1217566485 【イエはてな】“イエ・ルポ 2” #018


THEME:「あなたのマチの好きな場所、お気に入りの風景」を教えて下さい

「街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!」と展開してきた“イエ・ルポ”の続編コーナーです。“イエ・ルポ 2”では、特にマチとイエ、人と家族のドラマやものがたりを語らっていきませんか?毎回のテーマに沿って、あなたのルポをご投稿下さいね! 
豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!


*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とルポ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080801

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は8月7日(木)正午で終了させて頂きます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 登録:2008/08/01 13:54:47
  • 終了:2008/08/07 13:39:37

回答(322件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
小学校の前の道から見える風景・今昔 YuzuPON2008/08/01 15:23:17ポイント6pt

その小学校は、東西に延びる道の北側に建っています。私が子供のころ、正門の前にお店がありました。パンやお菓子と、文房具が置いてあるお店でした。その数軒西寄りには、サンドイッチ屋さんがありました。反対の東寄りを少し行って信号を越えるとお肉屋さん。そのお向かいは八百屋さんだった記憶があります。つまり、学校前の通りが、ちょっとした商店街だったんです。

ですから、子供の下校時刻のころには、買い物のお母さんたちの足も、学校の近くにたくさん向けられていました。運がいいと自分の母に会えます。そうでなくても、友だちのお母さんによく出会いました。安心な町でした。自然発生的なお母さんパトロールです。お肉屋さんの前で母に会って、コロッケ買ってよとねだりながら服の袖を引っ張ると、学校前通りの向こうに真っ赤な夕焼け。そんな風景を思い出します。

今は、全てのお店が閉店してしまいました。変わらないのは、下校時刻の子供たちの姿と、道が延びていく先の夕焼けです。私はこの学校前通りが大好きで、時々ふらりと立ち寄ります。変わってしまったものもたくさんありますが、いつまでも変わらないものも、ここにはあります。そのひとつが正門です。いったい何十年ここにあるのでしょうか。古びた○○小学校の特徴のある書体の文字が、今も変わらずそこにあります。校庭の様子も、ほとんど変わりません。

そこから徒歩で、決められた通学路を通って家まで歩いてみます。景色は変わっても、道は変わりません。6年間歩き続けたこの通学路も、大好きな場所、大好きな風景の一つです。

風景が目に浮かぶようです SweetJelly2008/08/01 16:32:03ポイント5pt

とても緻密な描写で、学校前通りの今昔の風景がそれぞれ浮かんでくるようです。子供の頃ずっと親しんでいた通り、そしてお店、通学路の家並み。変わる物はどんどん変わってしまいますが、変わらない物はいつまでも変わりませんね。私も久し振りに母校を訪ねてみたくなりました。そして子供の頃の記憶をたどってみたいと思います。私も子供の頃は間違いなく、学校の周りの風景が、町の中で一番好きな風景だったと思います。

小学校の近くの交差点 アトムアトム2008/08/02 07:55:09ポイント4pt

 毎朝通る駅への道すがら、小学校があります。いつもは小学生の投稿時間とぼくの出勤時間がずれていますが、ときたまそれが重なることがあるんですね。

 集団登校。かれらはみんな信号を守って道路を横断するんです、当たり前ですけど。

 小学校に一番近い交差点。

 交通量も少ない、距離にしても短い交差点なんですが、信号が設置されています。

 子供たちが信号を守って並んでいると、普段なら信号無視する大人たちも、そこは大人としての矜持、ちゃんと青になるまで待ってから横断します。

 この小さなルール遵守がとても清清しくって好きな光景です。

桜舞い散る学校前通り Oregano2008/08/06 00:49:40ポイント3pt

私の出身小学校は、校庭の道路際に、それは立派な桜の木が数本あるんです。それが咲くと、本当にきれいです。子供のころは、それをごく当たり前の風景として、何気なく見ていたんだろうと思います。登下校時に桜を感慨深く眺めていたなんていう記憶はありません。でも、桜吹雪の下であんなことをしたなぁ、こんなことをしたなぁという思い出はたくさんあります。そんな思い出と共に眺める桜は格別です。

お店は、私が小学生のころにも、学校近くにありましたね。今は閉店しています。当時店先には「○○小学校指定体操服」なんていう貼り紙がしてありました。でも私たちはお菓子屋さんだと思っていました。ランドセルを背負ったまま買いに行くと、だめだよ、ちゃんと家に帰ってからいらっしゃいと、お店のおばさんに叱られました。あのおばさん、今でもお元気でしょうか。

通学路は、指定の通学路より、寄り道に使っていた道の方が印象深いです。いつも通学路が違う友だちと一緒に帰っていたので、私は毎日のように自分の通学路を外れて寄り道になっていました。その彼の住まいも、今はありません。どこかに引っ越していって、今は違う家が建っています。それでもちゃんと変わらない物もありますね。今年もまた夏休みの学校に、プール道具を抱えた子供たちが走っていきます。プールの横を通ると、そんな子供たちの歓声をずっと聞き続けているであろう大きな柳の木もいまだ健在です。

小学校の思い出も永遠に Lady_Cinnamon2008/08/06 10:01:19ポイント2pt

 いつの時の思い出も生涯こころの中に残り続けるものだと思います。特に子供の頃、幼稚園や小学校くらいとなると、無邪気だった当時の自分や友達、商店街といった登下校中に出会った街の人たち、そんな人との結びつきが風景と一緒に思い出されます。

 

 小学校というと、集団登校した時の思い出もあります。上級生や幼稚園から一緒だった友達と朝から声を張り上げて元気に通ってました。列を乱さないようにねって、1年生の時かな・・・6年生のお兄さんが笑いながらよく言ってました。

 

 今は通っていた小学校とは違う地域に住んでいますが、この街でも集団登校している小学生たちの元気な声が、朝から町中に響いています。

 

 子供たちの元気な声がこだまする。いつまでも、どこの町でも永遠に続いて欲しいと願っています。

私の思い出は通学路のわんちゃん TinkerBell2008/08/07 12:51:37ポイント1pt

学校に行く道の途中に、塀の一部が生け垣になっているお宅があるんです。

それはきっとわんちゃんのため。

ワンちゃんが夏涼しいようにとか、狭苦しく感じないようにとか、

きっとそんなことのために、塀の一部だけを生け垣にしたんだろうなぁって、

当時の私はそう思っていました。

実際にどういう理由だったのかはわかりません。

とにかくそんなちょっと特徴のある塀の家があったんです。

私がその前を通ると、生け垣の下から、わんちゃんが顔を出します。

遠くからでもちゃんと私の気配に気が付いて、

顔を出して待っていてくれるんです。

そのわんちゃんを撫で撫でするのが私の楽しみで、そして日課でした。

学校のない日でも、わんちゃんには会いに行っていましたし。

今はもう、そのわんちゃんはいません。

でも、一部だけが生け垣の特徴のある塀はそのままです。

そこが、私の大好きな町の風景の一つです。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • あなたのマチの好きな場所、お気に入りの風景 #018 お題 「あなたのマチの好きな場所、お気に入りの風景」を教えて下さい “ルポ・タイトル” 「京大・百万遍あたり、街なかの学生街」
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「早朝の朝市と、農家のおじさんの風景」by id:hanatomi 朝5時半からの朝市に行くと、行くだけで元気になります。 何もなかった場所に、真っすぐに簡単な机が並べられ、販売場所ができ
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「時々楽器の音が聞こえてくる河川敷」by id:Fuel 橋の手前から遊歩道に入り、それを歩ききると、再び河川敷に出ます。橋の手前はガチガチに護岸工事が施された人工的な川岸で、人が
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「森、果樹園、浜辺がひとつになった公園」by id:asukab 市内に砂浜のある市立公園はいくつかありますが、一番のお気に入りは、海岸沿いを列車が走る公園。もう何度もここで書かせてい
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「小学校の前の道から見える風景・今昔」by id:YuzuPON その小学校は、東西に延びる道の北側に建っています。私が子供のころ、正門の前にお店がありました。パンやお菓子と、文房具が
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「やっぱり自分の家が好き。」by id:canorps 今私の住んでる町は、結婚してから、夫の転勤でやってきた町です。 夫は関西の出身。私は関東の出身。 そんな二人に何の縁もない町です。
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「猫と心やさしい人たちが集まる裏路地」by id:TinkerBell ちょっと前までは、何軒かの家が並んでいました。 それがいつの間にか空き地になり、やがて駐車場になりました。 緑色の金網の
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「神社の境内」by id:cherry-pie 自然がたくさんで、子供の頃から大好きでした 樹齢100年、200年といった 大木があちこちにあるのです 神主さんも優しい人で、子供たちがくると一
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「木造平屋建ての古い家が続く路地」by id:SweetJelly そこだけ時代が昭和です。ほんの50mくらいの長さの路地ですが、そこには防腐剤を塗った板張りの昔ながらの木造の小さな家が並んで
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「甘く酸っぱいセーシュンの思い出がある坂」by id:Oregano 出身中学の校門の前の道を私の家の反対方向に行くと、やがて長く続く上り坂になります。それを上った先に、ちょうど私が中
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「お豆腐屋のいる風景」by id:choco-latte うちの近所ではまだ自転車で豆腐を売りにくるおじさんがいます。 ラッパの音が聞こえると、おかあさんと一緒にボウルを持って外に出ていました
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「何もない、街の中の特異空間」by id:TomCat 駅前を少し歩いてハンバーガー屋の角を曲がり、すぐにまた手前に折り返すと、小さなビルが建ち並ぶゴミゴミとした区域に入ります。ちょっ
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:47
      「桜のトンネル」by id:yoshigyu1318 私が住む街には、「桜ヶ丘通り」という通りがあります。 その通りは、名前の通り、道路の両脇に桜が植えられています。桜は、数百メートルにわたっ
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:48
      「近くに川が流れています。」by id:shig55 自然がたくさんで、子供の頃から大好きでした 樹齢100年、200年といった 大木があちこちにあるのです 神主さんも優しい人で、子供たち
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:48
      「田圃の四季」by id:vivisan イエの目の前が田圃で、田圃の四季を一年を通してみることができます。荒涼として時には一面の銀世界になる冬、耕して水をはってから田植えをし、それが
  • イエはてな -   2008-08-08 13:43:48
      「里山」by id:futanbo もう里山は私の命の恩人?です。うちから歩いて15分ほどのその場所を見つけたのは1年半前。うちはニュータウンにあるのでまさかこんな自然がこんなに近くに
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません