「意識」なるものはどのようにして発生したと思いますか?


アカデミックな仮説でも構いませんし、完全な私見でも構いません。ご自由にお答えください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 150 ptで終了
  • 登録:2008/05/30 03:49:23
  • 終了:2008/06/06 03:50:05

回答(14件)

ただいまのポイント : ポイント18 pt / 150 pt ツリー表示 | 新着順
 

バックグラウンドとして重要 sidewalk012008/06/05 11:27:15

だと思いますね。

直接学習していないものまで sidewalk012008/06/03 08:58:17

言語機能があることによって概念ネットワークを複雑に作り上げていくことが出来ますからね。言語は強力で、それ故に困ることも多いです。

物理的な刺激を神経組織が受け取った瞬間 miharaseihyou2008/06/01 23:00:32

意識は知覚の集合体から発生する情報の複合体ではないでしょうか?

「指に意識を集中させる」というときの「意識」は… syujisumeragi2008/05/31 17:36:14

いまこうしている場でも、たとえばパソコンのファンが回っている音、キーボードをたたく音、指の感覚などに「意識」を集中させてみると意識の正体が少し分かるような気がします。

人間は五感からさまざまな情報を収集しています。それらの情報を取捨選択する力が「意識」だと思います。意識のあることを感じているのは脳全体ですが、どのようにして発生したかと問われれば、ひとつひとつの脳細胞同士のやりとりによってだ、と言う事ができると思います。

以上、完全な私見です。

条件分岐 tedmans2008/05/31 13:48:06

外部からの刺激に対して条件分岐ができるようになった時点で意識が発生したんだと思う

殴られたら殴り返すか逃げるかうずくまって固まるかを決めるのが一番原始な意識だとおもう

それに対して常に同じ反応をするのは条件反射で意識ではない

賛成です~。 smilydogs2008/05/31 01:37:11

結局、意識内の思考は言語がほとんどでしょうしね。

もともと無意味な記号(刺激)に意味を与え、情報として処理するためには本能的活動だけではできないでしょうから。

脳の発生=意識の発生だと思います。 hiro_kun2008/05/30 22:53:01

脳、特に大脳新皮質の発生=意識の発生だと思いますが、大脳は進化の過程で出来たとして、そもそも何故その大脳を構成する物質が存在したのかは…宇宙の起源とともに謎です……。

霊魂が体に宿ったとき。 v2hawks2008/05/30 18:11:58

自分自身の意識ってどこから来たんですかねぇ。

自分の誕生日以前に「自分」はどこにもいないはずですし。

そんなわけで、宗教的なものはともかく「霊魂」とか「魂」とかいう存在は信じてます。

一方的なコミュニケーション Nadelmann2008/05/30 14:09:02

たとえば、

(少しボケられた方が)ポットに向かって会話をしたり

(決して返事がある訳ではないのに)テレビに向かってブツブツと文句を言ったり

擬人化のはて、物に対して愛情を覚えたり

と、

対象に意識があるように思い込むことは日常的に見て案外簡単なんだと思います。

また、この行為を繰り返すことにより 対象 に対して自己を見出し

双方向的なコミュニケーションが成り立ち

ひいては 対象により強い意識を見るようになっていくのではないかなぁと思います…。

では、自己の意識についてはどうかと言うと

これは、本当にこの意識は自己のものであるのか

上位システムによって自己と思わされているのか分からないのでなんとも。

脳内の情報処理遅延によるとか色々と理屈はありそうですけど

こちらについてはよく分かりません。

しかし、意識を

"自分の今ある状態や、周囲の状況などが正確に認識できている状態"

とするのなら、

それぞれの環境にうまく適応していく粘菌などにも意識があるように見えるので

脳や言語だけでは足りないように思うのですが…。

意識って? たけじん2008/05/30 08:51:53

重篤な状態の人に対して、

「意識がある」という使い方をします。

意識の確認は、通常「言語によるコミュニケーションが可能か」で判断されているようです。

「おおーい、大丈夫か。話せなかったら、まぶたを2回閉じてみろ。」みたいな。

これで反応しないと、意識が無い。

 

言語の獲得と同義に近いと考えます。

「意識を意識するようになったのは、高度な言語が発達したから。」

でいかがでしょうか。

エピソード記憶に質感を与えるためだそうです 颶風颯雷電2008/05/30 08:36:35

以下の本に書いてありました。なかなか面白い考え方だと思います。

やってきたことの記憶の主人公として脳が「私」という意識を作ったということ。

http://www.amazon.co.jp/%E8%84%B3%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%...

言語です。 sidewalk012008/05/30 07:10:57

言語機能と物と物とを関連付ける人間の力による。

Googleが“人工知能”ならぬ“人工意識”を組み込む日 tak2008/05/30 06:43:01

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0711/11/news001.htm...

「人の“意識”とは、心の中心にあってすべてをコントロールしているものではなくて、人の心の“無意識”の部分がやったことを、錯覚のように、あとで把握するための装置に過ぎない」


デネット氏は、「デカルトの劇場」を「カルテジアン劇場」と呼んでいるが、そんなものは存在しないとひとなぎにし、それに替わるものとして、........

脳の大脳新皮質の発達とか? castle2008/05/30 05:24:33

私論になりますが、思うところをつらつら。

 

まず、ヒトという種が脳において大脳新皮質という新しい領域を手に入れたことで、意識が発生しているのではないかと思います。

その脳の新領域がヒトのあらゆる体験をデータ(情報)化して埋めるように欲動していて、収集された体験データや思考データがつながり、整理され、意味付けされたなかから現れるものが意識であったり、自意識なり世界感なのではないかと考えます。

 

そうなると、なぜヒトは大脳新皮質という機能を獲得することになったのかということと、その新皮質は体験のデータ化を欲動するのだろうかといった問題が浮かび上がることになりますが、これはちょっと想像がつきませんね。

 

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません