本当に怖いホラー小説を探しています。いくつか読んだのですが本当に怖いとは思えないのでぜひ知っている方は教えてください。(呪怨シリーズ・死国・屍鬼・墓地を見下ろす家・ずっとお城で暮らしてる 以外でお願いします。)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/05/04 23:04:19
  • 終了:2008/05/05 01:05:45

ベストアンサー

id:goldwell No.5

goldwell回答回数502ベストアンサー獲得回数612008/05/05 00:50:01

ポイント30pt

質問者さんがどういう傾向・読書歴なのかはわかりませんが、そこらんへんのホラー小説では物足りないということで、刺激が強いものを求めているのであれば、こちらの質問が参考になるかもしれません。

最悪の読後感を味わわせてくれる小説を教えてください。「期待して読んだら外した」は該当しません。

最悪の読後感を味わわせてくれる、劇薬小説を募集します。


上記の質問で出ている作品の内、入手できるものをいくつか読みましたが、ここ数年の印象の強さでいったら、ケッチャムの『隣の家の少女』は最凶でしたね。ついで『オフシーズン』か。

宮部みゆき『贈る物語 TERROR』は古典作品中心だけど一読の価値あり。

『暗い森の少女』や友成純一『獣儀式』は期待できそうだけど売り切れなんですよね~。


国内作品では『リング』、『黒い家』あたりは既読ですよねぇ。

屍鬼を読んでいるのならば同じ小野 不由美の『黒祠の島』はいかがでしょうか。

黒祠の島 (新潮文庫)

黒祠の島 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

それからスティーブン・キングでも『ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編』に収録の「ゴールデン・ボーイ」では恵まれた境遇の主人公がちょっとした好奇心から暗黒へ落ちていく日常の恐怖を描いています。夏編の「スタンドバイミー」とともにホラー要素はじわじわとくる程度ですが名作です。

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)

  • 作者: スティーヴン キング Stephen King 浅倉 久志
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

id:medianox

丁寧にありがとうございました。参考にさせていただきます。

2008/05/05 01:03:31

その他の回答(4件)

id:kanan5100 No.1

kanan5100回答回数1469ベストアンサー獲得回数2752008/05/04 23:17:40

ポイント15pt

暗い森の少女 (ハヤカワ文庫 NV 189)

暗い森の少女 (ハヤカワ文庫 NV 189)

  • 作者: ジョン・ソール
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)

  • 作者: ジャック ケッチャム
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • メディア: 文庫

ジョン・ソールとケッチャムはガチ。

id:medianox

参考にさせていただきます。ありがとうございました。

2008/05/04 23:51:50
id:marin_peco No.2

marin_peco回答回数12ベストアンサー獲得回数02008/05/04 23:26:25

ポイント20pt

こんにちは、これは如何でしょうか?

首無の如き祟るもの

三津田 信三著

税込価格 : ¥1,995 (本体 : ¥1,900)

国内送料無料でお届けできます

出版 : 原書房

サイズ : 20cm / 447p

ISBN : 978-4-562-04071-1

発行年月 : 2007.5

≪内容説明≫

禊の井戸に打ち棄てられて死んでいた、長寿郎の双子の妹。それは連続首無し殺人の、ほんの序曲に過ぎなかった。次々と死んでいく長寿郎の花嫁候補たち。古く伝わる淡首様の祟りなのか、それとも死んだ双子の怨念か―――――。



この作者の本は、どちらかというと皮膚で感じる怖さが売りのホラーミステリーが多いです。

横溝作品の雰囲気が好きなら、いけます。

中でもこの作品はミステリーとしてもお勧めできる作品なので、是非一度読んでみて下さい。

id:medianox

知っていますが読んではいませんでした。参考にさせていただきます。

2008/05/04 23:52:27
id:eakum No.3

eakum回答回数144ベストアンサー獲得回数172008/05/04 23:48:15

ポイント20pt

呪われた町 (上) (集英社文庫)

呪われた町 (上) (集英社文庫)

  • 作者: スティーヴン・キング
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

呪われた町 (下) (集英社文庫)

呪われた町 (下) (集英社文庫)

  • 作者: スティーヴン・キング
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

シャイニング〈上〉 (文春文庫)

シャイニング〈上〉 (文春文庫)

  • 作者: 深町 真理子 スティーヴン キング Stephen King
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

シャイニング〈下〉 (文春文庫)

シャイニング〈下〉 (文春文庫)

  • 作者: 深町 真理子 スティーヴン キング Stephen King
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

スティーヴン・キングは初期ものが圧倒的にコワいです

オトナでも夜トイレに行くのが怖くなります


失礼ながら 例に挙げられた作品では

怖がれなくて当り前だと思います

id:medianox

海外作品もアリですね。ありがとうございました。

2008/05/04 23:52:58
id:kin1974 No.4

kin1974回答回数1139ベストアンサー獲得回数232008/05/05 00:35:53

ポイント15pt

天使の囀り

http://www2u.biglobe.ne.jp/~BIJIN-8/fsyohyo/chir_ang.html

これはいいですよ。

id:medianox

ありがとうございます。参考にさせていただきます

2008/05/05 01:02:57
id:goldwell No.5

goldwell回答回数502ベストアンサー獲得回数612008/05/05 00:50:01ここでベストアンサー

ポイント30pt

質問者さんがどういう傾向・読書歴なのかはわかりませんが、そこらんへんのホラー小説では物足りないということで、刺激が強いものを求めているのであれば、こちらの質問が参考になるかもしれません。

最悪の読後感を味わわせてくれる小説を教えてください。「期待して読んだら外した」は該当しません。

最悪の読後感を味わわせてくれる、劇薬小説を募集します。


上記の質問で出ている作品の内、入手できるものをいくつか読みましたが、ここ数年の印象の強さでいったら、ケッチャムの『隣の家の少女』は最凶でしたね。ついで『オフシーズン』か。

宮部みゆき『贈る物語 TERROR』は古典作品中心だけど一読の価値あり。

『暗い森の少女』や友成純一『獣儀式』は期待できそうだけど売り切れなんですよね~。


国内作品では『リング』、『黒い家』あたりは既読ですよねぇ。

屍鬼を読んでいるのならば同じ小野 不由美の『黒祠の島』はいかがでしょうか。

黒祠の島 (新潮文庫)

黒祠の島 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

それからスティーブン・キングでも『ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編』に収録の「ゴールデン・ボーイ」では恵まれた境遇の主人公がちょっとした好奇心から暗黒へ落ちていく日常の恐怖を描いています。夏編の「スタンドバイミー」とともにホラー要素はじわじわとくる程度ですが名作です。

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)

  • 作者: スティーヴン キング Stephen King 浅倉 久志
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

id:medianox

丁寧にありがとうございました。参考にさせていただきます。

2008/05/05 01:03:31

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません