ベストアンサー獲得回数12008/04/06 16:50:37

ポイント18pt

個体が子孫へのDNAの継承を行い、その役割が済んだところで死んでいくというサイクルは生物が多様性を獲得し、その生息領域を拡散していくためのプロセスとして必要である。

生→子作り→死のサイクルの短い生物は、より速いスピードで変化し、環境に適応する。

でも、現実に生きている僕たちは、長く生きていたいし、身内が早死にすると悲しい。

  • id:kyokusen
    全ての生物という存在に対し、唯一等比なモノ、でしょうかねぇ。
    仕事が板前見習いなので、日々魚を殺しているのですが、やはりそれは生きていくうえでどうしても必要なものだという風に思っています。自分が死ぬのも、やはり必要で必然なものだと。

    ただ、やっぱり他者(人でもペットでも、魚でも虫でも)が死ぬ事があれば、それなりの感覚がありますよね。その種が複雑な存在であれば、複雑であるほどその感覚ってのはより深くなっていくようにも。意思が通じあう(と自分が思えた)存在であればなおさら、です。

    漠然としていますが、思ったことをつらつら。
  • id:U-tan
    読ませてもらいました.
    ありがとうございます.
    死の生物に対する絶対性はなかなか・・・むずかしいものです.よくわかりません.

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません