ぜい肉とは何ですか。次の2つの観点から回答をお願いします。


(1)ぜい肉とそれに関連する体の成分を表す単語(肉と脂肪だけ?)の包含関係を明らかにしてください。
(知ってるものはすべて教えてください。)

(例)ぜい肉に含まれるのは肉だけである。
ぜい肉には肉と脂肪が含まれる。
肉は、ぜい肉とぜい肉でないものに分けられる。  など

(2)ぜい肉の特徴を(1)の回答で挙げた他の体の成分と比較して記述してください。
(知ってるものはすべて教えてください。)

(例)体脂肪率の高い人はぜい肉も多い。
脂肪は有酸素運動で燃えるが、ぜい肉は××すると減る。
筋肉1kgの基礎代謝量に比べ、ぜい肉1kgの基礎代謝量は××。  など

根拠となるサイトのURLを書いていただけるとうれしいです。
初めての質問なので、何か失礼があったらすみません。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2008/06/27 23:55:15
  • 終了:2008/07/02 09:01:43

回答(4件)

id:SALINGER No.1

SALINGER回答回数3454ベストアンサー獲得回数9692008/06/28 01:34:00

ポイント15pt

(1)体の成分を表す単語といいますと、「体組成」という言葉があてはまると思います。

ヒトの体は(体組織)だいたい脂肪組織21%、血液8%、骨7%、骨格筋40%、その他(皮膚や体毛など)24%で出来ています。

https://qir.kyushu-u.ac.jp/dspace/bitstream/2324/653/4/KJ0000009...

脂肪組織以外の部分を除脂肪組織といいます。また、体重に対する脂肪組織の割合を「体脂肪率」といいます。


(2)ぜい肉とは、ヒトの標準的な体脂肪以上に蓄積している体脂肪のことを指しています。体脂肪が多い人はぜい肉が多い人です。

一般的に日本人の標準的な体脂肪は男性10~20%、女性が20~30%とのことなので、ぜい肉は男性なら20%を超える分、

女性なら30%超える分と言えると思います。体の部位については例えばおしりについているとか二の腕についているとか(見た目などの)個人差があるかと。

http://www.mew.co.jp/kurasi/biyo/taisibo.html

 また今話題のメタボの診断基準で腹囲を測定しますが、これは通常CTスキャンでおなか周りの内臓脂肪を測定し、内臓脂肪面積100c㎡になるとメタボとされます。

この内臓脂肪面積100c㎡に相当する数値が男性85cm、女性90cm以上とされていることからこの数値が設定されています。

http://tokutei-kenshin.jp/metabo/index.html

ですので、腹部の内臓脂肪面積100c㎡超えた部分はぜい肉といえると思います。(しかも病気を引き起こしやすい危険な脂肪)


体脂肪1kgを減らすには約7000kcal必要とされています。健康づくりのための運動指針2006(厚生労働省:pdf)より

 内臓脂肪蓄積の指標となる腹囲の1cm減少は、約1kgの体重(大部分が脂肪)の減少に相当します。体重を1kg減少させるためには、

運動によるエネルギー消費量の増加と食事改善によるエネルギー摂取量の減少を合わせて約7,000kcalが必要となります。

例えば1ヶ月かけて1cm腹囲を減少させるためには、1日当たり約230kcalが必要となります。

食事摂取量を変えないまま週10エクササイズ程度の運動量を増加させることにより、1ヶ月で1~2%近くの内臓脂肪が減少することが期待されます。

内臓脂肪とありますが、体にある脂肪(皮下脂肪など)にもこの数字はあてはめることができます。

普通脂肪1kgあたり約9000kcalですが、人間の体脂肪は脂肪だけではなく水なども含まれているので1kgあたり約7000kcalとなります。


基礎代謝とは生きていくのに最低限必要なエネルギーのことです。

基礎代謝基準値 日本人の食事摂取基準(2005年版)ですと

男性30~49才は基礎代謝量(kcal/日)1,520kcalです。

基礎代謝による体の各部のエネルギー消費量は筋肉が53.3%占めていていることから

男性30~49才の基礎代謝量では一日あたり約810kcal消費していることになります。

id:gfh01137

(1)包含関係について。

要するに、「ぜい肉には肉は含まれず、ぜい肉の成分は脂肪100%」ということでしょうか。

もしそうであれば、(2)の質問は必要なくなりこの質問は完全に解決します。

  

「ぜい肉には肉は含まれず、ぜい肉の成分は脂肪100%」であることが書かれたサイトはありますでしょうか。

Yahoo!の辞書などで見ると、ぜい肉は「必要以上についたからだの脂肪や肉」というように肉を含んでいます。

2008/06/28 01:50:34
id:SALINGER No.2

SALINGER回答回数3454ベストアンサー獲得回数9692008/06/28 10:02:22

ポイント15pt

ぜい肉は「必要以上についたからだの脂肪や肉」という意味です。

必要以上をいうのは、かなり個人的な意識の要素を含む表現といえるでしょう。

例えば睡眠時無呼吸症候群という病気ありますが、その治療法として

[1]肥満の予防

 肥満は首のまわりに贅肉がつき、のどの内側も狭くなるためにいびきをかきやすく、実際、睡眠時無呼吸症候群の多くの方は肥満を伴っています。

とあります。この場合のぜい肉は首のまわりについている呼吸を妨げる肉ということになります。

脂肪だろうが筋肉だろうが、呼吸を妨げるものはぜい肉といえるでしょう。

 また、特に体重別に階級のあるスポーツの場合(柔道やボクシングなど)は階級上限を超える分は、

全て必要ではない肉=ぜい肉といえます。

http://www.digioto.net/boxing/archives/000866.html


一般的にはぜい肉=余分な体脂肪をされています。医者からは、脂肪が多いから減らしてくださいとは言われますが、

筋肉が多いから減らしてくださいとは言われることはないです。体脂肪が多くなると、様々な病気になるリスクが大きくなるからです。

病気やケガの原因にならなければ、ムダかどうかは別としてどれだけ脂肪がついても問題ないのです。

 むしろ過去にスポーツしていて腕や太ももなどが他の人以上に筋肉がついて太いとか、容姿(見た目)で

人より太い場所=そこにあるのは必要でないムダなもの=ぜい肉、とする場合がほとんどだと思います。

この場合ムダな肉(ぜい肉)を正確に調べるには、CTスキャンするなどしないとわかりませんしそこまでして知りたい人はいないでしょう。

中身が脂肪・筋肉かなんてどうでもよく見た目が人並みの太さであればいいのですから。

 

 しいてぜい肉を定義するなら体組成割合(脂肪組織21%、血液8%、骨7%、骨格筋40%、その他24%)を越えた分が、

標準以上についた脂肪や筋肉など=必要以上についた脂肪や筋肉など=ぜい肉と考えてと思います。

ぜい肉の割合はそれこそ個人差があるのでCTなどで詳しく調べないとわからないでしょう。

id:gfh01137

何度もご回答ありがとうございます。

  

まず、ぜい肉に肉が含まれているのかどうかですが、「含まれている」のですか。

最初の回答では体脂肪のことを指すと書いていらっしゃいますが。

睡眠時無呼吸症候群の例を挙げられていますが、この文章だけではぜい肉が肉を含んでいることの説明にはならないと思います。

また、ぜい肉の成分が脂肪と肉であった場合、逆に肉はどのように分類できるのでしょうか。

肉は筋肉とぜい肉の2種類に分けられるのか、筋肉の一部がぜい肉なのか、単語間の包含関係を教えてください。

引き続きよろしくお願いします。

2008/06/28 12:16:48
id:MEI-ZA-YU No.3

MEI-ZA-YU回答回数4729ベストアンサー獲得回数7482008/06/28 10:10:50

ポイント35pt

贅肉の「大部分」とか、「ほとんど」が中性脂肪と書いてあるサイトが多いですね。

何%がとか数値では出ていませんが、贅肉はほとんどが中性脂肪なんでしょうね。


http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000909.html

>贅肉の大部分は「中性脂肪」と呼ばれる脂肪である。

別名、トリグリセリド。脂肪組織を総称する「体脂肪」のもとだ。

3つの脂肪酸とグリセロールという物質が結びついてできている。


http://www.kao.co.jp/econa/fat_chole/neutral_fat/index.html

>「中性脂肪」と、「体脂肪」「コレステロール」との違いをご存知ですか?

まず、この点から整理してみましょう。

体についている脂肪組織を総称して「体脂肪」と呼びます。

「中性脂肪」はこの体脂肪のもと。つまり、中性脂肪が蓄積されると体脂肪になります。

一方、「コレステロール」は、中性脂肪と同じ脂質の1つで、

血液中を中性脂肪と一緒に運搬されています。



(唯一?贅肉=脂肪組織と書いてあるサイトがありますが)↓

http://blog.livedoor.jp/dietq/archives/50376175.html



http://homepage2.nifty.com/luke_apostle/vol.89.html

>脂肪細胞は、体の中に600億個あります。

余りに膨大な量なのでちょっとイメージしにくいかもしれませんが、

人間の体には全部で60兆個の細胞があるので、うち1%が脂肪細胞と言うことになります。

ところが子供の頃に肥満等によって細胞の数が増えると、

何と3,000億個;つまり全体の5%を脂肪細胞が占めることになります。

・・・・・

体内の600億個の細胞がフルに脂肪をためこむと、単純計算で60kg;

つまり、普通の人なら60kgの脂肪を溜め込むことが出来ると言うことです。


>脂肪細胞が集まったものが脂肪組織なのですが、

さて、この脂肪組織は体のどこにあるでしょう?

実は皮膚の下なら殆ど全ての場所に、脂肪組織はあるのです。


http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000911.html

>中性脂肪を減らすには、前述したような脂肪の消化・吸収をうながすリパーゼのほかに、

すでに貯まってしまった脂肪を燃やす、脂肪燃焼酵素がある。

この脂肪燃焼酵素は、筋肉を使わないでいると減ってしまうため、

運動をすると良いというわけだ。

id:gfh01137

ご回答ありがとうございます。

  

第一の論点が絞られてきたようです。

今までの回答から、ぜい肉には脂肪と肉以外のものは含まれていなさそうだということがわかりました。

果たしてぜい肉に肉は含まれているのでしょうか。

(ぜい肉という日本語からして、肉がまったく含まれていないのは違和感がありますが、根拠となる文書、サイトなどを持ち合わせていません。

それで今回の質問になったわけですが...)

  

またぜい肉に肉が含まれているとしたとき、SALINGER さんへの回答にも書きましたが、

ぜい肉、肉、筋肉(およびそれ以外の種類の肉があったらそれも含め)、どの単語がどの単語を含んでいるのかを知りたいと思います。

  

もしよろしければ引き続きよろしくお願いいたします。

2008/06/28 12:24:05
id:SALINGER No.4

SALINGER回答回数3454ベストアンサー獲得回数9692008/06/28 16:40:19

ポイント25pt

肉を辞書で調べますと(大辞林 第二版)

(1)動物の、皮膚におおわれ骨に付着する柔らかい部分。一般に、皮下組織と筋肉をいう。

つまり 肉というのは皮下組織+筋肉ということになります。

同様に皮下組織を辞書で調べますと

脊椎動物の真皮と骨や筋肉との間にある結合組織。ヒトでは膠原繊維・弾性繊維・脂肪細胞から成り、

血管・神経が多様に貫走し、汗腺と終末神経小体が存在する

要は脂肪、血管、神経などが皮下組織にあたります。

「ぜい肉」というのは「必要以上についたからだの脂肪や肉」のことですから、言いかえますと

「必要以上についたからだの脂肪や皮下組織や筋肉」となります。(皮下組織に脂肪が含まれますので脂肪が2回重なっていることになります)

 あなたが自分の体に必要以上についていると思う肉があるのでしたら、それが脂肪だろうが筋肉だろうがどちらも肉なんですからぜい肉にあたります。

睡眠時無呼吸症候群の例については、あなたにはぜい肉と思わなくても(ただの肉と思っても)、この病気の人にとってはぜい肉にあたるのです。

ぜい肉は人それぞれ違います。


まとますと

ぜい肉・・・必要以上についたからだの皮下組織(脂肪、血管、神経など)や筋肉

 肉 ・・・皮下組織(脂肪、血管、神経など)や筋肉。ぜい肉も肉の一部

筋肉・・・筋肉のみ

でいかがでしょうか

id:gfh01137

>それが脂肪だろうが筋肉だろうがどちらも肉なんですから

  

脂肪も肉の一種であると言ってるように聞こえます。って言ってますよね(笑)

それは明らかにわたしの持つイメージと違います。

ただ、スーパーで売ってる牛肉や豚肉を買っても脂肪が含まれてるのでそれと同じことなら脂肪も肉の一部と言えますね。

これは肉をミクロで見るかマクロで見るかってことなんでしょうか。よくわかりません。

  

でもそうすると、さらにエスカレートして、筋肉には脂肪は含まれてないのか、ということになってしまいます。

それなので、肉に脂肪は含めたくないです。

  

それと、必要以上についた皮下組織のうち、血管や神経などは必要以上につくことがないとすれば、

必要以上についた皮下組織は、必要以上についた脂肪と言いかえることができます。

  

(以下、血管や神経などは必要以上につくことがないとして話を進めます。)

とすると、次のようにまとまりますでしょうか。

  

ぜい肉(贅肉)・・・必要以上についたからだの脂肪や筋肉

脂肪・・・ぜい肉とぜい肉でない脂肪からなる。ぜい肉とぜい肉以外の脂肪の成分が異なるわけではなく、体に必要以上についている脂肪をぜい肉という。

筋肉・・・ぜい肉とぜい肉でない筋肉からなる。ぜい肉とぜい肉以外の筋肉の成分が異なるわけではなく、体に必要以上についている筋肉をぜい肉という。

肉・・・皮下組織と筋肉

  

なにかございましたら、コメントでお願いします。

2008/06/29 12:13:01
  • id:gfh01137
    ×(2)ぜい肉の特徴を(1)の回答で挙げた他の体の成分と比較して記述してください。
    ○(2)ぜい肉の特徴を(1)の回答で挙げたような他の体の成分と比較して記述してください。
      
    と訂正いたします。
  • id:SALINGER
    ちょっと付け加え。
    体組成がわかる体重計がいろいろ売られています。
    http://www.healthcare.omron.co.jp/product/hbf362_1.html
    これで測れば、だいたいの体の部位の組成をしらべることができます。
    (正確にとなると詳しく調べないといけないでしょうが)
  • id:gfh01137
    この質問はいわしタイプってやつのがよかったかも知れませんね。
    なにぶん、初めてなもので。
      
    まずは、質問の(1)の包含関係を片づけてしまいましょう。
    場合によっては(2)の方はもういいです。
      
    (1)の質問に例として挙げた、次のような関係を明らかにしたいです。
      
    ぜい肉に含まれるのは肉だけである。
    ぜい肉には肉と脂肪が含まれる。
    肉は、ぜい肉とぜい肉でないものに分けられる。
      
    よろしくお願いします。
  • id:tatsu___kun
    tatsu___kun 2008/06/28 19:20:58
    まず、贅肉が医学用語ではありませんので、正確には贅肉の語源をたどる必要があると考えますが、その語源で医学的根拠とリンクしていなければ、贅肉を医学的に定義することは不可能です。
    ところで、贅肉は、一般的には肥満体質における余剰な皮下脂肪組織と考えられているとすれば、贅肉に骨格筋は含まれないと解されます。
    そもそも、この設問での肉とやらも、医学的に何を指しているのか不明です。医学で該当すると考えると、皮下軟部組織に近いということになるのでしょうか。
    まとめると、肉も贅肉も医学的に定義されていない以上、この設問には回答しようがありません。
  • id:SALINGER
    tatsu___kun さん

    >贅肉は、一般的には肥満体質における余剰な皮下脂肪組織と考えられているとすれば、贅肉に骨格筋は含まれないと解されます。
    たしかに一般的には筋肉は余分なものはなく脂肪は余分なものという認識なのですが、筋肉太りという言葉があることから人によっては筋肉も
    余分な部分は贅肉といえるんじゃないかと思います。
     何がぜい肉かって肥満症などの病気じゃなければ医学的には問題なく(多分定義もされていない)、大半はその人の見た目という主観的なものですから
    それ以上いいようがありません。
  • id:gfh01137
    tatsu___kun さん
      
    コメントありがとうございます。
      
    贅肉が医学的用語でないのであれば、確かに医学的に定義することは不可能です。
    ただし、医学用語でないからといって、明確な定義がないことの根拠にはなりません。
      
    贅肉という用語に明確な定義がないことを証明するのは困難です。
    いろいろ考えた結果、どうしても明確な定義が見つけられなかったときに、明確な定義が
    なさそうだと推論することができるだけだと思います。

    「明確な定義」の定義とは?って聞かれると、わたしの考える答えはあるのですが、
    話がはずれて長くなってしまうので、そこに突っ込むのはご遠慮くださいね。
  • id:tatsu___kun
    tatsu___kun 2008/06/29 18:17:52
    皆様の回答・コメントを拝見しますと、肉及び贅肉及び筋肉について解剖学にそって明らかにしようとしているように見えます。

    前述のコメントにも書いたように、肉も贅肉も「医学的根拠に基づいて定義されている用語」でない、と考えられますから、
    これらの言葉が仮に他の学問的に定義されていたとしても、その定義の段階において医学的根拠とリンクしていなければ、
    医学用語である解剖学用語を用いて内包関係を明らかにすることは不可能です。

    (もし、明らかにするのなら、定義即ち語源を洗いざらい調べる必要がありそうですが、現実的ではありません。)
  • id:gfh01137
    もう回答が付かないようなので閉じます。
      
    広辞苑を見たら、ぜい肉は柔らかく肥えている「筋肉」とのこと。
    広辞苑の中に、筋肉と脂肪の関係が書かれていませんが、普通に考えると筋肉には脂肪は含まれていないので、「脂肪はぜい肉には含まれていない」ということです。
      
    辞書によって意味が違うということは、ぜい肉には合意された意味が存在していない可能性が高いですね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません