有名人(スポーツ選手等)の息子(or娘)を成功に導いた&成功までの道程を支え続けた母親&妻のエピソードを調べています。

結婚後、一気に花開いた俳優・アスリートと、その母親(or妻のエピソード)等がございましたら宜しくお書き下さいませ。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/05/06 16:23:49
  • 終了:2008/05/06 22:43:34

回答(2件)

id:nominate No.1

nominate回答回数18ベストアンサー獲得回数02008/05/06 16:56:24

ポイント35pt

福原愛

母,千代さん

仙台市では練習環境に恵まれないため、母千代さんが交流のあった創部2年目の同社卓球部に相談、同社が受け入れを快諾したという。

http://park16.wakwak.com/~yao/yuu-huk.htm

id:tooh22

可能であれば、母・千代さんが具体的にどういった方法で支えていたのかも知れると嬉しいです!

2008/05/06 18:28:00
id:macinmac No.2

macinmac回答回数90ベストアンサー獲得回数02008/05/06 22:11:44

ポイント35pt

有名ですが、イチローです。

 イチローのルーツは、紛れもなく父・宣之の指導で練習に励んだ少年時代にあります。実家は愛知県豊山町。家から300メートル離れた町営の伊勢山グラウンドで、学校が終わると毎日日が暮れるまでふたりっきりで練習。それは、軽いキャッチボールに始まって、「50球前後のピッチング」「70個のボールを使い、3クールで約200球打つ、ティバッティング」「内野ノック50球」「外野ノック50球」そして「フリーバッティング」といった、実に合理的なメニューでした。そして親子の練習法でもうひとつ語り草になっているのが、バッティング・センター。夜になると、やはり実家近くにある空港バッティング・センターへ通う。ふつうは120キロまでしか出ないボールを125キロまで出るように調節してもらい、バッターボックスを1メートル前に近づける。父親はイチローの後ろに立ち、「ストライク!」「ボール!」の判定をする。つまり、ボール球を見送りストライクだけを打つように訓練する。狙った球だけを確実に打てる、という一流選手のセンスを、イチローは、このバッティング・センターで培ったのです。

 父・宣之の指導は、漫画「巨人の星」の一徹・飛雄馬にたとえられがちですが、決してスパルタではありませんでした。とにかく、ほめる。「よくやった。この調子なら、プロになれるぞ!」無理なこと、嫌がることはやらせず、プロ野球選手への夢を育てる。そのサポーター精神は、朝晩の足裏マッサージに象徴されます。父が息子の足を揉んでやる。実に思い立ってから7年間、その日課は続きました。足を揉みながら、父親は何度も息子に語りかけます。「人生には、ただ一本のろうそくしかない。その一本の道を求めていけ。」プロ野球への道。それはまさしく親子で歩み、親子で手にした灯りでした。

http://www.iom1960.com/high-school-sports/base-ball/jbb-ichirou....

ちなみに、イチローのメジャー行きの際に二人は断絶状態になってしまっただとか・・・

id:tooh22

スイマセン…お答えいただき恐縮なのですが…

親(お母さん)or奥さんの方は女性限定で、御願いします。

2008/05/06 22:34:37

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません