香水の表記にEP/SPまたはEDT/SPなどとあるのですが、その意味を教えて下さい。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2008/04/14 21:49:50
  • 終了:2008/04/14 22:31:42

ベストアンサー

id:speedster No.3

speedster回答回数767ベストアンサー獲得回数162008/04/14 22:01:50

ポイント60pt

http://www.rakuten.co.jp/fragrance/382163/449575/

香水の種類と容器のタイプですね。


Parfum(P)

パルファム 15~25% 5~7時間 香料が最も豊かで完成度が高い香り。持続性アリ。

Eau de Parfum(EDP)

オー・デ・パルファム 10~15% 3~5時間 パルファムに近い濃度と品格を持ち合わせながら、価格が手頃で、日常的にも使いやすい。

Eau de Toilette(EDT)

オー・デ・トワレ 5~10% 2~4時間 濃度が低いため、場所を選ばずに、いつでも使える気軽さが人気。フレグランスビギナーにも使いやすい。

Eau de Cologne(EDC)

オー・デ・コロン 2~5% 1~2時間 もっとも香りが軽やかで爽やかな香りが多い。気分のリフレッシュに使ったり、スポーツの後に使ったりされる。

ソリッドパルファム 5~10% --- 携帯に便利で、香りの持続性が強い。アルコールが入っていないので、トップででやすいアルコールの香りが苦手な方にはオススメ!

【EPS】とはEDP・SP(オーデトワレ、スプレー)

【ETS】とはEDT・SP(オーデトワレ、スプレ)の略です。

■ボトルのタイプの見分け方

【SP】→スプレータイプ

【BT】→ボトルタイプ(ミニチュアなどに多いタイプとなります)

その他の回答(3件)

id:bluepanda No.1

bluepanda回答回数63ベストアンサー獲得回数32008/04/14 21:59:24

ポイント30pt

EDP:オードパルファン

EP:オードパフューム

SP:スプレー

このようなことだと思います。

id:sibazyun No.2

sibazyun回答回数1744ベストアンサー獲得回数2352008/04/14 21:59:26

ポイント30pt

ここをごらんください。

「フレグランス バイブル」

<------ よく書いてあるEDTとかEDPとかって何ですか? >

http://item.rakuten.co.jp/fragrance/c/0000001036/

なお、EPは、上記のページのEDPですね。

id:speedster No.3

speedster回答回数767ベストアンサー獲得回数162008/04/14 22:01:50ここでベストアンサー

ポイント60pt

http://www.rakuten.co.jp/fragrance/382163/449575/

香水の種類と容器のタイプですね。


Parfum(P)

パルファム 15~25% 5~7時間 香料が最も豊かで完成度が高い香り。持続性アリ。

Eau de Parfum(EDP)

オー・デ・パルファム 10~15% 3~5時間 パルファムに近い濃度と品格を持ち合わせながら、価格が手頃で、日常的にも使いやすい。

Eau de Toilette(EDT)

オー・デ・トワレ 5~10% 2~4時間 濃度が低いため、場所を選ばずに、いつでも使える気軽さが人気。フレグランスビギナーにも使いやすい。

Eau de Cologne(EDC)

オー・デ・コロン 2~5% 1~2時間 もっとも香りが軽やかで爽やかな香りが多い。気分のリフレッシュに使ったり、スポーツの後に使ったりされる。

ソリッドパルファム 5~10% --- 携帯に便利で、香りの持続性が強い。アルコールが入っていないので、トップででやすいアルコールの香りが苦手な方にはオススメ!

【EPS】とはEDP・SP(オーデトワレ、スプレー)

【ETS】とはEDT・SP(オーデトワレ、スプレ)の略です。

■ボトルのタイプの見分け方

【SP】→スプレータイプ

【BT】→ボトルタイプ(ミニチュアなどに多いタイプとなります)

id:masanobuyo No.4

masanobuyo回答回数4616ベストアンサー獲得回数782008/04/14 22:08:58

ポイント30pt

EP/SPはタイプを表しており、ナチュラルスプレー式という意味です。


http://mall.cau1.com/t/searsmk/item2449964.html



フレグランスバイブルというサイトには以下の掲載がありました。

EDTとかEDPとかって何ですか? 

香りのタイプを表示したものです。

一般的に何気なく「香水」とひとくくりに呼んでいますが、実は香りの「賦香率(ふこうりつ)」によって、タイプが違います。

賦香率というのは、香りを構成する成分のうち、香料の占める割合をさす目安です。

賦香率の違いによって、香水、トワレ、コロンと呼び名が変わります。(詳しい分類の仕方は↓下の図をご参照ください)

 日本人には、圧倒的にEDT(オー・デ・トワレ)タイプとEDP(オー・デ・パルファム)タイプが人気ですが、その理由には日本人は会社からそのままの格好で食事に出かけたりなど、ドレスアップをする機会が少ないことがあげられます。

しかし、 賦香率の高い香水は香りがキツイというわけではなく、アルコールの割合が少なく、まろやかで刺激も少なく長持ちする香りになっているはず。 賦香率が高くても爽やかな香料を使っていればキツクは感じません。

つまり、爽やかな香りが長時間続くということなのです。

下の表(↓)は、上から順に賦香率が高いものになっております。

揮発が遅い香料が多い方が、香りの持続性が出るのです。

ちなみに、フレグランスポイントでは、SPとはスプレータイプ、Bはボトルタイプのことを指します。

参考になさってください。


http://www.rakuten.co.jp/fragrance/382163/449575/


コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません