原潜の放射能もれが問題になっています。市民運動等(公的機関でもいいですが)で放射能漏れを検知器でチェックしている活動はあるのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/08/03 11:36:40
  • 終了:2008/08/10 11:40:03

回答(2件)

id:pahoo No.1

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/08/03 12:12:22

ポイント35pt

原子力潜水艦をターゲットにした組織的な測定活動が行われているかどうかは行われているかどうかは分かりません。


文部科学省が簡易放射線測定器「はかるくん」を貸し出しています。

長崎県佐世保市立花園中学校が、米軍佐世保基地がある関係で、はかるくんを利用した「身のまわりのいろいろな放射線について調べてみよう」という研究レポートを出しています。ご参考まで。

id:isogaya

なるほど、はかるくんをつかったものですね。市民運動としては、ないのでしょうか?

2008/08/03 14:32:24
id:MEI-ZA-YU No.2

MEI-ZA-YU回答回数4741ベストアンサー獲得回数7552008/08/03 14:59:04

ポイント35pt

http://209.85.175.104/search?q=cache:FodzNBDNg1QJ:www.nsc.go.jp/...

http://www.rada.or.jp/database/home4/normal/ht-docs/member/synop...

>(3)原子力艦寄港に伴う寄港地沿岸

    及び周辺の放射能調査


アメリカの原子力潜水艦の我が国への寄港については、昭和39年8月以降、

また原子力水上艦については、昭和42年11月以降、政府はその寄港を認めてきましたが、

寄港時等においては、文部科学省を中心として海上保安庁、水産庁、

関係地方公共団体等の関係機関が協力して放射能調査を実施しています。



我が国唯一の環境放射能・放射線に関する分析専門機関

『財団法人 日本分析センター』」

http://www.jcac.or.jp/jcac_progress.html



http://ts.way-nifty.com/makura/2006/09/post_424f.html

>文科省から委託を受けた財団法人日本分析センターが

出港時に艦首、艦央、艦尾の海水と、艦を追尾して採取した海水を調べたところ

艦尾の海水から放射性核種であるコバルト58と60が、

海水1リットル中に各約2.1、1.2ミリベクレル検出された。・・・



『原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会』

(測定は市が行っている?)

http://cvn.jpn.org/cvn/houkoku/20000220.html

>・ 原子力事故用防護服 5着、放射能測定器 5器を買い入れた

id:isogaya

原子炉の排水の放射能はすごいもんなんですね。

ただ、市民運動系もまじめに計測しているとはちょっと言いがたいですね。

2008/08/03 15:04:08

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません