奥州藤原氏の泰衡は源頼朝の圧力に屈して義経を襲い、結果として自害へと追い込んだわけですが、どうしてその後、頼朝は奥州討伐を行ったのでしょうか?


泰衡は言うとおりにしたけども「それでもやっぱりやっつけちゃおう」というのが頼朝の発想ということでしょうか?

泰衡が見逃されなかったのはなぜですか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2008/04/10 21:50:00
  • 終了:2008/04/14 17:34:38

回答(4件)

id:powdersnow No.1

powdersnow回答回数1301ベストアンサー獲得回数652008/04/10 22:26:35

ポイント35pt

諸説ありますが、頼朝の目的は、最初から奥州攻略にあったと考えます。

奥州十七万騎と呼ばれる兵力、金色堂でも広く知られる黄金。

平家を討ち、鎌倉に幕府を構えた頼朝にとって、国内最後で最大の驚異であったはずです。

奥州に落ちた義経など、所領も兵も持たない存在で、大した存在ではありません。

ですが、義経単体では怖くなくとも、義経を大義名分として奥州が起つとなると、話は変わってきます。

折良く、藤原氏の柱だった秀衡が死去し、泰衡に代替わりをしました。

少なからず奥州に混乱も同様もあったでしょう。

秀衡の死後、頼朝は義経追悼の院宣をとるなど、圧力を強めています。

泰衡が義経を討てば、史実の通りになったでしょうし、仮に頼朝の圧力を無視しても、それを大義名分に開戦の理由ができます。

義経が討たれた際、泰平の弟の忠衡が討たれたように、どちらに転んでも一枚岩にはならず、奥州に混乱を呼び、勢力を殺ぐ計算もあったと思われます。

奥州を邪魔に感じていたところ、口実となる義経が転がり込み、折良く秀衡も死んだ。

頼朝からすれば、この絶好の機会を逃す理由などなかったのでしょう。

http://www.google.co.jp/

id:Nigitama

ありがとうございます。

うーむ、戦乱の世の中というのは厳しいのですね。

歴史とはいろいろな視点から見なければいけない、

そうは思うのですが、泰衡贔屓になりそうな今日この頃です。

2008/04/10 22:48:17
id:smilydogs No.2

smilydogs回答回数181ベストアンサー獲得回数42008/04/10 22:32:18

ポイント35pt

東国武士による統一政権の樹立ってやつが大義だったようで。

まぁ、平家・義経と敵がいなくなっていって、幕府成立まで家来に恩賞を与え続け、まとめようとした意図も感じられますけど。


http://www2.odn.ne.jp/~rekisinotobira/contents045.htm

http://members.jcom.home.ne.jp/kaskoba/TT_KA01.htm

id:Nigitama

ありがとうございます。

天下を取ろうという頼朝の勢い、すごいですね。

この時代に限った話ではありませんが、

強引でないと幕府は開けないのでしょうか。。。

2008/04/10 22:51:51

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 speedster 767 689 16 2008-04-10 22:50:43
2 seikoudoku2000 33 28 0 2008-04-12 01:29:29
  • id:miharaseihyou
    双方一族郎党を引き連れて軍事力と経済力で睨み合っている状況です。
    お芝居などにもなっていますが、現実にはそんなに生易しい状況ではなかったはずです。負けたほうは一族郎党皆殺しにされるのが当時の現実です。
    平家は頼朝を生かしておいたからこそ滅ぼされたのです。男は皆殺しにされた。
     
    同じようなケースで家康の大阪城攻めがありますが、家来として所領や人質を差し出すのでなければ仮想敵国としてマークされるのは当然です。
    そうでなければ、自国の方が強いと思えば相手を攻めて滅ぼせば良いのですから。首級をあげるとか落ち武者狩りなどが何故行われたのか?
    勝負がついたら現代の常識では人材の確保が優先するので講和が常識ですが、当時はそうではない。

    現代の常識は通用しません。強すぎる家臣すら危険分子なのです。
    徳川幕府が行った大名の改易なども、そういった意味で見れば理由が納得できるでしょう。
     
    こういう事をハッキリと書いているサイトは無いからなあ。これが平和主義ってね。
  • id:Nigitama
    ま、普通っちゃ普通なんだろうけど、
    「現代の戦争」の感覚で見ていると大きなズレを感じますね。

    よく歴史の解説とかを読んでいると
    1xxx 年:A 氏が B 氏に滅ぼされる

    ↑みたいにサラっと書いてあって・・・はっきりいって読んでるほうはなぞですよね。
    つーか、どういういきさつで、どういう理由で (それがただの建前だとしても) そういう結果になったのかを書いてくれないと納得できないというかなんというか・・・
  • id:samasuya
    前九年、後三年の役以来、源氏にとって奥州は、喉から手がでるほど
    欲しい領地だったんじゃないですか?

    米所、馬所の東北地方は、豊かですから・・・。

  • id:Nigitama
    そうですね。

    永承元年と7年に、奈良の興福寺と長谷寺がそれぞれ全焼した際に、とんでもない額の寄進がこの奥州からあったという記録が「造興福寺記」にあるそうです。
    奥州に期待された豊かさは馬の他に「金」、「砂金」が有力のようにも思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません