雑誌『経済界(2007年3月)』においても、名古屋で注目のベンチャー企業として紹介された「ナカテック・コーポレーション(業務用エアコンの販売)」、

「ハンズ・コーポレーション(健康産業)」に関して、売れている要因や社長のインタビュー、現状に関する情報を教えて下さい!!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/06/28 16:04:10
  • 終了:2008/06/30 16:22:44

回答(2件)

id:sylphid666 No.1

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902008/06/28 19:08:07

ポイント35pt

ナカテック・コーポレーションですが、以前財団法人からコンサルタントの派遣のアドバイスを受け、事業の元としているようです。

http://www.aibsc.jp/tabid/231/Default.aspx

>1. 新規事業開拓

脱下請を目的とした業務用空調設備の会員制保守サービスは順調に業績を伸 ばして、売上規模では家庭用空調設備施工売上の上回るようになった。

業務用空調設備の中には施工代金だけではなく会員の空調等設備入れ替え伴 う新設空調機の売上が加算されているので単純な比較は出来ないが、単なる下請企業からの脱皮する基礎固めは出来たようである。

2001年8月の会員は800社を超えてさらに増加基調にあり、新規事業開拓は 成功しつつあるといえる。

>2. 経営改善

施工工事については正社員を増やすことなく契約社員、外注を利用して大手企業の求める即納体制に対応しながら、繁閑の仕事量変動を吸収する体制ができつつある。

販売については代理店システム、FCシステムを進めつつあるが、まだ骨格の段階で、今後、実験を重ねての改善が必要であろう。業務処理体制については指導時間不足で、改善の方向性を示すに留まったが 経営者以下社員はその方向に賛同しており、今後の社内努力に期待したい。

3年事業計画を作成して将来的な事業経営に対する経営者の考え方の整理は出来たが、社員との共有が今後の課題である。

>3. 今後の課題

正社員1人当りの売上は183%、経常利益は435%とこの1年間で大幅に伸びているが、経常利益率から見ると物足りない面があるが。

この1年は会社形態変更、会社所在地変更、将来へ向けてのテストマーケテイングなど出費がかさんで、やむを得ない面もあるが、経常利益率改善は今後の大きな課題である。

id:April_Mirage No.2

April_Mirage回答回数62ベストアンサー獲得回数22008/06/29 00:44:48

ポイント35pt

名古屋のハンズ・コーポレーション

業務内容

http://www.handsco.net/business.html

現状

1.http://www.handsco.net/news/6.html

2.http://www.tbcsweb.net/news/15.html





ハンズ・コーポレーション

代表者: 韓 宇

本社所在地: 神奈川県横浜市港北区新横浜2-2-8 ナラビルII 11階

http://www.hanz-corp.com/corporation.html

こちらも健康関連でハンズ・コーポレーションという社名です

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません