テレビドラマのトリビアのような逸話を教えて下さい。


例えば
時代劇の水戸黄門。今では必ず印籠を出すイメージがありますが、初期の頃は出していないらしいです。

このような感じの話でお願いします。
本当の話がもちろんいいですが、噂話など本当か嘘か怪しいものでも構いません。
ただし、明らかな嘘は辞めてください。

よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/07/11 23:27:54
  • 終了:2008/07/18 23:30:02

回答(6件)

id:hommy No.2

hommy回答回数55ベストアンサー獲得回数12008/07/12 00:18:20

ポイント23pt

3年B組金八先生が公開され好評を得はじめていた時、

武田鉄矢は福岡教育大学教育学部の学生だった。

http://www.tbs.co.jp/kinpachi/

id:Kakeru No.3

Kakeru回答回数727ベストアンサー獲得回数172008/07/12 00:36:06

ポイント22pt

ドラえもん役の声優として知られる大山のぶ代は、「太陽にほえろ」の脚本を書いていたことがあります。

http://www.asahi-net.or.jp/~bf6k-ngsk/stories/78.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E3%81%AE%E3%81%B...

id:nakata-ryo No.4

nakata-ryo回答回数185ベストアンサー獲得回数32008/07/12 14:40:39

ポイント22pt

101回目のプロポーズ - Wikipedia

『101回目のプロポーズ』は本来、武田さんが振られる予定だったのですが、主題歌「SAY YES」の曲の影響でハッピーエンドになりました


また、『振り返れば奴がいる』は三谷幸喜さんの始めてのゴールデンドラマ脚本作品ですが、この際に現場でどんどんストーリーが変えられ、そのときのショックが映画『ラヂオの時間』の製作時に大きな影響を与えました

id:guffignited No.5

guffignited回答回数361ベストアンサー獲得回数142008/07/17 14:48:54

ポイント10pt

・太陽にほえろ

の殿下の死に様が自動車事故だったのは、本人がそう希望したから。残酷な死の瞬間をファンに見せたくなかったそうだが、ちょうど同時期にテレビ局にファンの「死なせないで」という意見が殺到したという話もある。

と、『世界一奇妙なクイズ』で言っていました


[編集] 撮影秘話番組の収録は世田谷区砧にある国際放映(旧・新東宝)で行われた。ここの7番ステージにパーマネントセットが組まれ、月に二回(隔週金曜日)レギュラーキャストが集まって刑事部屋などのシーンが収録された。基本的に同じ監督で二本同時収録し、実撮影日数は約14日。本パーマネントセットは、同番組パート2終了後、「胸キュン刑事」の原宿音羽署捜査課として流用された。

撮影の遅れを取り戻すため、B班と呼ばれる別班が応援に入る。2班同時進行で、俳優らは多忙を極めた。A班主要スタッフ(撮影技師・助監督等)を混ぜて作品のできが均一になるようにしていた。A班は主に竹林・山本監督など東宝出身または鈴木監督が、B班は澤田・小澤・斉藤監督など外部出身監督があたる場合が多い。B班制作は年に10本程度。

七曲署庁舎は世田谷区内の海上自衛隊(上用賀基地)を借用。ただし、屋上のない二階建なので屋根が写らないように撮影していた。現在は建替えられ外観は変わった。屋上のシーンは北新宿で撮影。

予告編は助監督に制作が任され、未使用カット・NGカット等を使用し編集される。しかし、新撮カットや予告のために撮られた演出違いのカットが挿入される場合もあった(例・「島刑事よ永遠に」「スコッチ刑事登場」など)。また、初期ではナレーション(音声)違いの別バージョンが販売された予告編集(七曲署ヒストリー)で確認されている。反対に「マカロニ死す」の放映予告編は黒バックに字幕だが、ヒストリー版では青バックとなっている編集違いも存在する。13話や「デューク刑事登場」予告編は放映版とヒストリー版では内容が全く異なる。基本的に30秒枠だが、新刑事登場等では45秒に拡大する場合もある。「島刑事よ永遠に」ではさらに15秒スポットが投入された。他にも新刑事登場を節目に番組宣伝(CM)も数種類流された。

初期のステージガンは日活コルト等を使用。後にMGCハイウエイパトロールマン41(通称MGCハイパト41)が刑事ドラマ全般で使われ始めた。藤堂は電気発火式ルガーP08を愛用していた時期もある。76年、滝の登場から銃身の短いMGCMGCローマンMkIIIが刑事ドラマ全般の主流となる。昭は神田正輝本人の強い希望で小道具係が自動式拳銃MGCSW/59を準備して使用、澤村誠は44口径としてM29を使用。

ハイパトは各刑事専用に改造され、「ジーパン22カスタム」「テキサスカスタム」「ゴリカスタム」「殿下カスタム」も作られた。原昌之(OPは殿下専用銃を使用)は登場直後はローマンだが、以降はパイソン2.5インチに。パイソンは後に島津、喜多らに継承された。以上は全てモデルガンメーカーのMGC社製。各ステージガンは国際放映と東宝の小道具(番組後期まで)で、他番組でも流用(銃器登場が頻繁だった「大追跡」と放映が重なる時期は発砲シーンが少なくなる)される。また、一部役者が持ち込む場合もあった。小道具担当は春木弘(中途降板)で製作はMGC、グットビレッジやTMG(東京メイクガン)、戸井田工業。神田正輝の登場時はトビー門口がガン・アドバイザーとして参加していたため神田が使用するバック・サイド・ホルスターもトビーのスタッフが考案、後に劇中仕様と全く同じものが一般市販された。この後、2タイプのホルスターは様々なGunショップで複製され発売された事もあった。この神田正輝登場前から劇中でもトビーが他の映画作品等で製作していたステージ・ガン(ニューナンブ型電気発火式拳銃等)が登場することもあった。尚、神田の使用するM59は昭和59年10月からフロントサイトやエキストラクター、バレル等の細部が変更されモデルガンそのままの外観と作動方式に変更、撮影を円滑に進める為に電気発火式モデルも併用された。

藤堂俊介の出番の一部を渡辺徹が代役していたことが後に紹介されている。石原裕次郎の負担を軽減させるための策として活用された。

[編集] 番組へのオマージュ

ドラマ『大追跡』で、沖雅也演じる矢吹が容疑の掛かっている女優宅で「太陽にほえろ!」の台本を見つけ、それをめくりながら"スコッチ刑事って最高でしたよね"と上機嫌で女優に話し掛けるとその女優が"私はジーパンが好き"と答え、矢吹が困惑の表情を浮かべるというシーンがある。

ドラマ『探偵物語』で松田優作演じる工藤探偵が、調査に協力させた組員3人組に"ゴリ・殿下・ロッキー、出動だ!行けー!!"と叫ぶシーンがある。このシーンが撮影されたのは"ジーパン刑事"として度々疾走した西新宿の高層ビル群の中であった。

番組放映中にはフジテレビドラマ『翔んだカップル』のパロディシーン「太陽にまねろ!」があった。柳沢慎吾が山さんに扮し、長身なADスタッフをジーパン役にして演じていた。柳沢本人に確かめたところ、ジーパンのコスプレ衣装は彼のコレクションを利用していたそうである。純の衣装バリエーションを克明に再現していた。

『NEWジャングル』で55話「どぶねずみ」が「浩平が泣いた」に、102話「愛が終わった朝」が「婦警の恋」に、『刑事貴族』では「危険な約束」と「島刑事よ安らかに」がそれぞれリメイクされた。

とんねるずのバラエティ番組『みなさんのおかげです』(フジテレビ)のコーナーとして「太陽にぽえろ!」、「太陽にほえるな!」が放映された。「ぽえろ」ではチェッカーズがマカロニ、ジーパン、シンコ、テキサス、ロッキー、殿下、ゴリさん役で、地井武男が「トシさん」本人役として出演。「ほえるな」ではジーパンっぽい風貌のバミューダ刑事、オリジナルキャラのクレーン刑事が登場した。

東映Vシネマ第一作として大川俊道脚本・監督で『クライム・ハンター』シリーズが製作された。世良公則、又野誠治、竹内力らが出演したガン・アクションの秀作。又野は「ブルース澤村」という殺し屋役で、番組では実現しなかった「殉職シーン」(?)を披露している。

『あいつがトラブル』(フジテレビ)で萩原健一が演じた役名は「沖田淳一」で、早見淳に由来している。設定も、もし早見が生きていたらなっていたであろう中年刑事像である。

大野克夫作曲による テレビアニメ『名探偵コナン』のテーマ曲は、本作メインテーマのイントロ部分を再現してほしいと制作側から依頼があり、セルフカバーのような作品となった。

『はみだし刑事/情熱系』(テレビ朝日)では「山さんがボスを撃つ!?」が、『特警ウインスペクター』では「対決6対6」が「大人をやっつけろ」(杉村升脚本)としてリメイクされた。

金曜ドラマ『ケイゾク』(TBS)で野々村係長(竜雷太)には“これでも昔はゴリ押しのゴリさんなんて呼ばれた事もある”という台詞がある。さらに劇場版では「殿下やマカロニと後楽園に犯人を追い詰めて…」という台詞も。主人公「柴田純」(中谷美紀)の役名は優作と同じでそのまま拝借した。

山下真司は『ケータイ刑事銭形愛』に当時と同じ役名「五代潤」で出演、以後も銭形舞、銭形泪、銭形零とケータイ刑事シリーズに登場した。さらに、銭形愛の第1話では下川辰平も「野崎太郎」で出演、最後の「長さん」役であった。また、ケータイ刑事シリーズ内ではところどころで本作に関連する小ネタが登場する。

1994年頃、AGFの缶コーヒーのCMで、岸谷五郎が本作メインテーマに乗って“ブレンディ刑事”に扮した。そのCMには竜と下川がそれぞれ石塚と野崎を思わせる役で登場している。

2005年には給湯システムのコマーシャルで小野寺昭が「電化」と「殿下」をかけ、「ボス、殿下(電化)だ! 殿下(電化)だよ!」という台詞を披露している。

『鳥人戦隊ジェットマン』の最終回で主人公の一人・結城凱が引ったくり犯に刺殺された。これは「マカロニの殉職をイメージして執筆した」と脚本家・井上敏樹が誌上で答えている。

[編集] その他

小野寺昭がテレビ東京系「レディス4」にゲスト出演した際に語ったところによると、神奈川県小田原市のある海岸に、島の墓がファンによって作られていたという。小野寺本人もお参りをして、殿下ファンや太陽にほえろ! ファンと一緒に写真撮影等もしていた。現在は撤去されているという。

石塚役の竜雷太が6年目頃に降板を申しいれた時期があった。その時、実は先に小野寺の降板が決まっており、竜は降板することができなかった。それから殉職するまでの約4年間、竜は本作だけに仕事を絞っていた。その後ロッキー殉職の撮影時期に再度降板を申し入れ、岡田Pが懸命に説得するが本人の意思が固く、525話「石塚刑事殉職」が太陽にほえろ! 初の90分スペシャルとして放送された。

ドン・ジョンソン主演『刑事ナッシュ・ブリッジス』ではナッシュ自身が金庫破りに扮して盗賊団に潜入して犯罪を食い止める62話「プロフェッショナル」と酷似した作品と、白骨死体から復顔した顔と瓜二つの人物を真犯人に突きつけて自白させる66話「生き返った白骨美人」と似たエピソードがある。

自ら殉職と言う形で降板を希望した萩原だったが「人が死ぬ間際には、どんな事を思ったり言ったりするのだろうか?」と悩み、下川に相談。下川は「戦争中の特攻隊員が故郷のお母さんの事を思い叫びながら、敵機に突っ込んでいった」と語り、そのアドバイスをもとに淳の最期の台詞が決まった。[11]

84話「人質」と『刑事コジャック』TVシリーズ1話は酷似しているが、どちらもアムステルダムで起きた実在の篭城事件が元になっている。

犯人を逮捕する際、正当防衛や緊急避難以外で暴行を加えることは違法行為だが、当局は劇中の演出を黙認していた。「犯人を射殺する」ことだけはしないよう制作サイドに要請したという[12]。

著名声優のゲスト出演も多く、異色の例として熊倉一雄がメインを張った回などが存在する。

196話「言葉の波紋」で落語家になる前の立川志の輔がバーテンダー役で出演している。(クレジットは本名の竹内照雄名義)[13]

2005年11月よりニューギン製のパチンコのキャラクターに採用された。権利などの関係から、実写映像は使われていない。

創と令子の間にできた双子の名前は裕太と陽子であり、石原裕次郎が命名した。

下川辰平によると、野崎が犯人を護送中に襲撃され殉職する話が企画されていたが、没になったという。下川は生前、初期メンバーの中で自分だけ殉職しなかったことが、今でも心残りだと発言していた[14]。他にも孫が産まれる話も予定されたが、実現されずに終わった。

昭は同僚刑事に彼独自のニックネームをつけていた。ラガー→ラッキョ、ジプシー→カルメン、ボギー→イチ、ブルース→ブル又はパイナップル。ゴリさん→ゴロウさん、スコッチ→ブランデー、ロッキー→アルプス、スニーカー→スパイク(またはスリッパ)といった具合。昭が殉職しなかった事について、神田正輝本人は「次は俺と思ってても次から次と後輩が死んでいく。いつ死ぬんだろう? と思ってたら、先に番組の方が死んでしまった」とワイドショー番組のインタビューでコメントしていた。

春日部役の世良公則は当初1年で殉職する予定であり本人もそのつもりだったが、地井武男らの説得により半年延命。結果、春日部殉職後の後任の予定だった誠が交代劇のないままに登場し、春日部とよきコンビぶりを見せた。ロック歌手であった世良だが、挿入歌の申し入れに対して「太陽には役者で来ているのだから」と固辞したという。

地井武男はレギュラー入りの会見の席で、19話(現在は欠番)ゲストの時にロケ先で石原裕次郎からカツカレーを馳走になったと『TVジェネレーション』 (TBS) で語っていた。

藤岡琢也は、城北署の鮫島刑事役(愛称:ゴロンボの鮫、鮫やん、ジョーズ刑事)として初期作品からセミ・レギュラー出演。警察退職後は様々な職業を経てその時々の若手刑事と共演、番組中盤から後期にかけてしばらく登場しなかったが、最終回直前、「ジョーズ刑事の華麗な復活」にて準と共演を果たす。

本放送の放映中に、ファンクラブ (FC) が作られ、情報誌が少ない時代に番組とファンとのパイプ役を務めた。代表的なサークルは「SUNRISE」、研究会「七曲署」などで、「10周年記念号」にFC主要メンバーがファン代表として掲載された。現在は活動休止し、かつての会員がネット上やコミックマーケットで活動している。

淳二殉職の放映の翌日、渡辺徹主演の『気になるあいつ』(日本テレビ)がスタートしたが、その冒頭は青年医師役の渡辺がテレビの中の淳二に向かって「死ぬな!」と泣き叫ぶものだった。

又野誠治演じる誠は実は“12人目の殉職刑事”になる予定であった。しかし病欠していた石原裕次郎の体調が思わしくなくレギュラー復帰を断念し番組が終了、予定されていたブルース殉職編もお蔵入りとなってしまった。ちなみに番組が続行していれば誠の後任として京本政樹の登場が予定されていて、番組15周年に当たる1987年7月17日[15]にアフリカロケ(未制作)が放送される予定であった。

id:betsumei No.6

betsumei回答回数3ベストアンサー獲得回数02008/07/18 20:55:45

ポイント10pt

「木更津キャッツアイ」でオジーが死んだのは、古田新太が新感線の舞台があって忙しかったから。

ちなみに阿部サダヲも同じ舞台に出ており、こちらは刑務所に入ることになった。

http://www.e-oshibai.com/ninpocho/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません