ビジネス特許に対して上場企業はどのように対応しているものでしょうか。ひとつひとつのアイデアにビジネス特許をとるようなことをしているものなのでしょうか

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/06/02 12:42:13
  • 終了:2008/06/07 11:49:33

回答(3件)

id:star-platinum_001 No.1

star-platinum_001回答回数169ベストアンサー獲得回数22008/06/02 13:25:49

ポイント23pt

http://www.google.co.jp/

URLはダミーです。

企業によってまちまちだとは思いますが、1件1件とはいかなくても、すべてを網羅できるように

(利権で固められるように)出願している企業はあります。

id:surippa20

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます(簡易的なご返事で失礼いたします)

2008/06/05 15:48:39
id:kappagold No.2

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/06/02 13:53:24

ポイント23pt

特許の成立要件に、発明の単一性と言うものがあります。

http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_tokkyo/shinsa/tanitu_youken.htm

http://www.smbc-consulting.co.jp/company/solution/business/busin...


>ひとつひとつのアイデアにビジネス特許をとるようなことをしているものなのでしょうか


特許を取るべきアイディアかどうか検討をまず行ないます。

それから、全く異なるアイディアであれば、一つ一つ別の発明として特許をとります。

アイディアがお互いに関係していて、複数のアイディアを一つの特許に入れても単一性の要件を満たしていると考えられる場合、費用軽減のため、複数のアイディアを一つの特許に入れて特許をとります。

id:surippa20

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます(簡易的なご返事で失礼いたします)

2008/06/05 15:48:46
id:tokugan No.3

tokugan回答回数29ベストアンサー獲得回数12008/06/02 18:01:22

ポイント34pt

上場企業と言っても、業種によって全然考え方が違いますので、一概に言えませんが。

例えば、金融等のサービス業では多く出願されていますが、それでも一つ一つのアイデアに対して出願するといった方法ではないです。全体的に、一時期のビジネス特許ブームと比較して、現在は少なくなっております。

そもそも、特許は「技術的なもの」ですので、「アイデア」を保護するわけではありません。

一般的に、ビジネス特許と言われているものは、ソフトウェア関連発明と呼ばれており、簡単に言いますと「ビジネスの仕組みをコンピュータを利用して実現している発明」となります。

参考→ビジネス方法の特許について

id:surippa20

大変参考になりました。ご回答ありがとうございました。(簡易的なご返事で失礼いたします)

2008/06/05 15:49:01
  • id:seble
    くだらねぇものは取らないし、
    それなりに何らかのリターンが期待できそうなものは取るでしょ。
    将来、何が売れるかわかんないし、、
    商標なんかは良い例だよね。
    関連する物は全て申請。
    分かり切った事かと、、、
  • id:surippa20
    たしかに、考えてみれば単純にそのような形かもしれません。ありがとうございました

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません