"個性"というものが叫ばれていましたが、個性を尊重するという発想の出所はどこなのでしょうか?

というよりも、例えば「今の時代は個性というものが過度に主張されている。本来のあり方に立ち返るべき」とかいう文章を書くとすると、それじゃあ個性の本来のあり方は一体何なのか、個性という考えの起源、一体いつ頃どんなコンテキストのもとでそういう発想が生まれたのかが問題になってくるのですが、それがわからないのです。
そんなわけで、個性という発想の大本はどこにあるのか知っている方は情報をお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/07/02 12:22:18
  • 終了:2008/07/08 18:00:56

ベストアンサー

id:I11 No.2

ラージアイ・イレブン回答回数732ベストアンサー獲得回数552008/07/02 13:34:15

ポイント55pt

近代教育学の祖、ルソーの『エミール』に個性の原点があります。

  

http://d.hatena.ne.jp/asin/4003362217

エミール〈上〉 (岩波文庫)

エミール〈上〉 (岩波文庫)

  • 作者: ルソー
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

その他の回答(5件)

id:martytaka No.1

martytaka回答回数87ベストアンサー獲得回数22008/07/02 13:26:22

ポイント30pt

キリストは最高の個性主義者であったのみではなく、

史上における最初の個性主義者であった。

とオスカー・ワイルドは言っております。

個性という考え方自体、どうもキリスト教と深い関係があるように思えます。

当初、迫害されてはいたが、やがてはローマ国教になり、今では、世界最多信者数の宗教です。

つまり、迫害されても潰れずに、しかも世界最大の世界宗教になった経緯からも、

その思想そのものに、他者の批判にもめげない強い特色が内在されているかもしれません。

私はキリスト教と深い係わり合いがあると考えます。

答えにはなっていませんが、方向性は示せたでしょうか。

id:I11 No.2

ラージアイ・イレブン回答回数732ベストアンサー獲得回数552008/07/02 13:34:15ここでベストアンサー

ポイント55pt

近代教育学の祖、ルソーの『エミール』に個性の原点があります。

  

http://d.hatena.ne.jp/asin/4003362217

エミール〈上〉 (岩波文庫)

エミール〈上〉 (岩波文庫)

  • 作者: ルソー
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

id:falcon2 No.3

falcon2回答回数331ベストアンサー獲得回数22008/07/04 00:19:47

ポイント1pt

田舎のがっこうのせんせじゃないですか

id:jagging No.4

jagging回答回数11ベストアンサー獲得回数02008/07/06 04:35:37

ポイント20pt

明治に日本が開国して、

欧米の法律を導入したとき、

基本はフランスから真似ました。

ただ、

フランスの民法はすごく個人主義だったのです。

で、もめて、

結局、家長制度とかのあるドイツの民法を真似た。

正直、個人主義は

大昔からあります。

日本で言われるようになったのは、割と最近ではないですかね。

少なくとも、明治の時点では言われてません。

id:hayato1986 No.5

hayato1986回答回数19ベストアンサー獲得回数02008/07/06 10:12:15

ポイント2pt

集団から外れた人が成功するからじゃないですかね。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません