普段、銃を打つ時に防音ヘッドセットをつけないことは、あり得るのか?

---
先日、海外で本物の銃を打つ機会があり、初めて打ってみたのですが、銃声の大きさに驚きました。鼓膜が破れるかと思うような非常に大きな音でした。
ドラマ、映画、ニュース、ドキュメント、戦争、アニメ、日本の警官が持っている銃など色々ありますが、練習以外で、殆ど全てのシーンにおいて防音ヘッドをつけていません。
実際打つ時、防音ヘッドセットをつけないで打つと、すぐに耳がダメになると思いますが、戦争の時、警官が使う時、護身用で不意に使うときなど、実際のところはどうなんでしょうか?
例えば、護身用で不意に使った場合など、犯人も驚くでしょうが、打った本人も音が大きく、それなりにダメージがあるような気がします・・・

URLを紹介される場合は、URLだけではなく、簡単な要約をつけて紹介してください。
宜しくお願い致します。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/05/04 17:42:00
  • 終了:2008/05/11 01:19:32

ベストアンサー

id:gday No.1

gday回答回数383ベストアンサー獲得回数712008/05/04 18:53:58

ポイント44pt

繰り返し大きな音を聞くことによって難聴になることを防ぐためにあらかじめ予防できる場合はイヤープロテクタを使ってそれを予防しています。

しかし、それ以外で銃を撃つ時は常に不意であり、その場合には耳が難聴になるかどうか以前に命の危険に晒される状況にある訳ですからイヤープロテクタは付けていられないですね。つまり、練習の時以外はそんなものを付けている暇は無いということです。また、イヤープロテクタを付けると敵の動きが分からないという致命的な状況に陥ります。なので実戦時にイヤープロテクタや耳栓をするのは(落ち着いて狙える)狙撃の場合以外はほぼあり得ない事です。


http://www.shootingtips.com/NewFiles/article/Hearing%20Protectio...

繰り返し射撃音など大きな音をナマで聞く生活をしていると(硬い言葉で言えば、「慢性的に騒音に晒されていると」となる)、段階的に難聴になり、日常生活に障害が出る。これは騒音性難聴と呼ばれるものだ。


私自身、過去に銃(ハンドガン、サブマシンガン、ショットガン)を撃つ機会があり銃声の大きさは分かっています。イヤープロテクタが無い場合、右利きだと右肩を右耳に当てて直接音が右耳に入らないように撃ちます。もっとも、そういう事をしている余裕があればの話ですが。

id:tifii

回答いただきありがとうございます。

実際にイヤープロテクタなしで撃ったことのあるお話でとても、参考になりました。

また、ご紹介先ホームページも良くまとまっており良いものでした。

銃声は、テレビやイヤープロテクタをつけている場合と比べ、想像以上に大きな音ですからね。

ところで、最近の警官や軍人など、実際にどうしているんでしょうかね?

また、アニメ、シティーハンターやルパン三世、洋画、リーサルウェポン、ハリウッドものなどでは、劇中で日常的にかなり使っていますが、全てのカッコいい主役が、将来みんな難聴になってしまうと考え居ると、カッコいいのかどうか、悩んでしまいそうです。また、実際の戦争でも、英雄と呼ばれる人は難聴傾向にあるのでしょうかね?

このあたり、銃を日常的に使う人など、どのように見ているんでしょうかね?

もし、このあたりの参考になるホームページなどありましたら是非ご紹介ください。

宜しくお願い致します。

2008/05/04 19:35:13

その他の回答(1件)

id:gday No.1

gday回答回数383ベストアンサー獲得回数712008/05/04 18:53:58ここでベストアンサー

ポイント44pt

繰り返し大きな音を聞くことによって難聴になることを防ぐためにあらかじめ予防できる場合はイヤープロテクタを使ってそれを予防しています。

しかし、それ以外で銃を撃つ時は常に不意であり、その場合には耳が難聴になるかどうか以前に命の危険に晒される状況にある訳ですからイヤープロテクタは付けていられないですね。つまり、練習の時以外はそんなものを付けている暇は無いということです。また、イヤープロテクタを付けると敵の動きが分からないという致命的な状況に陥ります。なので実戦時にイヤープロテクタや耳栓をするのは(落ち着いて狙える)狙撃の場合以外はほぼあり得ない事です。


http://www.shootingtips.com/NewFiles/article/Hearing%20Protectio...

繰り返し射撃音など大きな音をナマで聞く生活をしていると(硬い言葉で言えば、「慢性的に騒音に晒されていると」となる)、段階的に難聴になり、日常生活に障害が出る。これは騒音性難聴と呼ばれるものだ。


私自身、過去に銃(ハンドガン、サブマシンガン、ショットガン)を撃つ機会があり銃声の大きさは分かっています。イヤープロテクタが無い場合、右利きだと右肩を右耳に当てて直接音が右耳に入らないように撃ちます。もっとも、そういう事をしている余裕があればの話ですが。

id:tifii

回答いただきありがとうございます。

実際にイヤープロテクタなしで撃ったことのあるお話でとても、参考になりました。

また、ご紹介先ホームページも良くまとまっており良いものでした。

銃声は、テレビやイヤープロテクタをつけている場合と比べ、想像以上に大きな音ですからね。

ところで、最近の警官や軍人など、実際にどうしているんでしょうかね?

また、アニメ、シティーハンターやルパン三世、洋画、リーサルウェポン、ハリウッドものなどでは、劇中で日常的にかなり使っていますが、全てのカッコいい主役が、将来みんな難聴になってしまうと考え居ると、カッコいいのかどうか、悩んでしまいそうです。また、実際の戦争でも、英雄と呼ばれる人は難聴傾向にあるのでしょうかね?

このあたり、銃を日常的に使う人など、どのように見ているんでしょうかね?

もし、このあたりの参考になるホームページなどありましたら是非ご紹介ください。

宜しくお願い致します。

2008/05/04 19:35:13
id:bislion No.2

bislion回答回数7ベストアンサー獲得回数02008/05/04 18:51:34

ポイント26pt

◆サイレンサー(消音器)をつけることでそれなりに音を消すことはできるんじゃないでしょうか?

動画ではこのようなものがありました。

【サイレンサーでの拳銃音】(動画)

http://www.youtube.com/watch?v=zT8ccRwXUts

【サイレンサーをつけた場合とつけていない場合の比較動画はこちら】(動画)

http://www.fooooo.com/watch.php?id=858fd229b6a9b15d9ed78521e5916...

【サイレンサーを使用した場合、音は30%軽減との記事】(記事)

http://www.raitonoveru.jp/howto/63a.html

普及に関しても調べてみたのですが、そこらへんはちょっとわかりかねました。

ご参考ください。

id:tifii

回答いただきありがとうございます。

まだ、一度しか撃ったことが無いので詳しくは分かりませんが、射撃場ではサイレンサー付きのものは見かけなかったので良く分かりませんね。

ちなみに、今、もう少し詳しく知りたいのは、アニメ、シティーハンターやルパン三世、洋画、リーサルウェポン、ハリウッドものなどでは、劇中で日常的にかなり使っていますが、全てのカッコいい主役が、将来みんな難聴になってしまうと考えると、非常に滑稽でカッコいいのかどうか、悩んでしまいそうです。

実際に、イヤープロテクタなしでの室内銃声を実際に聞いたことのある人など、このあたり、どのように見ているんでしょうかね?

もし、このあたりの参考になるホームページなどありましたら是非ご紹介ください。

宜しくお願い致します。

2008/05/04 19:51:17

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません