"愛"についての質問です。必ず理由も含めてお答え下さい。

 
 
1. あなたは純愛を信じていますか? 相手が余所見もせず、自分だけを見ていてくれると思いますか? また自身も余所見をしないと思いますか?
 
2. 深い付き合いでも互いに話さない話題はありますか? 経験人数とか、今まで誰と付き合って来たかなど友達なら話せるけど、付き合っている人には話せないことってあると思います。相手にとって知らない方が幸せなことってあると思いますか? 話すのと、話さないことのどちらが愛だと思いますか? それについて、あなたはどう思いますか?

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2008/05/01 03:15:10
  • 終了:2008/05/02 06:22:30

回答(12件)

<前のツリー | すべて
純愛は存在すると思います TomCat2008/05/01 04:44:01ポイント1pt
  1. 純愛は信じています。というか、愛とはそれそのものが誠実の二文字の上に立脚すると考えていますので、誠実さを貫く限りそれは純愛たり得ます。
     
    ただ、それは「余所見もせず」と必ずしもイコールであるとは限らないとも思います。そこまでに到達するにはかなりの人生経験が必要でしょう。人は様々な経験を経て成熟していくのですから、その中には余所見もあれば過ちもあると思います。
     
    自分は一途を貫く覚悟を決めて愛しますが、それは相手に強制すべきものではありません。強制は相手を信頼していない証拠であり、それが一つの不誠実となるからです。
     
    相手を信頼すること。過ちも一時的なものであれば最終的には許せること。そういった要素も純愛には必要だと思っています。
     
    ただしそれは自分の過ちが許されるべきだということにはつながりません。あくまで自分が相手に対してそうしたいということです。
     
  2. 互いに話さない話題は当然あります。それは隠すこととは違いますから問われれば話しますが、人によって話の捉え方は様々です。過去の話をすれば、既に目の前に存在していない相手に対して敵愾心を燃やしてしまったりする人もいますから、そういうデリケートな話題は、やはりそれに適した時と場を考慮して話さないとまずいでしょう。
     
    隠すことは不誠実だと思います。しかし時も場も選ばず打ち明けることが誠実だとも思いません。
     
    まずは、今現在のお前が最後なんだと言いきれること。最初なんだとは言えなくても、最後なんだとは言いきれること。それが大切でしょう。そして必要があれば、時と場を選んで様々なことを打ち明けます。それはおそらく、相手が自分の過去を打ち明けたくなった時と同時でしょう。
<前のツリー | すべて

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません