よく言われる、日本が植民地時代に行った犯罪行為について教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 登録:2008/05/04 03:15:05
  • 終了:2008/05/11 03:20:02

回答(9件)

id:kin1974 No.1

kin1974回答回数1139ベストアンサー獲得回数232008/05/04 03:31:28

ポイント16pt

日本は、朝鮮の各地で盛んに繰り広げられた反日独立運動を弾圧し、何の罪もない人びとを逮捕、投獄、虐殺した。

  1919年に朝鮮の独立を求めて起きた3.1人民蜂起の時には、朝鮮人民を銃剣で突き刺し、首に縄をかけて絞め殺すなど、3か月間にじつに7,500人余りも虐殺した。

  生きるすべを奪われた朝鮮の人びとは、住みなれた故郷を後にし、国外に流浪しなければならなかった。

http://www.chongryon.com/j/cr/1-1.html

id:string_buffer

7500人も虐殺したというのは初耳です。

2008/05/04 03:59:12
id:moujyu No.2

moujyu回答回数8ベストアンサー獲得回数12008/05/04 03:40:38

ポイント16pt

「強制連行」というものがあったそうです。こんなサイトがありました。

http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daiyonjuuhachidai 

id:string_buffer

犯罪とはいえませんね。

2008/05/04 03:58:17
id:PHILOSOPHY No.3

PHILOSOPHY回答回数18ベストアンサー獲得回数12008/05/04 03:55:34

id:string_buffer

これも諸説あって犯罪ではないとおもいます。

2008/05/04 03:59:58
id:truth_or_gossip No.4

truth_or_gossip回答回数110ベストアンサー獲得回数52008/05/04 06:57:43

ポイント16pt

意外と知られていないのが、台湾ですね。霧社事件で、台湾の原住民が日本人を攻撃し、日本軍が親日派のタイヤル族を用いて、敵対する原住民を鎮圧し、部族内部での争いを助長させましました。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%A7%E7%A4%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B...

id:takokuro No.6

takokuro回答回数262ベストアンサー獲得回数32008/05/05 01:37:16

ポイント15pt

日本侵略の歴史・・・という視点から・・

①ペルシャノゾロアスター(a人格のある神を頂点に置くb資本を最大最優先価値におき、効率化、格差拡大化するc二元論視点(簿記論の基本)で大衆の思想管理)時代前から

 資本最優先主義哲学をウィルスのように

 各民族に感染させることで

 自分達の実質資本を確実に増やしていくが

 被侵略民族の

 地盤の自然環境と共生して得た智恵を伝統文化でできた宗教儀式なども

 国名も以前と同じだが、

 内容が資本主義化、商業化に改竄されたものとなってるのが特徴、

 人間である宗教者が政治的権力者よりも

 カリスマ性を強調することで

 政治権力者にも指導的な立場に立つことも特徴

 

 満州民族の祖、渤海、金王朝、明王朝、清王朝・・・中国大陸の歴史

 

日本側がその勢力の侵略政策を自覚し悩まされ始めたのは・・

足利時代・・by満州民族系

 元寇、倭寇、高僧、僧兵など日本人として住み込み、権力者に

 密貿易兼海賊業で利益を、

 宗教で精神的洗脳を、

 軍事コンサルタントとして政権の維持拡大防衛を

 与えることで

 その政権に裏で君臨 

②カトリック宣教に扮し、

 ザビエルが印ゴアで蘭商人の支援で

 ①の海賊に導かれ

 九州に侵入し、

 京都の朝廷の弱体化された状況を把握し、

 蘭人に報告。

  ↓

 江戸時代

 独蘭系シーボルト・・・蘭政商に雇われ

 上記①の勢力と連携し、

 ザビエルの情報のあとの

 中国侵略とともに日本にも

 資本主義化哲学人脈(イネら蘭学者と①との連携)の地盤をつくり、

 ①に侵された政権である清国に

 アヘンを反乱させた香港ジャーディン・マセソン商会の社員・英蘭満州民族系人脈のグラバーへ引き継ぎ、

 大衆洗脳段階に入り、

 薩長で下級武士を洗脳し、

 農民・大衆をやーやー一揆で幕府を支える藩を攻撃させ、

 日本の防衛機能である江戸幕府を攻撃させ、

 衰退してる朝廷ののっとり計画(戊辰戦争の別の一面)

 英蘭医師工策員・ウィリアム・ウィリス、英ジャーナリストのち外交官A.サトウ、ギリシャ系英工策員・小泉八雲ら

 薩長、土佐、伊予を使い

 日本の防衛機能を弱体化させるため

 戊辰戦争をひきおこさせる

 同時に、日本の社会哲学(α大自然があらゆる生物に与えた恵を最優先にし、

 その原則の下で、

 β人間が人為的に作り上げた価値観、富と流通を作るシステムの

 資本主義経済活動を制限する哲学・・神道・・

 その為に、土地、大地、山川海空大きな岩、大木などは

 大自然の神からの賜りもの(α)として

 人間が人為的に作り上げた価値、金銭や物による価値換算(β)することは

 ご法度とする社会哲学・・

 (社会主義や共産主義と一部共通価値観ですし、

  資本主義を全否定したものでもなく

  制限した資本主義という視点です)

 お金に換算する価値観βを『穢れ』として

 αの下位におく哲学が日本古来家康まで守られた神道だが、

 武器の流通を握ってる茶屋四郎次郎が

 政権に強く関与し、

 子育て、大奥の人事も支配し、

 お福が採用され、

 家光などの将軍ができ、

 家康はなかなか隠居できなかったし、

 死後も宇都宮、日光に彼の哲学・質実剛健、嫌華美がやぶられ

 日光東照宮が出来上がる・・

 このあたりから・・江戸幕府の中枢とともに、

 神道も侵され、改竄されていく・・

 その形式、建物、衣装、儀式はよく似ていても、

 哲学と自分たち渡来勢力が、その権威を将来掌握できるようにと

 ご利益宗教化、商業化、資本主義化させていく・・

 (稲荷神社、道真の学業成就の天満宮など、神社に祭られてる大国主命が

  大黒さんと打出の小槌がおかれたり、

  海を渡ってきた海賊らの紋印・青海波を

  宗教の中に組み込んで、世界戦争へと向かった明治期の伊勢神宮が存在)

③倒幕したあとの

 裏にグラバーと①がいる薩長(桂小五郎=木戸孝允)政権の明治政府が

 ①満州民族の移民(朝鮮半島の現・韓国や台湾)が日本人成りすまし、

 また、中国大陸の祖界でできた①と蘭英独とのハーフの子孫が

 実権を動かしてる内務省から派遣され、知事に就任し、

 地方行政から自分達の日本侵略に都合のいい市街つくりをしている・・

 地元出身の知事は、内務省の政治的な圧力ですぐ倒される

 開国前年、英一番館や米領事館を横浜に建設した

 韓国からの移民建設会社・鹿島組が、

 明治政権では鉄道、諸施設を手がけ、

 日本の企業として

 日本の海外進出と共にアジアに進出し、

 戦争の布石を打っていく・・

 他方、韓国人系移民が欧米から技術を得、

 商売にして利益を築き、理化学研究所を設立させ

 寺田寅彦など、独へ渡り原発研究や地震研究を進めさせる

 地震は、資本主義化を勧める為に

 街づくりを一から始めたい地域や

 資本主義化を制限する日本文化の遺跡が残っているや人脈がのこっている地域に、

 起こし、

 知事らを派遣し、

 区画再編でかつての地域のつながりを断ち切り、

 ニュータウンとして

 ①勢力が主導者として君臨する行政区画を作り上げる

 満州民族が

 大政翼賛会など大衆のリーダーとして

 政財界でもグラバー資本と人脈で力をもち、

 軍部でも皇統派が内務省と連携し、主導権をとり、

 ファシズム化させ、

 『天皇陛下、万歳!』と大声で叫んで

 日本軍として開戦し

 自分と同胞の中国大陸の朝鮮、中国人を侵略したということ・・

また、『ビルマの竪琴』の水島斥候がチベット僧に扮したと様に

今のチベット問題も

歴史を振り返って冷静に考える必要があるような気がします

ビルマでは男性は必ず一度は僧侶となる習慣があり、

国民性全体からいうと、

大変、宗教的な国家文化をもつものの

全ての僧侶に宗教性を他国よりも求める状況でもない・・

日本で軍服をきることで国を守ることが可能だったのが、

ビルマでは袈裟を着ることで国が守られるというなら

不可思議はありませんが、

むしろ、

袈裟を着た軍人が多くいたということかもしれません。

兵器を手にした軍人とは限りませんが、

工策活動をすることで情報を自分達の国を守ってくれる武器をもった強国に

情報を売ることで

自分たちを守っていたのではないでしょうか・・

ビルマの人食伊人種・カチン族がいる中で、

ビルマ僧の服装はどこに行っても

食べられないし、

反対に食事を与えられる・・不思議な立場だし、

不思議な宗教にも思えます・・

フツーの仏教なら、

殺人や人食いは僧の立場から

反対し改めさせるのが普通に思えるのですが・・

ケッペル博士も

各国の記録マンガ?に

アジアでの

人食い人種を記録されてのを思い出します

日本では将軍謁見で御簾から女官が珍しそうに覗いてるところ、

江戸へ立つときに、

村人が別れを惜しみ、

峠をいくつも越えて見送りをしてくれ

とてものどかで人間的な人思いの日本人の姿が描かれています

米宣教師パール・バックの「the child WHO NEVER GROW」にも

他の周辺アジア諸国との大きな違いとして

庶民レベルでの礼節の高さ、

人への思いやりなど人権?に対する意識の高さ、

習慣の美しさなどが

エッセイとしてえがかれています。

時代背景としての参考になると思います

  HTTP://WWW.DUMMY

id:wacm No.7

wacm回答回数288ベストアンサー獲得回数42008/05/05 17:52:17

ポイント15pt

いわゆる戦争犯罪には明確な回答ができませんが、

文化的な背景として、アジア人への殴打・ビンタが挙げられます。

タイや仏領インドシナをはじめとして、頭部は神聖な部位とされています。

触れてはいけない部位を触れる、さらには殴るといったことは当時の軍の無思慮だったと思えます。

http://gbiz.jp/tai12.htm

タイでのビジネス・観光・留学のためのマナーや常識、文化を紹介

他に参考サイトです。

http://www.diplo.jp/articles05/0508-4.html

自らの戦争犯罪に直面する日本

林博史

関東学院大学教授、

著書『裁かれた戦争犯罪』岩波書店、1998年、

『BC級戦犯裁判』岩波新書、2005年

id:string_buffer

南京虐殺はナチスのホロコースト以下ですな。

2008/05/05 21:57:09
id:takokuro No.8

takokuro回答回数262ベストアンサー獲得回数32008/05/07 06:41:43

ポイント15pt

http://www.dummy

ナチのホロコーストも調べてると

色々、胡散臭いデッチ挙げのような手記などが残っているようです・・

(しかも・・その後の歴史に照らしていくと、

 これらの手記が訴えてることに整合性があるので再度検討すべきではないでしょうか?

 大衆ユダヤ人たちを残忍な被害にあわせた真犯人は

 実は巨大資本家で親分として頼り信頼していた世界的な巨大資本家軍事戦略家である同じユダヤ人資本家であったり、

 日本含めアジアでの惨劇も

 実は、ユダヤ巨大資本家と満州系巨大資本家である商人が

 協力して仕組んだ内紛、内乱、テロ、そして戦争へ発展したという視点からも見ないと

 難だかユダヤ人の富豪の祖父をもつ絵を愛し、子供好きで、建築家を目指し、

 大恐慌の中、まじめで勤勉な労働者はドイツ人であろうとユダヤ人であろうと

 巨大資本家のユダヤ人金融家(ウォーバーグなど)に搾取され、

 市場から資金を引き上げては恐慌を起こさせ

 その度に善良な経営者は倒産していき、

 その都度に巨大資本家であるユダヤ人だけが大金持ちになっていく・・

 大衆の常として。。。

 強いもの大きい者には卑屈で、

 少しでも弱いものには傲慢であるという資本主義社会で

 ドイツ大衆国民がユダヤ人大衆に

 仕事のライバルとして敵視していくのは

 ある意味、動物的に自然なことかもしれない・・

その巨大ユダヤ人資本家への怒りと

独・ユダヤ人ともの搾取されるがままで愚かにも仲間同志で憎しみ合いを高めていく大衆を見ていて、

恐らく!ヒットラーは

大金持ちの祖父が

まじめなクリスチャンの召使をしていた祖母を手篭めにし、

自分の父を私生児として生みながら

現金だったことへ常日頃から、ユダヤ人巨大資本家に対する反感があったのは

納得がいきます。。

ヒットラーが最初に旗揚げしたのは、

こうした社会状況の中で、

独大衆とユダヤ人大衆とのいがみ合いが高まってきたのを

何とかしようと、

移民政策を考えたのが発端ということを

地味ですが書かれたものがあり、

彼の最初の支援者が

ユダヤ人オッペンハイマー(アフリカのダイヤモンド鉱の権利を英ロスチャイルドから託された一家

渡米後はマンハッタン計画“原爆の父”の一族

ソロモン・ブラザーズというロスチャイルドなどと総合持ち株協力関係。南アフリカの世界最大金・ダイア・鉱物資源の多国籍企業、世界一の金、ダイヤ・シンジケートのボス=デ・ビアス社、南アの80%金、ダイヤ市場を牛耳ってるオッペンハイマー一家が

渡米し、

ソロモン・ブラザーズ証券会社は表向きTOB買収されたとして、

国際金価格を

ロンドンのシティから米ウォール街へと移し、

かつ!世界侵略植民地国家として英国から米国へ

役者を替え、

ベトナム戦、中東戦でブッシュ共和党により米国のブランドが傷ついた時点で

日本を使っている・・

九条で軍事に利用できないので

満州系日本人なりすまし工策員が

NASAなどで研究者として入り込み、

アメリカの武器を使って

これから何かをしでかすつもりではないだろうか?

世界の第二資源産国のソ連経済を縛っていたのも

このオッペンハイマーら巨大資本家ネットワークの作り上げた

世界で唯一の金流通システムに縛られている)

マックス・ウォーバーグで

制服代として100万マルク政治献金し、

政商としてその後、ヒットラーを駒として利用することになります・・

(マックス・ウォーバーグ・・・ロスチャイルド系ユダヤ金融家、

 兄弟のポール・ウォーバーグは独皇帝ウィルヘルムⅡに美人妻をあてがい、

 忠臣ビスマルクを失脚させ(1890)、

 英皇室とも疎遠にし、

 政治からできるだけ遠ざけ、

 ウォーバーグ自身がコンサルタントとして

 実質的な政財界・軍事判断をしていたが、

 皇帝の資産預金は、彼が投資することで預かり

 亡命という形で

 皇帝職から退位ということになるわけですが、

 これも大衆が思ってるのとは実態はまったくちがう局面が垣間見れます

 そこから感じられるのは、

 実は各国皇帝などは

 そもそもは大衆のリーダーとして擁護者であったのが

 巨大資本家らに様々な欲攻撃をされ

 他方で世界ネットワークから戦争を仕掛けられ

 また、防衛のために抗戦し、

 そもそもが

 各国での大衆の擁護者であった王室などが

 大衆との不信感、隙間風をふかせることで、

 国民から展望能力のある王室や将軍などを失脚させ、

 丸裸にして、

 政財界にネットワークも展望力もない与えられた洗脳情報に翻弄される

 国民を作り上げている・・?

 おバカな国民を

 ますます歯止めが無いようにする為に、

 国民をも王室や権力者をたぶらかしたのと同じように

 セレブとして

 質実剛健という実質を見抜いて、

 その充実、質の向上を求めていく視点を奪って

 薄っぺらな資本主義化を加速していく・・?のが

 バブルの目的?(現、中国、アフリカ、インドなど)

 (同時に大衆を啓蒙という形で皇帝との対立を強めていく)

 皇帝の美人妻が

 皇帝を亡命させたあとの政財界片づけを

 ウォーバーグと共にして、

 皇帝自身は

 所詮、各国の巨大資本家羅のネットワークのもとで

 戦争をする羽目に陥らされ、

 国民からは搾取者として憎まれるなら

 政治や戦争などストレスフルなものから開放され

 何不自由のない生活を楽しむことを選択・・

 ウォバーグ一家はドイツ政府の黒幕として 

 中国膠州湾、トルコのバグダッド、カメルーンに侵略を進め

 Ⅰ、Ⅱモロッコ事件

 1918:皇帝退位させ、

 一旦、ワイマール憲法で大衆を

 文章(法律、シナリオなど)で拘束し、

 大衆からでた素人の政治家を財界から揺さぶり、

 大衆を煽り、都合の悪い政治家を失脚させていく

 世界大戦に向かわせる段階で・・

ヒットラーのナチス党が登場というシナリオです・・

 ポールは

 世界大戦終焉には、渡米し、

 FRB議長となり、

 世界大戦後、世界中を資本主義化を進めるために

 敗戦国からは賠償金、戦争債権の返済窓口として

 敗戦で経済が苦しい中、無理やり各国家に返済を負わせ、

 国民に負荷をかけ、国内の社会も資本主義化させていく

 英£からアメリカ$を国際通貨にして

 アメリカに中央銀行本店(ウォール街)を作り、

 国連組織で世界銀行など資本主義経済の特徴であるの利息、リース、保障、リスク、土地不動産への貨幣価値を広げていく基本の組織作りをする。

 社交家タイプでなく自然愛好家のヒットラーに

 いかつい制服や挨拶で

 厳しさを演出し、冷酷なイメージを作り上げる

 また・・マックスの従兄弟のフェリックス・ウォーバーグは

 独国防軍情報部長として

 封印列車を用意し、

 レーニンをロシア革命のケレンスキー暫定政権に届け

 敵国のはずの米ロックフェラーのウォール街と協力して

 トロツキーとでソ連建国をさせ、

 建国債権の貸出やインフラ工事、

 広大な資源開発の契約を独占しているのが

 米資本Bank of America, First National City Bank,

チェース・マンハッタン・バンク、デゥポン、Union Carbite(化学・飼料←日本のチッソ?、ペプシ・コーラ、コントロール・データ、AMEX、GE、IBM(戦前からアジアに進出している日本のミネベアの黒幕、ヒューレット・パッカード、ITT、オキシデンタル石油、等・・・冷戦、二極化危機が叫ばれてる時代の共産国や社会主義国家での真相・・S60年矢島鈞次教授)


 ロスチャイルド家、シッフ家、バルーク家とは、フランクフルトのゲット時代から、親類縁者でもあり、

 ポールが渡米してからは、

 ロックフェラー家、ルーズベルト家とも血縁


「ジャパン・ペーパー」問題を追っていたと言われる民主党の議員、石井紘基は、"何者かに”刺殺された

黒幕は・・

満州系人材(山口組・安倍・渡辺・最近は細川氏など一世?など)と

蘭英独ジャーディン・マセソン商会のアヘン戦争利権者の代表としての米ブッシュ一族・CIA、米共和党と

ペルシャ直系中国アジアに元も早くから満州民族の資本と共生してきたイスラエル教系カルトの秘密情報機関、モサドと

公明や日蓮系立正会など仏教系カルト、

神道系カルト(えべすさん、大黒さん、七福神、明治期以降の伊勢神宮、天満宮などご利益ものや商売もの・・

日本の神道は

大自然があらゆる生き物、山川海水大きな岩等々に

分け隔てなくもたらしてくれる自然の恵みを

金銭に価値換算したりする資本主義という

人類が考え出したシステムを

『穢れ』として見なし、

あくまでも、

大自然の理を克しない範囲での資本主義の利用に抑制して

遠慮して、

謙虚に利用すべきという哲学・・

それを満州民族らが江戸中期頃から

資本主義化させていく工策を神社や祠に施していく・・)

大国主命⇒大黒さんと打出の小槌とともに放置して

御参りしたらお金が落ちていたなど・・)

アジア系マフィア資本なのか

石井紘基氏を暗殺せざるを得ない立場の組織は

世界大戦の実際の首謀者であるだろうし、

自分達のした犯罪を

ヒットラーに冤罪させることで

勤勉で実直で器用でまじめで誠実な独国民から賠償金をせしめたのだろうし、

ブッシュは911テロをアフガニスタンを攻撃する理由にして、

真相を知るフセインを即刻死刑にして口封じしたし、

北鮮関連の諸事件(大韓航空事件等、拉致も)の真相を知る

よど号犯人の一人、田中義三氏を

安倍氏は首相就任早々の元旦に、殺害している・・

中曽根(実際は韓国系満州民族?が幕末より

 日本人として抗日活動し、伊勢神宮を拠点にし、明治期天皇の系図を変え日本の歴史を改竄してきた鹿島則文や鹿島組の一族。

伊勢神宮は元海賊のマーク「青海軍経理学校卒後、

日本の陸軍が瀕死の苦戦をして

何度も撤退を要望したのに

知らん顔して悠々と海で英国風料理でふんぞり返っていた人種?

ノーパンしゃぶしゃぶ日銀総裁は彼の海軍経理学校時代からの仲間)

レーガンの滅茶苦茶な日本経済つぶしをもちかかられてるのに

反対した中川一郎農相は

御正月の最初の支援者講演会で所信表明をした翌日、

ホテルの浴室で暗殺されている・・

満州系資本家らは平気で人殺しもするし

歴史改竄も

冤罪も平気?

ヒットラーこそ、

もし、万が一にも冤罪ならば、

これほどまでに卑劣な行為はないのではないか?

世界中のどんな非情な事件にせよ、

これほどまで人の人格を踏みにじった事件はないのではないだろうか?

オウム麻原しかり、

東京裁判しかり、

反対に戦争で卑劣なことをしてきた人物らが

東京裁判でも釈放され、しかも、

戦後の復興で政財界、研究者、権威として

大手を振っているし、

佐藤首相のように

法相が辞任するほどでも

何ら逮捕もされずに

反対に

ノーベル平和賞を受賞している

(ノーベルもブッシュ家と共にナチスに武器供給していた一族)

H17年10/31:“カナダ”の「バリック・ゴールド」(グレゴリー・ウィルキンス社長が

  カナダの「プレーサー・ゴールド」をTOBし

  世界一の産金埋蔵量となり、

  オッペンハイマー一族のアングロ・ゴールドは世界3位になる

  国際諮問委員会・・・

   初代上級顧問=ブッシュ・パパ。2002年、退任

   パウエル卿(ジャーディン・マセソン・ホールディングや

         ルイ・ヴィトンMHの会長)

   カール・オットー・ペール(ECBのモデルの独中央銀行ブンデス・バンク元総裁

   ECB創立のリーダー

   独の投資会社サル・オッペンハイム(デビアス社の創始者がアーネスト・オッペンハイマー)の取締役

   ユニリーバの元取締役

   ロイヤル・ダッチ・シェルの元取締役

   JPモルガン、ロールス・ロイス、カーライル・グループの諮問委員会メンバー

つまり・・

米共和党CIAブッシュ政権は

米国民の利害を代表してるのではなく

独蘭(結局はザビエル⇒シーボルト)から

英満州(グラバーのアヘンはじめ武器商人・香港ジャーディン・マセソン商会)に起源する侵略(資本最優先主義)勢力に姿を変え、

アジア侵略を満州民族資本と協力して進め、

他方、ロスチャイルドのかつての拠点での英国では・・

独蘭オットー・ペール(欧州銀行、ユダヤ政商資本)が、

エジプト生まれのダイアナ妃の婚約者カショギ一族をも

侵略し尽くそうと、

ダイアナ妃がカショギ一族と婚姻することで

英国の財政をEUに吞み込まれずに独自性を保つ自由を守ろうとしたが、

恐らく・・オットー・ペール側の利害者により

暗殺され、

フセインはブッシュに処刑され、

巨大資本最優先主義の侵略に呑まれてしまいかけている・・?

ベトナム戦での不毛な戦いに疑問を抱き

米国民にテレビで直接訴えたロックフェラーの傀儡大統領ニクソンを失脚させたウォーターゲート事件の上院特別委員会副委員長の

駐日大使だったベーカー氏は

ピーター・ムンクのバリック・ゴールドの大親分・オットー・ペールの指示で

ニクソンを失脚させ?

ベトナム戦での秘密を守った?

ベトナム戦は実は油田戦争でエジプト中東の力をそぐ為と

アジア諸国、特に中国、日本の所有にしては

自分達の世界征服の邪魔になるとして

是非とも必要だったということ・・

泉井石油商は一体日本のどの政治家に冤罪させられたのか?

当時、国民視点の政財界人を失脚させる失脚屋は

渡辺親子と岸系人脈・・

(渡辺ミッチーは戦中陸軍でシナで抗日活動し、

 戦後、GHQの通訳として

 何も知らない米国に

 アジア侵略のベテランとして指示していたのが実態・・)

独蘭系オットー・ペールが

米英をEUの支配下におく為に

元々は英からの移民で世界大戦では

ウォーバーグらと共に米人としてナチスに武器を調達していたブッシュ一族共和党を

カーライルとベリック・ゴールドで一気に巨大資本家にしたハンガリー系ユダヤ人のピーター・ムンクらを使って

巨大資本主義による世界征服の邪魔者であるエジプトのカショギ一族を

克していたという構図・・・

ダイアナ妃と『炎のランナー』ノプロデゥーサードディ・アル=ファイドの一見パパラッチの行き過ぎた取材の結果ということになって、

黒幕は英国王室の嫌がらせのように大衆には思わされているが

本当は・・

EUの中央銀行の集金性?資本吸収力に群がるオットー・ペール傘下のマフィア資本家らではないだろうか・・

独蘭はアジアでの植民地活動でも古顔だし、

また鹿島組とも明治期より日本で西欧化するときには

技術協力をしたり顧客でもある・・


ピーター・ムンク・・

 ハンガリー系ユダヤ人

 急に巨大資本家となって現れているので調べてみると・・

 EU中央銀行のリーダーの独蘭オットー・ペールや

 彼の巨大資本による世界侵略に歯止めをかけようとしている

 エジプト系のアドナン・カショギとの勢力が

 カーライルに対してと同様に

 掛けられていたようです・・

 ということは・・

 武器商人としてマスコミでレッテル貼りされているカショギは

 巨大資本により世界征服を進めてるが

 それを武器力で抑制しようとしてるのがカショギということなんだろうか??・・??

 いずれにせよ、ブッシュ米共和党CIAは

 米国民の利害ではなく、

 資本主義化世界侵略資本と武器商人との間に立たされてるというのが

 彼のコロコロ変わる立場の原因で

 また、多くの国民の反対を押し切って

 わがもの顔に国政、世界政治を動かすことのできる根拠なのかもしれない・・

 でも シティがHSBCに打ち負かされ

 失脚がはっきりされたサミットでは

 ブッシュは狼狽がかくしようがなかった有様だし、

 何もかも(ブッシュなりの苦しい胸のうちの)真相を知ってるからか

 プーチンと会っている・・

 一体、アメリカとしてしてきた戦争の本当の首謀者ら、

 濡れ手に粟の人物、組織は誰なんだろう・・??

 

 ブッシュ共和党政権の動きは

 米国民の代表と考えるのではなく、

 ブッシュ一族とカーライルとが絡むアショギの本音を

 米国民の命と税金で戦争を仕掛けてると考える視点・・

 そしてオバマの役割は、

 このアフリカ系ダイヤや金利権代表として

 オットー・ペール(欧州中央銀行)やスイスのサル・オッペンハイム銀行に益するように、

 クリントン勢力を抑えて

 共和党に勝たすための

 仏大統領選挙でサルコジと競った女性議員のような

 当て馬か

 本当に、南アフリカの金やダイヤのシンジケート・マフィアの

 代表者として

 米国に君臨するのか・・

石井議員が暗殺されたのは

ユダヤのホロコースト論の

巨大虐殺施設を否定した文章をのせた『マルコポーロ』廃刊事件から10年たっている

大衆シオニストらが神としてるものは

実は資本主義により世界中の富を一手に掌握しようとする

世界征服を目論む巨大資本家を神としていることはないだろうか?そそもそも、神道では人格を持つものには

煩悩があるとして

大自然の理に反してしまいがちで

だからこそ、

無心の自然界に神の意思を読み取ろう、学ぼうとして

動物でも岩でも川でも木でも神として大切に考える・・

人間は「偽の神」に陥りやすいのは

仏教でも西欧のユダヤ教、イスラム教、キリスト教にせよ

ゾロアスター系列の二元論でできた人格をもつ神、仏を奉ることこそ

煩悩に近づく所以かもしれないし

これまでの歴史で

巨大資本家として君臨してこなかった宗教団体があるだろうか?

大変に巨大資本と結びつきやすい体質があり、

それら哲学が

地球の将来を危機に至らせてるのではないだろうか?

人類のリーダーは地球のリーダーでもあるわけで

それが

これら巨大資本とリンクすることに情熱を燃やし続けてる組織と無関係ではないはず・・

地球を救うには

それら巨大資本に群がる利権者組織を解体する勇気を

巨大資本家トップは持って、

そういう政治家を支援すればいいわけと思うが、

きっと、マフィアや山口組、統一教会、法輪功などテロリストの脅迫があるのだろうけれど・・

これらマフィア集団は

最終的には

弱肉強食し合うことになるのだから

その中で先見の明がある組織はないのだろうか?

破壊へと突き進むあらゆるものを資本に換算する資本最優先主義主義を

きっぱり!捨て去る勇気のある勢力はないのだろうか?

それがエジプトらフセイン勢力だったとすると

大衆世論は

彼を追いやったことになってしまう・・

東京裁判のように・・

戦争主犯者をたたえ、

国民のために必死で戦争回避と早期撤退に努力した恩人を

戦犯としてしまっている・・


又、昨日、どこかの国で大型サイクロンで

100万人だか亡くなったというが

阪神大震災のような街の破壊を想像するに・・

そもそもこういう大規模な自然災害が頻発し始めたのは

バブル期ごろから

どんどん頻度が高くなっている

以前はこういう大規模な竜巻やサイクロン,台風、地震、黄砂など花粉症・喘息はじめ、

何年も人々やニュースの話題になるほど滅多になかったのを思う・・

こういう大型破壊にはゼネコンが一時的にバブルになったのを考えると・・

道路賊はじめ疑う余地は大有りではないだろうか?

年表をみると・・・

日中戦争と、

日蘭、日印、日ソ石油交渉成立後の独伊との三国同盟と

特高やファシズム経済体制、国家総動員法などをひきおこしたきっかけになってるのが

陸軍皇軍派ら若い将校らの抗議テロ?1936年2.26事件の鎮圧で

一見、彼らがファシズム化の犯人と思い込んでたのですが

どうも、反対で

満州系人材が陸軍の首脳をのっとり、

初めから負け戦と決まりきったしかも

隣国との開戦に向かわせようとする斉藤実内大臣、渡辺錠太郎教育総監や

満州系資本に日本売りをする高橋是清蔵相を

を殺害してるとすると・・

とんでもない逆の誤解をしていたことになると思いはじめ、

又、調べると・・・

韓国系日本人の高峰譲吉の資本で作られた理化学研究所で

同年、サイクロンが完成したと発表されてるが

寺田寅吉が漱石に地震が近々起こるかもしれないから気をつけて下さいとドイツへ留学したのはM42年3月、

(江戸時代、渡辺崋山は頻発する地震事件に不審になり、

 地震抑制機?を作ろうと

 丹念に発生地調査をしていて

 投獄され処刑されている)

同年、岸信介が

満州国国務院実業部総務司長に就任し、

軍獣防疫廠(軍馬、家畜に対する細菌兵器の開発、人体実験)を、

満州に設立されている

(関東大震災時から王希天の指導の下で

外国人だと生物兵器研究者の渡辺政雄がいう上原陸相のもとで

牛タンソ菌などの量産研究開発がされ、

この技術がここで活用された?)

京大卒後、徳島で新種の生物兵器・『日本脳炎』を発見してから

出所を突き止める為に世界中を廻り

独仏へ2年間留学し帰国直後に設立した731部隊のリーダー石井四郎氏の研究実験を基礎に創設され、

生物兵器として炭疽菌、鼻疽菌、牛疫ウィルス、

その他の流行性獣疫菌の

大量培養製造をしている

1936(S11)には以下のことが行われその結果として日中戦争,世界大戦となっているが

その前年、S10年には

日産自動車設立者の鮎川義介が【河豚】(フグ?)計画を立案してるが

実務面では陸大佐・安江仙弘(のりひろ)、

海軍大佐犬塚惟重(これしげ)らがリーダーとなり

ヨーロッパで迫害されたとするユダヤ人を

満州国に招き入れ、自治区を建設する計画をたてている

(大衆レベルで大衆のユダヤ人を迫害してるが

 本当に抗議すべきは

 ユダヤ人大衆を巧みに利用し

 巨大資本を自分に集約させていくユダヤ政商など巨大資本主義家のはず。

 大衆はここでも過ちを犯してしまってるし、

 ユダヤ人大衆も

 まちがった哲学の悪者の手先になることを拒否する勇気と正義感を持つべき・・

 

(ⅠWWの大正期の寺内内閣が、

 ロシア革命で亡命してきたトルコ系イスラム教徒(トルキスタン)が

 一旦、満州に亡命し、そのあと渋谷に自治街?を作り、

 モスクも作り、

 移り住まわせているのを繰り返そうとした?)

が、

ヒットラーの独の反対により結果的には頓挫している・・

また、当時のナチス独では

日本は【支那】の一部と見なされてるのは

ある意味真実で、

戦争主導者らが支那の満州に由来する人物だからではないだろうか?

単純に、ドイツ人が無知だというのではなく、

ナチス政権そのものが

日本政府をまともな国家として扱わなかったのが

印の独立運動家・中村屋ボースやチャンドラ・ボース(英に侵入しようとソヘ渡るために当時は成りすまし日本領だった台湾で飛行機事故で暗殺)を支援し、自分たち日本も完全な独立を願ってる本当の日本人は

 チャンドラボースと情報なども共有している

 ⅡWW勃発と共にインドを脱出し

 陸路アフガニスタン、ソ連経由でナチス独に亡命し、

 2000人のインド人でSS自由インド軍団を組織し、

 英からの独立のためにナチス独と協力して戦うが・・

 (がそのナチスも実態は、英ロスチャイルド資本の

  ウォーバーグとオッペンハイマーが掌握してるとは

  露知らない・・)

 1943年、対英として

  インド進攻を決した日本軍は

  ボースに訪日を要請し、

  独潜水艦U180で仏ブレストから密かに出港し、

  4/28:インド洋で日本の伊号第29潜水艦に乗り換え、

  東京に到着し

  以前から日本で独立運動をしていた

  中村屋のボースやAMナーイルと合流

  10/21:日本統治下のシンガポールで

  【自由インド仮政府首班】に就任し、

  インド国民軍は彼の傘下に入り、

  大東亜会議にも参加する

  英領マレーシアや香港で捕虜になったインド兵も

  【インド国民軍】(INA)を結成し、

  最高司令官になる

1944:INAは日本軍とインパール作戦に参加

   INAは東南アジア在住インド人45000人の兵で

   ビルマに移動し、

   【自由インド】【インド開放】をスローガンに

   アッサム州コヒマを占領しインパールに迫ったが

   アウン・サン率いるビルマ国民軍が離反し、

   英反撃によりビルマからも撤退することになる

   結局は・・・INA側戦死者は数千人、

   将校はイギリスにより反逆罪で裁判され、

   インド各地で彼らを助ける為の運動が起き、

   インド独立が達成される

しかし・・これも

 英国に占領されていたというよりは

 英国籍をおいたユダヤ政商ら巨大資本により占領されていたわけで

 国家的には独立しても

 経済的には英ユダヤ政商と満州系資本により

 利用され続けているのではないでしょうか

 

なお、ベトナム戦は米国が主役だと思い込んでいましたが

米兵は逃げ腰で

実は韓国兵が50倍も殺傷能力があったというし

また、近隣でのゆでんということで

実は、韓国が米共和党に仕組ませた戦争ではなかったのか・・

とか・・


CF: 

1936年:

1/13:政府、華北に

    日本指導下の自治を企図し

    『北支処理要綱』決定

2/19:スペインに人民戦線内閣成立

2/26:2.26事件

 皇道派青年将校が首相官邸襲撃

 斉藤実内大臣、高橋是清蔵相、渡辺錠太郎教育総監、

 殺害

3/7:独政府、ロカルノ条約廃棄、

    ラインラント進駐

3/13:大本教に解散命令

3/25:長嶺子で日ソ両軍衝突

4/18:国号を『大日本帝国』に統一

5/9:イタリア・エチオピア併合

5/18:阿部定(34)事件:情夫・石田吉蔵(41)を絞殺

    陸海軍大臣現役制を復活

7/4:文部省、義務教育8年制実施

7/5:陸軍軍法会議で、2.26事件判決

   首謀者17人全員銃殺

    ↓

 これをきっかけに・・・

 軍閥が暴走しファシズム化

7/18:フランコの反乱:スペイン内戦のはじまり

7/31:次期(1940)オリンピック開催地を東京と決定

8/1:白バイ発足

8/7:『国策の基準』を決定:対ソ・対米軍備充実

ローマ=ベルリン枢軸を結成

11/25:日独防共協定調印

12/5:人民戦線運動弾圧(1000余人逮捕)

    アルマイト弁当箱全盛

12/10:エドワードⅧ、結婚問題で退位

12/12:中国の西安事件:蒋介石、張学良が監禁される

神戸の独系ユダヤ人町、独領事館

理化学研究所サイクロン完成

1937:

1/4:名古屋城修理中に、

  金の鯱のうろこ58枚盗まれる

2/10:中国共産党、国共合作を提議

2/11:文化勲章制定(4/28第一回授与式)

2/17:『死のう団』事件:

   皇居前で5人切腹未遂

2/22:軍需景気で東京株式史上最高の取引高を記録

4/5:防空法公布

4/15:三重苦のヘレン・ケラー来日

4/26:スペインのゲルニカが独空軍の攻撃を受ける

5/26:双葉山、横綱となる

6月から連日、小雨続き

6/4:Ⅰ近衛内閣、成立

6/12:スターリン、トハチェフスキー参謀総長らを粛清

7/3~5日:阪神地方、百年に一度の豪雨で

    水害

7/4:突如、100ミリ以上の土砂降り:

   阪神一体に大雨洪水警報発令

  午後10時:しのつくような土砂降りで

  河川、堤防の危険水域

  花崗岩で山崩れ、土砂崩れ

7/5:六甲山塊の土砂が神戸の街に乱入

  とくに新生田川は暗渠がふきとび洪水になる

  前日からの雨量>400ミリ

  洪水は加納町から市役所へ流れ出し、

  三宮ガードすれすれまできて

  阪神電車の地下駅にも流れ込んでいる

7/7夜10:10:盧溝橋事件(日中戦争はじまる)

  演習中の日本軍に

  河の対岸の中国軍が突然襲撃

  現場では平和的に解決しようとするが

  皇軍派軍閥が政府を無視して強硬論を主張

7/8:中国共産党、対日全面抗戦を呼びかける

7/10午後6:30:政府は北志事変に派兵発表

7/11:対中大方針の宣明

7/17:政府:事件不拡大方針を通告

  蒋介石、周恩来会談:対日抗戦準備を発表

7/29:通州事件

8/3:豊田正子『綴り方教室』刊

8/8:日本軍、北平、北京入城

上海上陸、中国沿岸の封鎖

    大山事件  

8/13:Ⅱ上海事変:日本海軍陸戦隊と中国軍とが交戦

8/14:陸軍軍法会議で

  2.26事件民間関係者に判決、北一輝、西田税に死刑宣告

8/15:海軍機、初の南京渡洋爆撃

  中国、対日抗戦総動員令、発令

8/21:ソ連・中国不可侵条約

8/24:国民精神総動員体制、決定

   戦火がすぐ上海にシフトされm

   全面戦争

  (内地では聖戦と呼ばせる

  赤狩り)   

9/10:軍需工業動員法:戦時経済体制へ

9/11:後楽園球場、開場

9/23:中国でⅡ国境合作、成立

10/13:『国民唱歌』放送開始

     第一回は『海ゆかば』

10/23:中原中也(30)没

10/27:島木健作『生活の探求』刊

11/6:日独伊防共協定

11月:杭州入城

11/20:大本営設置

12/13:日本軍、南京占領

12/14:北京に中華民国臨時政府、成立

盧溝橋・・・

12C末、北平ペイピンの西に作られた石造りの美しい橋

  マルコ・ポーロ『東方見聞録』で紹介

  450の欄干に石の獅子

独領事館&本多大佐

(武漢三鎮、徐州、広東を陥落させ

蒋介石を追い詰める

戦後、大陸駐留し匪賊平定し、

新しい支那を築くのが目的?)?

ナチスにはAHS(アドルフ・ヒットラー・シューレ10才から)とNAPOLAで幹部を教育

クラブ・コンコルディア・・神戸市山本通2丁目

 ドイツ人クラブ(ナチス党の日本支部情報交換所)

神戸キリスト教学校でナチス領事の子供たちは通学

大阪市立電気科学館、プラネタリウムで話題

キャノン・カメラ、ニッカ・ウィスキー、サントリー角瓶発売

id:string_buffer

日本の植民地での犯罪を聞いてるんです。

2008/05/07 16:42:28
id:takokuro No.9

takokuro回答回数262ベストアンサー獲得回数32008/05/07 06:45:21

ポイント15pt

訂正です:

「難だかユダヤ人の富豪の祖父をもつ絵を愛し、子供好きで、建築家を目指し、」

 ↓

『何だか〃  〃                           したヒットラーが」として下さい

http://www.dummy

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません