ドイツの変わった法律、変わった条例を探しています。

よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/06/09 23:13:52
  • 終了:2008/06/16 23:15:02

回答(5件)

id:Gleam No.1

Gleam回答回数2498ベストアンサー獲得回数2362008/06/09 23:36:13

ポイント20pt

http://www.nhk.or.jp/omoban/k/1207_2.html

>ドイツには、お店で出すビールには量に関する法律があるのです。

>ちなみにドイツでは、なんと14歳からビールが飲めるということです!

 

http://wiredvision.jp/blog/compiler/200708/20070817130439.html

「ハッカー・ツール」禁止法、ドイツで発効 


http://blog.hundbodai.com/?eid=52962

ドイツの動物に関する法律など

id:truth_or_gossip No.2

truth_or_gossip回答回数110ベストアンサー獲得回数52008/06/09 23:36:29

ポイント20pt

ビール大国らしく、品質の維持や向上を目的とした法律ビール純粋令があり、その中ではビールは大麦・ホップ・酵母・水以外のものを使用してはならないと定められています。

http://chambeer.net/world_beer.html

id:kin1974 No.3

kin1974回答回数1139ベストアンサー獲得回数232008/06/09 23:43:32

ポイント20pt

ドイツのビール純粋令

http://www.haruhino.com/archives/50678382.html

id:hakob No.4

hakob回答回数43ベストアンサー獲得回数12008/06/11 01:35:34

ポイント20pt

ビールといえばソーセージ。

『ソーセージと法律(政策)は作る過程を見ないほうがいい』:どんなにきれいにまとまった良い政策でも、その立法過程(政治)は根回しなどで、醜悪であるということ。(アメリカのことわざ)

ワインに関しても(フランスなどと同様)法律があります。君主制のころからの法律です。

フランスと異なるのは、産地には厳しくなく、葡萄品種や葡萄に含まれる糖度や酸度に対して厳しいです。フランスは柵を一本越えたかどうかが問題になるくらい、産地にこだわります。(道路一本向こうの畑でつくったぶどうのワインは、値段が10倍違うとか)

http://www.winespiral.com/entrance/glabel.html

http://www.bistromate.com/wine_column/20071009.html

ドイツ刑法には終身刑すらなく(死刑はもちろん無い)、15年で仮釈放が申請できます。

(実際に出るかどうかは別問題。状況や反省の度合いにより変化する)

また、反ナチス法を制定しています。

http://wiredvision.jp/archives/200012/2000121805.html

閉店法というものがあり、お店は深夜はもちろん日曜も営業しちゃあいけません(空港など例外あり)

http://www.dir.co.jp/publicity/column/060502.html

ドイツには犬に関する法律も多いです。また、犬の飼育率も高いです。

http://www.geocities.jp/talismankatze/germany.html

資料が見つからなかったのですが、ドイツでは国旗(三色旗)のむやみな掲示は禁じられていて、特に鷲が中央にあしらってあるものを政府以外が掲示すると最高で逮捕まである、とニュースでW杯のころ言っていました。そんなのお構いなしでみんな掲げていたのですけどね。

詳しい内容については見つかりませんでした。

http://www.geocities.jp/tanminoguchi/20060613.htm

ドイツには兵役もあるので、ちゃんと法律もあります。

http://www.euroassist.de/germany/militaryservice.htm

レストラン内での喫煙を禁止する法律(条例)があります。

なので、タバコを吸う人はレストランの外に出なくてはいけません。顔だけでも。。。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071225_german_smo...


以下のサイトの5月22日に少し記述があります。ナチスの制定した法律は基本的に全部、無かったことにされたので今は無いのでしょうが。。

http://homepage3.nifty.com/machina/d0305c.html

(抜粋)

 さて、このニュースを見て真っ先に頭に浮かんだのが、ナチスが作った「生魚その他の冷血動物を殺すこと、及び保管に関する命令(Verordnung über Schlachten und Aufbewahren von lebenden Fischen und anderen kaltblütigen Tieren, RGBI. 1936 I Nr.3)」でした。簡単に言うと魚の殺し方について詳しく定めた法律です。


第一条

① その肉が人間の嗜好に供される魚は殺す前に気絶させなければならない。気絶は目の上方の頭部を十分に重く固い物で、力を込めて打つこと(頭打ち)によってなさなければならない。気絶後、直ちに魚を殺さなければならない。

② 鰻、カレイ類(カレイ、平目、シタビラメなど)は頭打ちをしないことができる。鰻は頭打ちをしないときは、頭部の下を背骨に達する深さで即時に体腔を切開し、かつ心臓を含む内臓を切除して殺さなければならない。体腔の切開と即時の心臓を含む内臓の切除によって失血死がなされた場合には背骨までの切開はしないことができる。カレイ類はこれを気絶させないときは、速やかに頭部を身体から切断して殺さなければならない。体腔の切開と即時の心臓を含む内臓の切除によって失血死がなされた場合には、頭部の切断はしないことができる。

③ 小売りの場合には、魚は買い主に引き渡される前に、第一項、第二項の規定によって殺さなければならない。買い主が明示的に生きた魚の引き渡しを要求し、かつ、生きた魚の持ち運びに適した十分に水を入れた容器をたずさえて来たときは別である。

山田晟「立法学序説」有斐閣 (確かこの本だったと思います)

(実際には六条まであり、甲殻類やカエルの殺し方等も定められています)



自転車も好きですよね。

http://www.geocities.co.jp/NatureLand/2091/policy/2025-25plan/se...

(抜粋)

ドイツでは2002年5月、政府が同国初の「国家自転車利用計画2002-2012」を承認、公表した。100ページにおよぶ計画書によると、主に法律、観光、調査、経済、広報活動の面から、自転車交通の改善が行われるよう、これらを重要項目として挙げている。

法体系の整備に関しては、クルマの一方通行道路において、自転車は対面交通ができるよう、市町村が率先して自転車に道路を解放することを求めている。また、長期目標のひとつとして、10年間で自転車道やレーンを増設・連結して、自転車長距離道路網をドイツ中に張り巡らす計画(D-Netz)を掲げている。

この国家計画の実施にあたり、政府は毎年1億ユーロの予算を投入するとともに、自治体にも主に道路建設に適用される地方公共団体交通融資制度(年間約16.8億ユーロ)を活用するよう求めている。これらの施策により、自転車の利用率を現在の約12%から2012年には27%に引き上げることをめざす(すでにミュンスターやフライブルクなど一部の都市では30%以上に達している)。この計画を民間からはADFC(全ドイツ自転車クラブ)がサポートするが、ADFCは長距離鉄道列車への自転車の持ち込みをさらに拡充するよう求めている。

id:ayame2001 No.5

ayame2001回答回数456ベストアンサー獲得回数332008/06/11 05:58:35

ポイント20pt

一番ビックリしたのが『閉店法』。労働組合とキリスト教、家族を大切にする習慣がらみで日曜はデパートや商店が殆ど閉店。観光客向けにレストラン、薬局等の例外を除いてですが。11月から年末にかけてのクリスマスシーズンは労働組合との合意の下、州へ許可を得て日曜回転することがありますが、別の日に振り替えへ移転しなければならない等厳しいです。

http://allabout.co.jp/travel/travelgermany/closeup/CU20061124A/


住民登録の際、宗教を記入する。キリスト教の場合『教会税』を払わなくてはならない。

http://www.pfadfinder24.de/neuigkeiten/religion.html


条例ですが、日曜に芝刈り機、洗濯機など騒音を立ててはいけない。平日でも22時以降も音楽など騒音を立ててはいけない、、『騒音防止条例』が一般的です。下記URLテーマ2の項。

http://www.nishiyama-housing.de/FrameRechts06.html


ビアガーデン条例(バイエルン州)。近所迷惑だから早く帰んなさいということ。

http://allabout.co.jp/travel/travelgermany/closeup/CU20060705A/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません