私がそうなのですが、世の中には「漫画を、電子媒体で持ちたい」という人がいます。

このURLの人なんかもそうですね。
http://kyozai.noblog.net/blog/a/10225926.html

紙媒体の漫画は、場所を取ってしまうので嫌なわけです。
でも自分でスキャンするのは面倒です。
そこで、業として「漫画をスキャンして電子データにして渡してくれる」というサービスがあれば便利だな、と思いました。

質問です。
「漫画をスキャンして電子データにして渡してくれる」というサービスを行っている事業者はありますか?

また、そういう事業を行うことについて法的な問題点はあるでしょうか?
(※二通りのパターンを想定しています。
 1. 注文者(以下、A)が業者(以下、B)に宅配便でA所有の漫画を送り、Bはそれを分解してスキャンして電子データにし、分解した本と電子データをAに送る
 2. AはBに「希望の漫画(何でもいいのですが、たとえば『ハチミツとクローバー』第十巻)を買って、スキャンして、電子データにし、Aに送ってください」と依頼し、Bはその通りに行動する)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/06/05 20:36:04
  • 終了:2008/06/12 20:40:02

回答(5件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982008/06/05 20:55:49

ポイント20pt

http://homepage2.nifty.com/ibs2001/serv_scan.htm

http://www.itdc-patent.com/paper-to-cd.htm

スキャン代行のサービスは いろいろありますね。

基本的には スキャンして欲しいものを 渡して スキャンしたものと 渡したものを返してもらうというパターンでしょう。

id:ikannagi

見たところ、ビジネス向けであって、個人ユースは想定していないようですね

「個人向けに」「漫画をスキャン」っていうサービスがあればいいのですが

2008/06/05 21:03:39
id:pahoo No.2

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/06/05 22:14:48

ポイント20pt

著作権法において「私的使用のための複製」は認められていますが(第三十条)、

公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合

は、違法となります。

書籍のスキャニングは「複製」行為であるとされており、これを公に行うサービスは違法性が高いということになります。


本件に関しては、「Googleブック検索」の同行が参考になります。

Googleは「適用のある国際的な著作権法を遵守してスキャニングを行ないます」と主張していますが、日本国の著作権に抵触するかどうかには言及されていません。

すでに国内で訴訟は起きているようなので、今後の動向が注目されます。


id:ikannagi

条文を字義通りに読めば、業者が行う場合「公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器」を使うわけではないので、この点はOKにも思えますが……どうなんでしょうね……

2008/06/05 22:31:00
id:pahoo No.3

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/06/05 23:10:06

ポイント20pt

#2のコメントに対して

条文を字義通りに読めば、業者が行う場合「公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器」を使うわけではないので

公衆」とは、「公衆トイレ」だけでなく、「公衆電話」の意味も含みます。すなわち、有償・無償にかかわりなく、広く一般にサービスを提供していることは「公衆」向けサービスです。

さらに、それを生業としているということは、メンバが限定されたグループの中でサービスを提供しているわけではなく、明らかに「公衆の使用に供することを目的」としているとみなされます。


回答上限数に達しましたので、これにて失礼します。

id:ken33jp No.4

ken33jp回答回数928ベストアンサー獲得回数132008/06/06 00:12:24

ポイント20pt

>また、そういう事業を行うことについて法的な問題点はあるでしょうか?

問題あります。こそっとやってる限りは多めに見てもらえるかもしれないけど、事業として際率するぐらいのレベルでやったら、無理だと思います。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:kotae No.5

kotae回答回数88ベストアンサー獲得回数52008/06/11 23:44:38

ポイント20pt

http://www.ndl.go.jp/jp/service/copy.html

http://www.ndl.go.jp/jp/service/copy/copyright.html

国会図書館で行われている複写サービスの内容です。

複写できる範囲

単行本 本文の半分まで。 目次についてはその全部。「はしがき」や「解説」があればそれぞれその半分まで。

ですので、半分づつスキャンすればよさげですね。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません