いわゆるMAD動画はだれのどのような権利を侵害しているのでしょうか。またその損害規模はどのくらいなのでしょうか。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/07/03 09:58:05
  • 終了:2008/07/04 07:10:58

回答(1件)

id:guffignited No.1

guffignited回答回数361ベストアンサー獲得回数142008/07/03 10:28:56

ポイント60pt

だれの

元ネタを一次創作した人。またはそれを管理している主体にも影響がある

どのような権利

本来そのサービスを購入・または使用した際に当然かかるべきであったであろう諸々の費用・権利


ケース

ニコニコ動画

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/02/news093.html

誰の

アニメ各社が加盟する日本動画協会と、映像制作会社や映像ソフトメーカーが加盟する日本映像ソフト協会、映画各社が加盟する日本映画製作者連盟。

どのような

三団体会員企業の著作権を侵害した動画(ここには書かれていませんが、無断使用など)

id:jute

フリーライドという形ですね。MAD作者とアニメ等の製作者の市場は競合しているという。たしかに本編よりMADのほうを楽しんで満足しちゃってるかもしれません。テレビも見てないです。

2008/07/03 11:29:07
  • id:jute
    なんか抽象的すぎて意見がでてこなさそうなので終了します。
    結論としては、MADはニコニコの範囲なら市場の競合を生じさせるものではないが、場合によっては元作品の市場を侵したり悪影響をもたらすものもあり、ケースバイケース。同一性保持権は人格権であり、損害としては精神的損害と同様で額としてはたいしたものではない。経済的に問題となるのは翻案や複製、公衆送信のみ(しかも許諾実施料相当額がほとんど)だが、非商用ならそれも小さい。
    誰のということでは、広告事業者という話もあるが、独占する場の広告効果が相対的に多少低下するとしても、MADは既存の有名性を利用するもので市場段階としてそれほど競合するものとはいえない。
    他の配信事業者についても、MADは本編でないので問題とならない。むしろプラス。
    ということで、原作品の著作権者の権利だけが問題として残る。
    MADはユーザーが面白いと思ったモチーフを発見するところからはじまるもので、与えられたものから生じるものではない。よって常にグレーの状態からスタートする。MADが存在しつづけるためには同人と同様グレーのままでいるしかない。
    なら、なぜアウトということにしたのか。態度をはっきりとする必要があったからというしかない。あるいは議題にあったから。jcastによるとまだある程度の余地が残されている感じだが、はたして。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません