一般的な自動車の話ですが、急加速をすると燃費が悪くなるとよく言われます。


「急加速するとその後ブレーキを踏む回数が増え、運動エネルギーを無駄にしがち」という論法ならわかりますが、物理的に考えると摩擦の多少の差はあれど、さほどの差が出るようには思えません。

またいつだったから自動車雑誌の実験で、エンジンへ吸気されるガソリン量を測定し、急加速をしても燃費には影響がないという実験結果が出ていたように思います。どの雑誌だったから失念してしまったのですが、これもご存じの方がおられたら教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/05/20 21:16:11
  • 終了:2008/05/20 22:23:58

ベストアンサー

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4733ベストアンサー獲得回数7502008/05/20 21:35:15

ポイント60pt

ブレーキうんぬんは別にしてさほど変わりないようですね。

http://72.14.235.104/search?q=cache:ozfhcmuphMAJ:www.ecodriveclu...

>急に加速してもゆっくり加速しても、理論上必要なガソリン量(エネルギー)は変わらないということです。

急加速すると燃費が悪いのはエンジンの回転数のせいで、急加速するとエンジンを多く回す、

つまり摩擦抵抗が発生してエンジンの効率が悪くなり、その分ガソリンを食うことになるからです。

ゆっくり加速するとこれほど多くガソリンを食うことはありません。

加減速を繰り返すと常にガソリンを 31cc 消費しますが、スピード一定ならほとんど損失はありません。

要するに、加速のしかたと加速の回数をなるべく減らすことが重要なのです。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/norris/


http://www002.upp.so-net.ne.jp/norris/accel.html

その他の回答(1件)

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4733ベストアンサー獲得回数7502008/05/20 21:35:15ここでベストアンサー

ポイント60pt

ブレーキうんぬんは別にしてさほど変わりないようですね。

http://72.14.235.104/search?q=cache:ozfhcmuphMAJ:www.ecodriveclu...

>急に加速してもゆっくり加速しても、理論上必要なガソリン量(エネルギー)は変わらないということです。

急加速すると燃費が悪いのはエンジンの回転数のせいで、急加速するとエンジンを多く回す、

つまり摩擦抵抗が発生してエンジンの効率が悪くなり、その分ガソリンを食うことになるからです。

ゆっくり加速するとこれほど多くガソリンを食うことはありません。

加減速を繰り返すと常にガソリンを 31cc 消費しますが、スピード一定ならほとんど損失はありません。

要するに、加速のしかたと加速の回数をなるべく減らすことが重要なのです。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/norris/


http://www002.upp.so-net.ne.jp/norris/accel.html

id:yamadakouzi No.2

yamadakouzi回答回数296ベストアンサー獲得回数62008/05/20 22:06:44

ポイント10pt

急加速とブレーキの回数には何の関係も無いでしょう。例えば徐々に加速しようが、急加速しようが時速100kmの車を止めるのは同じです。急ブレーキかどうかは、発進の仕方に全く関係有りません。

急加速が燃費に影響を及ぼすかと言えば「それほど影響は無い」でしょうね。度々やれば影響は大きくなるでしょうが。

自動車には質量がありますから、急に移動させるようとするとエンジン及びタイヤに負担を与える事になります。

(つまり、クランク軸やシャフトに大きな力がかかったり、タイヤの空すべりでタイヤが傷んだり大きな音が出たり、車自体が急加速できないところに問題があります。(車自体が急加速するなら何ら問題はありません)

つまり、普通の加速で時速40kmまで速度を上げるより、急加速(本当はエンジンの急ふかし)をすると所定の速度を得るまでの燃料の無駄が多くなると言う事です。

また、自動車雑誌の実験が実走でなく、テスト装置の上での実験だと思います。つまり車は実際に移動していない(加速度は付いていない、タイヤの下のローラーを回転しているだけです)どの自動車雑誌も同じです、参考になりません。

  • id:tannsuikujira
    ごく一般的な自家用車で。
    1速で時速50キロで走り続けると、エンジン高回転で、アクセル全開で酸素を送りこみながら大量の燃料を投入しています。
    5速で時速50キロで走り続けると、エンジン低回転で、アクセル微開で酸素を少量と少量の燃料を消費しています。

    多分、固定ギアでは、急加速も、ゆっくり加速するのも、さほど燃費に影響は無いのでしょう。
    でも実際は車に変速機がついてるので、急加速は低いギアを長時間使う事になって、燃料を大量に消費するので燃費が悪くなるとおもうのですが。
  • id:Marimecco
    みなさま、ご回答ありがとうございました。
    確かに発進時はエンジンの回転とタイヤがギアでがっちりかみ合っているわけでもなく、クラッチを介しているわけですから、その要因だけでも急な変化だとロスが増えるのは納得のいくところです。他にも無駄な要因が増大し、結果として燃費が悪くなるわけですね。
  • id:miharaseihyou
    うちのはCVT-iとかで、それとは別枠だけど、メーターに燃費(Km/L)が表示される機能が付いてる。
    吹かしたらこの数字が物凄く小さくなる。
    路線バスに置いていかれるくらいの初期加速だと、周囲と同じぐらいに加速する場合と比べて、この数字が倍以上になる。
    ということは皆さん加速し過ぎているという結果になる。
    この数字を気にして(燃費を気にして)運転すると、何故か一割以上燃費が伸びる。
    走行距離を毎回リセットしてやれば簡単な割り算でその時期の燃費が出てくる。
    スピードを出すよりも加速が一番影響するように感じる。
    ただ、あまり低回転で走ると燃費は良くなるけどエンジン内の汚れが増えるようだ。オイルの汚れ方が違ってくる。
    特に低回転での高トルクが影響するようだ。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません