アンゴラ山羊から採れる【モヘア】の話題ですが、

トルコのものが年に1度しか毛刈りされないということで、高価だと聞きました。

▼トルコのアンゴラ地区でアンゴラ山羊が飼われているらしいのですが、
その具体的な場所はどこか分かるでしょうか?

▼それから、トルコ産のモヘアの日本での一般的な価格が分かれば教えて下さい。
トルコでの価格も分かればいいのです、、それは無理ですよね。。

▼また、モヘアにもいろいろとランクがあるのかなと思うのですが、
どういう基準で分けられるのか、どのくらいの種類に分けられるのか教えて下さい。


宜しくお願いします!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/07/02 14:35:07
  • 終了:2008/07/04 23:07:43

回答(2件)

id:masa5916 No.1

masa5916回答回数33ベストアンサー獲得回数02008/07/02 15:12:43

ポイント50pt

アンゴラ山羊=angora goat

質問の回答として、トルコのアンゴラ地区での飼育地域は「アンカラ」だと思われます

旧約聖書にすでにアンゴラ山羊についての言及があり、この地方原産のアンゴラ山羊の毛は古くからモヘヤとして珍重されています。モヘヤは細く軽く柔らかいにもかかわらず大変丈夫な繊維で光沢のある色あいを持っており、アンカラ周辺地域の重要な輸出品として地域経済を支えています。

http://www.jp-tr.com/icerik/fauna/angora.html



モヘアのランク

http://www.lonner-net.co.jp/104/1041/mohair.html

アンゴラ山羊の成長段階においてキッド、ヤングゴート、アダルトの3ランクに分けられます。 ..









参考にどうぞ

トルコアンゴラ地区には山羊、兎の他に 「アンゴラ猫」 がいます。

http://zipangu.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/index.html



日本でも飼育している人がいます

http://www2.ocn.ne.jp/~marysan/sub14.html

id:ryota11

ざっくりは分かりました!

ありがとうございます!

2008/07/02 16:11:35
id:nofrills No.2

nofrills回答回数874ベストアンサー獲得回数1592008/07/02 22:34:30

ポイント80pt

http://www.singingfalls.com/mohair.html

英語のページですが(北米のモヘア牧場のサイト)、少しスクロールすると地図が出てきます。この地図で示されているのがアンカラです。


同じページから:

Turkey was recorded to have produced distinct types of mohair ranging from ultra fine to semi course in its various provinces. The following is a sampling of the mohair types from the various regions.

Yaban-Ova: A heavy lustrous fleece

Chorba: A mohair fleece so fine that it fell apart as soon as it was shorn from the angora

Chubouk-Ova: Remarkable because of its length and fineness

Ayash: A white lustrous fleece of varying weights

Joevas: Bright and showy but containing some kemp fiber

つまり、トルコでは場所によって極細から中細(かな、semi)までさまざまなモヘアが産出される。下記はその例である、ということで:

  • ヤバン・オヴァ(かな?):重く/太く、光沢のある糸
  • チョルバ(かな?):極細で、アンゴラヤギからすき取ったとたんにばらばらになってしまうほど
  • チュブーク・オヴァ(かな?):長さと細さが抜きん出た糸
  • アヤシュ(かな?):白く光沢のある糸で、ウェイトはさまざま
  • ジョエヴァス(かなあ?):明るく鮮やかな糸だが、ケンプ(くず繊維みたいなもの)が少し入っている

そして、上記ページには、地域によってこれほどまでにいろいろな特徴が出るのは、ひとつには食べ物と天候の影響と考えられ(毛のたんぱく質が違ってくる)、もうひとつには遺伝子的なことが考えられる、と説明しています。細くて上質の毛のとれるアンゴラヤギは「ひと財産」という感じなのだそうです。


「トルコ産のモヘアの日本での一般的な価格」についてですが、毛糸は加工されたものが輸入されているケースも多いので、毛糸のメーカーさんに訊くのが一番早いと思います。(「モヘア100パーセント」の糸は、紳士服などの服地ならあるのかもしれませんが、毛糸だとたぶんないです。)

http://www.maruka-gp.co.jp/lista-w/a-walllist/mohair.htm にメーカーさんの名称と毛糸の商品名がありますので、ここをベースに調べてみてください。

手芸店でよく見る毛糸の「ハマナカ」さんは

http://www.hamanaka.co.jp/aboutus/company.html

うちの家族が編み物講師をしていたときに使っていた「パピー」さんは

http://www.puppyarn.co.jp/01company/

……などなど、メーカーさんの名称で検索するとすぐにわかると思います。

(検索候補が多すぎたら、「毛糸」も検索ワードに加えればたぶん一発です。)

id:ryota11

とても参考になりました!

ありがとうございます!

2008/07/04 23:07:32

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません