会計に詳しい方におたずねいたします。


現在、私は小さな株式会社を経営しております。2人代表制で、社員2名。(営業は代理店契約を結んで行っておりますので、これで足りています)

さて、会社が赤字なものですから、これらの経営者2名とも、他社でも社員として働いており、これらの収入の一部を、会社に入れようと思います。

つきましては、この取引をどのように仕訳すればよいでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/06/12 02:51:34
  • 終了:2008/06/19 02:55:02

回答(7件)

id:ahirusan No.1

あひる回答回数229ベストアンサー獲得回数32008/06/12 04:28:34

ポイント18pt

「売上」でよいのではないでしょうか。実は私もほとんど同じことを考えているところです。

id:kappagold No.2

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/06/12 09:47:43

ポイント17pt

個人から法人への貸付という形で、借入金として処理するのが良いと思います。

銀行振り込み等の取引が残る形で行なえば、特に書類は必要ないようですし、利息を0にしておけば、面倒な事もありません。

http://q.hatena.ne.jp/1211768417


将来的には、返済を受けることも出来ますし、そのまま会社の資本金として、増資に使うことも出来ます。

http://kaigyo.seesaa.net/article/192556.html

id:BANO No.3

BANO回答回数149ベストアンサー獲得回数102008/06/12 09:57:50

ポイント17pt

>これらの収入の一部を、会社に入れようと思います。


ここのニュアンスが少々わからないのですが、キャッシュ不足を補うということであれば役員から会社へ貸付をすればよいでしょう。


現金(or預金)   1,000,000  /  仮受金  1,000,000


期末に残高が残ってしまった場合は以下の振替を起こしてください。

仮受金       1,000,000 / 借入金   1,000,000


なお、売上に含めることはできません。


会社から役員への返済時の仕訳

仮受金(or借入金) 1,000,000 / 預金(or現金) 1,000,000

id:crashtruck5

なるほど、借り入れが期末を越える場合は借入、超えなさそうな場合は仮受で処理するわけですか。

返済時の仕分けまで、ありがとうございます。

会計の実務に大変詳しい方とお見受けいたします。今後私の質問にお答えいただければ幸いです。

2008/06/13 22:23:14
id:careplanner No.4

らいず回答回数338ベストアンサー獲得回数132008/06/12 11:34:06

ポイント17pt

個人から「借入金」として入れればいいと思います。

特に返済計画書などもなくても、大丈夫だと思います。(うちの会社は、設立当時そうしているため、未だに個人名での借入金がのこっている)

でも、あまりにも頻度が多くて高額だと、あとで税務署からつつかれるかもしれないですけど。

id:openfire No.5

openfire回答回数11ベストアンサー獲得回数02008/06/12 18:02:45

ポイント17pt

借金扱いで良いと思います。

普通預金 1,000,000 仮受金や長期借入金 1,000,000

など。

私も同じ状況で、同じ処理をしていました。

がんばってください!

id:crashtruck5

はい!

2008/06/13 00:20:02
id:dotsuki No.6

dotsuki回答回数163ベストアンサー獲得回数152008/06/13 01:47:02

ポイント17pt

給料としてもらっているものは、給与所得として個人に所得税を課税されます。

それを会社の収益に入れてしまうと、それにまた法人税がかかり、二重課税で無駄な税金を払うばかりです。

だから「法人が個人から借り入れた」という形にし、

普通預金 XX円 借入金 XX円

でよいのではないでしょうか。

id:MizukiYuzuhara No.7

MizukiYuzuhara回答回数6ベストアンサー獲得回数02008/06/13 19:18:23

ポイント17pt

(現金預金) 100 (資本金) 100

または

(現金預金) 100 (受贈益) 100

が、現実的な線だと思います。

本当は、企業会計の公準に反するので、あんまりお勧めできる方法ではないのですが。

id:crashtruck5

ありがとうございます。他の方と違うご意見ですね。

2008/06/13 22:19:28
  • id:seble
    よそで働いた賃金の上前をはねる事は違法なので、普通は借入にするんじゃないかな?
  • id:OVA3
    ↑寄付って手もありマス
    黒字化させるためにやるくさいので増資とか貸付は論外なのかも
    いずれにしても情報が少ないかなと思いマス
  • id:crashtruck5
    質問者です。

    >OVA3さん、

    黒字化に寄与する処理方法をお教え願えれば。

    どんな情報が足りないでしょう。
  • id:OVA3
    crashtruck5サマ
    既に回答が出ているようなのですが、回答が出る前だったとして
    赤字なので収入の一部を会社に入れる だけでは主目的がイマイチわかりません
    黒字化させるためなら他社との雇用状況もハッキリしないと黒字化対策は練れません
    でしたが、回答がでているようなので参考程度に

    とりあえず黒字化したいのであれば個人から会社へ寄付ができます
    仕訳 現金/営業外収益
    個人として寄付金控除の対象にならないので税金還付等は受けられません
    ほぼ粉飾なのであまりお勧めできません

    他社での雇用形態はおそらく個人だと思いますが
    会社からの委託契約等に出来れば会社は他社から売上が計上できます
    ただし、個人は他社の社会保険や労働関係法律の適用が受けられなくなります
    また個人の懐に給与が入らなくなります(会社から役員報酬を払えばいい話ですが)

    主にどちらかを行えば額にもよりますが会社は黒字化できると思います

    回答を見ている限りでは資金の補強が主だった目的のようなので
    皆さんの回答どおり会社へ貸付を行うのが一番簡単だと思います
    役員からの借入金は利息を払う必要も無く損益的には影響を受けません
    ただし返済計画に基づいた返済が必要です
    (返済、同日借入の繰り返しでも差し支えなしです)

    増資については株主総会又は取締役会の決議項目だったりで手間がかかりますが
    返済の必要が無いので資金の増強が可能です
  • id:crashtruck5
    >OVA3様

    ありがとうございました。よくわかりました。

    私は会計・税理関係の質問が多いので、OVA3様には今後ご回答いただければ幸いです。
  • id:BANO
    増資というのもありですが、OVA3(私と似たようなハンドルですね(笑))が
    おっしゃるとおり、面倒が多いことや後から減資するのも手間なので
    当面の資金、という面でしたら簡単に仮受処理がよさそうですね。
    増資減資をするためには登記も必要になるためお勧めできません。
    黒字化して、資金が潤沢になったところで増資というのは良いでしょう。

    また、資本金が1000万を超えると、
    設立初年度や2年目でも消費税課税事業者になるため注意が必要です。
    やるなら3期目以降の増資がお勧めです。
  • id:crashtruck5
    >BANO様
    1000万なんてとてもとても。
    でも、それに向けてがんばります。

    やっぱり増資って面倒くさいんですね。

    そういえば、今度本店を別の市町村に移す予定なんです。手続きできるかなぁ・・・行政書士雇う余裕はないし・・・
  • id:BANO
    移転登記はさほど難しくありませんよ。登記後の諸手続きが面倒ですが法務局で詳しく教えてくれますから心配ありません。
    まだちいさい会社なら個人の引っ越しと同レベルか、それよりちょっと面倒くらいのものです。

    こちらはなんでも自分でやらなければいけない小規模な会社の経営者にも、参考になる情報が多いです。
    総務の森HP
    http://www.soumunomori.com/

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません