外資系企業が日本に出来たのはいつ頃からなんでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/04/14 14:00:14
  • 終了:2008/04/21 14:05:02

回答(4件)

id:kanan5100 No.1

kanan5100回答回数1469ベストアンサー獲得回数2752008/04/14 14:42:26

ポイント35pt

http://job.japantimes.com/cl_f_index.php

日本に、最初に外資系企業が上陸したのは、江戸幕府末期のころです。1859年(安政6年)に「ヘネシー」や「I.W.ハーパー」を輸入するジャーディンワインズアンドスピリッツが横浜に「英1番館」を開設したり、オランダ銀行の前身のオランタ貿易商会(ネーデルランシュ・ハンデル・マスカパイ)が長崎の出島に商館を開設し始めました。

 明治時代に入ると、1902年(明治35年)に外銀のシティバンクが横浜に支店を開設しています。食品のネスレや化学・医薬品のバイエルも日本に進出してきました。さらに大正から昭和になると、アメリカン・エキスプレス、フォードやGMなども上陸し、1937年(昭和12年)には日本の外資系企業最大規模の日本IBMが進出しています。

江戸末期ですね。

id:onoderanew No.2

onoderanew回答回数26ベストアンサー獲得回数02008/04/14 14:47:25

ポイント35pt

幕末の頃からいたらしいですよ。

http://ten-navi.com/frn/column/

id:hirotaka-h No.3

hirotaka-h回答回数8ベストアンサー獲得回数02008/04/14 15:42:47

ポイント10pt

 既出の場合は、ごめんなさい。

 幕末からです。具体的には、1859年(安政6年)にジャーディン マセソン社(イギリス人が中国の広州に設立した貿易商社)の支店が横浜に設立され、オランタ貿易商会(ABN AMRO銀行の前身)が長崎の出島に商館を開設しています。


【外資系企業の日本市場進出の歴史】

 http://job.japantimes.com/cl_f_index.php

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 sterwars22 363 271 0 2008-04-16 01:06:50

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません