「今のうちに勉強しておかないとおとなになってから後悔するよ。」


後悔まではいかないまでも、現おとなの方々は多かれ少なかれホントそうだよなぁ・・・と思っているのではないでしょうか。
多くのおとながそう思っているのにも関わらず、多くの子どもにその言葉は受け入れられていない、というのが現状であるように思います。

では、「当時自分は人一倍勉強したからおとなになった今も全然後悔していないよ。」という方に質問します。
当時、それを受け入れられた理由を詳しく教えてください。
#回答はできるだけ深く掘り下げてくれるとうれしいです。例:「勉強が好きだったから」であれば、なぜ勉強が好きだったのか?とか。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2008/05/07 13:32:51
  • 終了:2008/05/11 11:19:35

回答(4件)

id:chemicom No.1

chemicom回答回数378ベストアンサー獲得回数192008/05/07 14:34:11

ポイント40pt

主旨とは違った回答になってしまうと思うのですが、宿題をせず、

成績も悪かった私が、真面目に勉強をするようになったきっかけは、

クラスメイトからの言葉に憤りを感じたからです。


私がちょっといいことをして先生に誉められた時に、嫉妬した

そのクラスメイト(成績優秀で学級委員)は「さぞ成績もいいんで

しょうね~!?」という意味不明な対抗心をぶつけてきました。


「人の評価はテストの成績で決まるものではないのに何言ってんの?」

と思ったものの、ギャフンと言わせる為に「この人よりはいい成績を

とってやろう!」と思いました。


勉強し始めて、色んなことが理解できるようになると、クイズやパズル

を解いているようで楽しくなり、自然と勉強が好きになりました。

(イヤミなクラスメイトよりも成績もよくなりました。)


私は「勉強した方がいい」と言われただけでは、しなかったと思います。

「悔しい」という気持ちがあったから、勉強に打ち込めたと思います。

参考にならないかと思いますが、懐かしくて書いてしまいました・・・。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

悔しさをバネに、ですね。

2008/05/08 14:36:42
id:masaboz No.2

masaboz回答回数122ベストアンサー獲得回数62008/05/08 00:22:11

ポイント30pt

私も主旨とは異なった回答になると思いますが、人間は感受性が豊かな時期はやはり10代でしょう。それにしても、感受性がなくなり始める頃の20代後半には、10代と違っていくら勉強しても、なかなか覚えられないし、「あの頃に勉強すれば良かったな」と思ったことがあります。本当にビックリするほど10代と20代の同じ勉強の量でも覚えやすい、理解しやすいのは10代でしょう。それを初めて自分の感受性がなくなり始めていることを実感させられるのは20代後半あたりになるではないでしょうか。


だから、親は子に向かって「今のうちに勉強しなさい」と言っても不思議ではないでしょうか。


私の場合は小さな頃から単に好奇心が強かったため、勉強をしようというよりはモノを追求するのが好きでした。そのため、知らず知らずそれが勉強になっていましたが、今の20代後半はそれがあまり実感しません。後悔しないというか、やはり後悔するっていう気が少しすると思うこともあるし、「人間は完璧ではないなぁ」と実感させられたことが強いではないでしょうか。いつもお決まりのパターンで、今の結果論を「ああ、あの時に頑張ればよかったな」と思うことが多いです。


>多くのおとながそう思っているのにも関わらず、多くの子どもにその言葉は受け入れられていない、というのが現状であるように思います。

質問様が仰るとおり私もまさにその通りだと思います。今、12歳年下の弟がいますが、感受性豊かな時期において勉強や部活動を全くしていないので、私は兄として、やはり「勉強しなさい、部活動をしなさい、さもないと後悔するよ」と言っています。しかし、弟はそれに気づいていません。弟は私のような勉強をする姿勢はあまりないが、私もあの当時は親からその言葉を受け入れることは一切なかったし、親の言いたいことは全く理解できませんでした。弟も20代後半になると私と同じ運命になり、そこで初めてあの言葉を受け入れるかも知れません。皮肉なことに多くの人々は感受性がなくなり始めた頃、またはなくなった頃から、その言葉をやっと受け入れるのではないでしょうか。


私の場合は悔しい、負けない、褒められたをバネにして勉強を加速させたことも何度もあると思いますし、やはり"嫉妬心"より"喜び心"の方が勉強しやすいという糧になりやすいのは確かだと思います。それから、生徒や先生に限らず周りの人々は自分のやっていることを邪魔することが普通なのかも知れません。あの頃を思い出して本当に懐かしくて、これを書きたくなりました。ご回答になっていなかったら、本当にすみません。満足するご回答でなければポイントは結構です。


余談ですが、子どもに運転免許証を取らせないのは子どもの冒険心がありすぎるためだそうです。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

悔しい、負けない、褒められたをバネに、ですね。

2008/05/08 14:39:04
id:hkrhr1 No.3

hkrhr1回答回数235ベストアンサー獲得回数122008/05/08 14:07:54

ポイント20pt

 人よりは勉学に励んだとは思っていますが、苦手な分野は受験のため仕方なくやってましたね。好きな分野(数学、化学、生物)は、面白くてしかたなかったでしたね。何故?、と言われても答えようがないですね。

 さて、質問の趣旨からははずれますが、若干言わせて下さい。

 私は、そろそろ60歳になろうとしています。振り返ってみると、一番勉強したのは、23歳ころから35歳くらいです。高校時代や大学時代ではありません。これは、自分が好きだった事にもよるし、必要だった事にも寄ります。

 

言いたい事は、

 

 <歳にかかわらず、必要だ、面白いと思った時にその勉強をすればいいのです。>

 

  と言う事です。

 やりたくない時は最小限にして置きましょう。面白い、必要だと思った時に勉強して下さい。

(なお、「何故好きか」との問いですが、彼女を好きになるのに理屈が要るのですか?。学問だってそうです。理由はありません。)

 

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

受験だから、ですね。

2008/05/08 14:43:36
id:ken33jp No.4

ken33jp回答回数928ベストアンサー獲得回数132008/05/08 23:22:08

ポイント1pt

勉強以外得意分野がなかったから。

id:Beirii

ご回答ありがとうございます。

勉強以外得意分野がなかったから、ですね。

2008/05/09 01:38:56
  • id:hrkt0115311
    どんジレ、どんさん 2008/05/07 14:26:29
    回答者の資格を満たしていないと思うので、コメント欄でお答えしますね。
    成績がよく、順調にハードルを越えていった知人に、当時の心境を聞いたことがあります。
    一人は男性です。テストが大好きだったそうです。理由は、「習ったところから出るから、点が取れて面白い」のだそうです。
    一人は女性です。勉強が面白かったそうです。おそらく、面白いから学ぶ、学ぶから点が取れる、家族が喜んでくれる、自分も嬉しい、といった良い循環がうまれていたものと思います。
    以上、私の経験でなくて恐縮ですが、ご参考までに。
  • id:takejin
    中途半端な立場なので、こちらで。
    ・ 中学生までは、ほぼ学年トップでした(自慢じゃないですが・・・)
      → 勉強に関することが、「面白かったから」&「褒められたから」です。
      → でもガリ勉ではありませんでしたよ。
      → 国語は教科書で「読書」(名作のかけらが載ってるので、その続きを読む)
      → 数学はパズル
      → 理科社会は、百科事典大好きだったので、あらかじめ知識があった。    → 音楽や絵や工作はもともと大好き。体動かすのも好き。
      → 苦手なのは、長距離走と塾

    でした。基本的に「遊んで」いたのに、それがテストの点数に結びついてしまった感じです。(つまり、「勉強」はしてないのかも)
     
    ・ 高校(偏差値の高い学校に送り込まれてしまった)は、一部の教科は全く勉強しない人になってしまいました。(歴史・生物など)ああ、あの時勉強しておけばなあ、と思っています。ので、ぜんぜん普通の人でした。
  • id:Beirii
    question:1210142996
    いわし立てました。
    こちらは後悔しているおとなの方も回答可能でっす。
  • id:Beirii
    もうちょっと質問にジャストフィットな回答が欲しいなぁ・・・
  • id:takejin
    ああ、あれを勉強しておけばよかったなぁ・・・と思うのは、どんなことなんでしょうね。漠然と、数学やっておけばよかったな、なんでしょうか。
     
    オール5だったから後悔していないのか、いま改めて勉強する必要がないくらいの勉強だったのか、そのころ勉強をたくさんしたおかげで「今も勉強が苦にならない」のか。勉強をたくさんしたおかげで「成績が上がった」ので、給料が高いから後悔していないのか、勉強しなかったからたいした職業にも就けなくて後悔しているのか。
    学校でやる教科を完璧にこなしていても、後悔する人もいるでしょうし、中学校程度の英語で、充分国際的に活躍しているひともいるでしょう。
     
    私の「後悔」は、「あの時(高校生)もっと勉強しておけば(英語や物理や生物や歴史)将来の選択肢が増えたのにな。」です。でもそれほど強い後悔ではないです。
  • id:rikuzai
    趣旨はわかるし、ある程度賛成なんですが、
    >「今のうちに勉強しておかないとおとなになってから後悔するよ。」
    という言葉には賛成できないのでコメントで。
    (つまりそう思っているとされる多くの大人の中には入ってないなということ)
    「今(子ども・学生)のうちにしかできない勉強があるからしておいたほうがいい」
    というポジティブな言葉か、
    「学校の勉強は積み上げが基本だから、今やっていることは後々大事になってくる」
    「受験勉強はあくまで手段なのだからやれだけやった方がいい」
    といった具体的な大人の言葉はちゃんと理解できたので、
    そういう意味では学生時代がんばって勉強したので後悔はないのですが。
    ざっくり言うと大人になって後悔しないために勉強したのではないし、
    勉強は大人になってもずっとし続けるものだというスタンスです。
  • id:Beirii
    コメントくださった方々ありがとうございました。
    「当時自分は人一倍勉強したからおとなになった今も全然後悔していないよ。」なんて人ホントにいるの?って感じで質問しました。
    ズバリの回答は無かったんじゃないかなと思ってます。
    親と子は「勉強」という言葉でコミュニケーションが可能なんだろうか?という個人的な疑問が発端でした。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 子どもに勉強させる http://q.hatena.ne.jp/1210142996(いわし) http://q.hatena.ne.jp/1210134769(人力) と思ってよく見たら、質問文が微妙に違うんだね。 こりゃ、失礼しました。 結局、人間はそんな
  • [テキスト] ▼「今のうちに勉強しておかないとおとなになってから後悔するよ。」 後悔まではいかないまでも、現おとなの方々は多かれ少なかれホントそうだよなぁ・・・と思っているの
  • なぜ勉強しなければならないか 子供に「どうして勉強しなきゃいけないの?」ときかれたら、何と答えるか。面白い記事が有りましたので紹介します。 続きを読む 参考記事 ・http://d.haten
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません