わたしの応援してるミュージシャンが昨日新曲を公開しました。チューブという曲です。

その歌詞の意味と解釈について、皆さんの意見を聞きたいです。
何を表わしてるのか、何を象徴してるのかとか、そういう皆さん独自の解釈も教えてください。
http://music.j-ken.ne.jp/index.php?f=cntwnd&aid=2189&id=10460&mode=sound&outside=&ch=
美しい歌なんでしょうか、それともグロい曲なんでしょうか。
上のURLからアクセスできなかったら、「やまなかたつや」で検索してみてください。

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 500 ptで終了
  • 登録:2008/07/25 05:40:08
  • 終了:2008/08/01 05:45:02

回答(2件)

すべて | 次のツリー>
たとえ、遠く儚い明日でも、そこへ繋ぐ「物」 Im_Me2008/07/25 22:52:03ポイント1pt

ベットの上で、点滴を受けながら(=細いチューブという事はドレナージではなく、点滴っぽい)

抱きしめられることも、歌うこともできない状態。

治りの早い怪我や見通しの明るい手術後、という事ではなく、

明日がどうなるか分からない、不安定な日々(はかない・頼りない、明日)


そんな状態の中だと、人は自分の不甲斐なさに嘆き、恨みたくなる。

側にいてくれる人も、やっぱり自分の力のなさを言葉にせずとも嘆いている。

来るのが当たり前で、明るかった「明日」がどれほど頼りなく、儚なかったかを、選択さえできないまま急に思い知らされる。


それでも、微かな日々を迷い、焦りながら送り続けるうちに、(冒頭)

側にいるだけの人がそれだけでどれほど自分を強く抱きしめてくれているかに気付く。

辛気臭いだけの非常灯に包まれた病室の夜さえ、ふとした瞬間にシャンデリアの部屋に変わっている。

誰かに憐れみを受けるよりも、何よりも自分が自分を哀れむよりも、

疎ましいだけに思えた細いチューブが、はかなく頼りないとしても「明日」という物へ繋いでくれる力強い手段だと

どんな形であっても、「あなた」と「私」の明日をつなぐ絆なんだと、そう思う。



美しいとかグロ…というのは解釈じゃなくて感想なんだと思いますが、

どうこういうよりも、単純にリアルだと思いました。

チューブ?パンクね、病院?入院?病的ってゴシック趣味だわ、という物ではないような。

「入院」という事を不必要に美化しているようにも見えませんし。(それならもっとお涙頂戴な歌詞があると思う)

簡単じゃない手術と、長い入院生活を経験した(あるいは付き添った)人間なら、

この「疎ましいチューブ」を「自分の味方なんだ」と自分自身に定義づける気持ちや、

夜の病棟の気味悪さ(「動けない人がいる」あの独特の雰囲気)と、

病室というささやかな王国(カーテンレールの中でも)という感覚はまさしく「ああ、そうだった」と思うのではないでしょうか。

「あたたかい冬」もリアルですよね。本当に、笑うしかないくらいあたたかいんですよ。病棟って。

下手すると冬なのにタンクトップ一枚で過ごせるくらいに。

歩けるようになると、今度はキャスター付きの点滴台が良き友になるのではないでしょうか。

すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません