自動車を走らせると二酸化炭素が排出されますが、

道路を作ることそのものが、
アスファルトなど原料を製造したり、重機が動いたり、
コンクリートの原料確保に山肌を削ったり、道路を敷く用地の森林などを伐採したり湖沼を埋め立てたりすることで
二酸化炭素が排出されたり、吸収量が減ったりすると思います。

そこで、道路を作るにあたって
面積あたりどの程度の二酸化炭素や有害ガスが発生したり
緑地が減ることでCO2などの吸収量が減ってしまうか
指標や資料(単位面積あたりでも統計資料でも可)があれば、ご教示下さい。
どうぞ、宜しくお願い致します。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2008/05/15 00:17:08
  • 終了:2008/05/22 00:20:03

回答(1件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4707ベストアンサー獲得回数7472008/05/15 01:32:01

ポイント60pt

面積当たりのデータは見つかりませんでした。

(土地の形状やトンネルの有無などでもだいぶ違ってくると思います)


以下 道路建設が二酸化炭素を多く出しているというデータです。 ↓

http://homepage1.nifty.com/nakaguti/work/ondanka/kanjo2007.pdf

>表 4 により土木工事によるCO2 排出量を工事目的別にみると、

道路が 34.9%と全体の 1/3 を占め最も多くなっている。

CO2排出量 1335000tで 土木工事の中ではダントツで多いですね。



http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/ondanka/hpdf/kousei.pdf

id:HISI

どうも有り難う御座います。

とても興味深い資料ですね。

工事による直接の排出は、都道府県道までで130万tということは、国道や区市町村道などを加えれば200万t位にはなりそうでしょうか。

他、万年道路工事による渋滞もCO2排出に貢献していると言えそうです。

とはいえ、総排出量の12億t/年からみると、割合はだいぶ小さいですね。

あとは、緑地の単位面積当たりCO2吸収量と、道路の年間建設面積が不明なので

調べてみたいと思います。

(森林1立方メートルが1.8t、東京23区だけの年間道路建設総延長が約1,100kmといった資料を見かけました。

工事前が緑地と仮定して

緑地の吸収量を1t/平方メートル、道路の平均幅員を10mとして、全国の年間道路建設総延長を10,000kmとして試算すると

100万t位になるでしょうか...)

どなたかご存知でしたらぜひご教示下さい。

2008/05/15 23:24:26
  • id:HISI
    地球温暖化対策のために、くだらない道路を作りつづけるることをやめてほしいと思います。
  • id:gen_ger_gem
    回答にはならないので、コメントだけ。
    緑地の単位面積当たりCO2吸収量については、生育している植物種、その植物種の
    年齢によって、かなりばらつきが生じますので正確なデータの把握は難しいかと存じます。
    (例えば、樹木であれば樹齢が高くなれば自身の炭酸同化量よりも自身の呼吸量の方が大きく
    なりますので、この場合は二酸化炭素の排出だけを環境負荷として計上すれば自然環境に
    とっては悪影響となります)
    建設に関する資料ですが、輸送時の二酸化炭素排出に言及していない点が非常に惜しまれます。
    二酸化炭素の排出量を抑える、余分なエネルギーを使わないなる論旨の中では燃料の燃焼に
    よって発生する二酸化炭素や、エネルギー収支といった目立つ部分に焦点が当たりがちですが、
    エネルギー源の採取から発散までをトータルに見据えなければ正しい環境評価にはならないの
    ではないかと、個人的には考えております。
  • id:HISI
    gen_ger_gem さん

    コメント有難う御座います。
    私もおっしゃるとおりと思います。

    山から石灰を採種してくることで
    山肌ははげますし、
    原材料の輸送や加工にも燃料が使われているので
    間接的なCO2排出量はそれなりにあるのだろう、と思います。

    水についても、地球規模で考えると
    日本は自国が比較的水資源に豊かでありながら
    他国から大量の「間接水」を輸入している国です。
    http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/toushin/image/bb001.gif
    鉱物資源や森林資源、海洋資源もろもろ、
    海外で採掘して、加工・輸送してくる過程でも
    沢山CO2を排出していることと思います。

    とはいえ、
    まず自分の生活圏の身の回りから、といった
    わかりやすく見えるところから着手しないと実感がわかないのも事実かもしれません。

    樹齢が高くなると二酸化炭素のの吐出が酸素より多くなることは知りませんでした。
    森林がありさえすれば万事OK、でもないのですね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません