イタリアで一般的なトマトソースの作り方がどこかに紹介されていないでしょうか。


日本で一般的なものや、おいしく作る方法なんかはいっぱいあると思うのですが、
イタリアでいうところのトマトソースはどんなものなのでしょう・・?

教えて下さい!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/08/21 19:04:22
  • 終了:2008/08/21 19:41:44

回答(2件)

id:omotimotitto No.1

omotimotitto回答回数58ベストアンサー獲得回数02008/08/21 19:12:44

ポイント50pt

こちらは参考になるでしょうか?

http://andotarou.exblog.jp/6076200/#6076200_1

けっこう豪快に作られてます!

id:ryota11

へぇ~、とても詳しく書かれていますね!

全部見たのですが、これって、、、

トマトジュースとは何が違うのでしょうか???


ストレートのトマトジュースを買ってきて煮ればトマトソースになるのかな・・・?


とても参考になりました。

ありがとうございます!!

2008/08/21 19:16:56
id:iga-ninjyakage No.2

iga-ninjyakage回答回数60ベストアンサー獲得回数02008/08/21 19:26:56

id:ryota11

ふーむ、やはり基本的にはトマトを煮る、ってだけなんですね。

ありがとうございます。

2008/08/21 19:41:41
  • id:MEI-ZA-YU
    さぁ、回答しようと思ったら・・・・

    終了~!!!

    せっかくなので、ここへ

    http://blog.tenshokunikki.ciao.jp/?eid=662396
    >南イタリアならではの、トマトソース作りをレポートします♪

    ・・・
    手順はいたってシンプル。ただし作る量が半端じゃない!
    なにしろほぼ毎回の食卓に登場するトマトソース。
    さらに大家族。さらに1年分。
    この日は大きなケース6個、総量約250Kgを6人で約6時間かけて仕上げました。

    では、お待ちかねの作り方。

    1、トマトは2回、よーく水で洗います。

    2、沸騰した湯に入れたらすぐに取り出し、冷水につけて湯剥きします。
    (湯に長く入れすぎると茹で上がってぐちゃぐちゃになるので、注意!)

    3、湯剥きしたトマトの、中身の白い部分をナイフで取り除き、
    身の部分を笊にあげます。種は残っていてもOK。
    ※ちなみに、白い部分は鍋で茹でて凝縮させ、バジリコやペペロンチーノで
    美味しいトマトソースができるので、捨てずによけておきましょう!



    4、3のトマトとバジリコ(バジル)、塩をひとつまみいれて混ぜたら、
    洗ってペペロンチーノ(唐辛子丸ごと)を一ついれておいた瓶に、
    ぎゅうぎゅうになるまで詰めます。このときトマトから出る水分は捨てます。

    5、大鍋の底に布を敷き、瓶を詰め、瓶が浸かるまで水を入れたらさらに
    上から布を被せて(割れないようにするため)、沸騰するまで火にかけます。
    沸騰したら約10分で火を止め、そのまま冷まして瓶の空気を抜きます。
    ※この作業をすることで、瓶の中が真空状態になり、1年以上の保存が可能になるのです。


    ★イタリアでは缶詰トマトを利用するのが、一般的のようです。
    http://www.rk-ms.org/kurasi/italia/01.html
    >今回、みなさんにお伝えしたトマトソースの作り方は、
    私が70年前にウンブリア地方(イタリア中部)のいなかのおばあさんから習いました。
  • id:ryota11
    おっと、ごめんなさい!
    さすがに早かったですね。。
    これもやっぱり皮以外をソース状にして煮るっていうことなんですね。
    ありがとうございます。ポイントお送りしておきます!
  • id:MEI-ZA-YU
    ポイント ありがとうございます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません