大数の法則についての質問です。


・コインを投げて、確率が1/2
・サイコロを投げて、確率が1/6
・将棋で先手有利であること

を統計的に証明するためには、

1. 誤差をサンプル数の1%以内までを可とした場合
2. 誤差をサンプル数の5%以内までを可とした場合

それぞれどのくらいのサンプル数が必要なのでしょうか?

※ 重心や技量等に"偏りのない"ことを前提とする。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2008/05/03 23:48:26
  • 終了:2008/05/04 11:25:38

ベストアンサー

id:jun-ten No.1

jun-ten回答回数63ベストアンサー獲得回数42008/05/04 01:55:01

ポイント100pt

1 約1万人

2 約1千人 

大体の目安ですが、統計学的に数パーセント以内で1千人、1パーセント以内で1万人程度見れば大丈夫と云われています。

その他の回答(1件)

id:jun-ten No.1

jun-ten回答回数63ベストアンサー獲得回数42008/05/04 01:55:01ここでベストアンサー

ポイント100pt

1 約1万人

2 約1千人 

大体の目安ですが、統計学的に数パーセント以内で1千人、1パーセント以内で1万人程度見れば大丈夫と云われています。

id:jun-ten No.2

jun-ten回答回数63ベストアンサー獲得回数42008/05/04 02:08:26

ポイント100pt

すいません、補足ですが、上記の質問で、コインやサイコロの場合と、将棋では状況が異なります。私が回答したのは前者の様に、全く偶然性に因る場合のことです。後者、将棋の場合は、かなりサンプル数が減るでしょう。(サイコロの十分の一位ではないでしょうか。)

同等の実力で将棋をしたら、先手が明らかに有利である、等理論的な裏付けの要素が強いものほど、少ない人数で証明することが出来ます。

id:raxhmi

ありがとうございました。

2008/05/04 11:25:01

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません