母と息子の不和をテーマにした、映画。『ザット・ヴァケーション』は既出。『東京タワー』はバツ。親子愛でなく、母と息子、対立・葛藤を描いた作品。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/08/29 15:24:48
  • 終了:2008/08/30 09:47:26

回答(4件)

id:jo_30 No.1

jo_30回答回数655ベストアンサー獲得回数532008/08/29 17:04:35

ポイント23pt

『にんじん』'34 フランス ジュリアン・デュヴィヴィエ監督

 母親にいじめられ自殺未遂までする少年。ルナールによる同名小説の映画化。

『日本の悲劇』'53 日本 木下恵介監督

 戦争未亡人となっていかがわしい仕事をして子育てする母に反発する娘と息子の話。

『ターミネーター2』'93 アメリカ ジェームズ・キャメロン監督

 「強い女性」としての母と子の対立と葛藤、そこに、殺戮ロボットが失われた父性を補うことで少しずつ解けてゆく母と子の物語…という読み方が可能なように描かれていて、これもテーマに合うかと思います。


ちなみに評論家の内田樹がブログで、

アメリカ映画には「女性嫌悪」misogynyが伏流していることはつとにフェミニスト批評家によって指摘されていることであるが、「息子の母親に対する憎悪」がその女性嫌悪の核にあることは指摘する人が少ない。

でも、ほんとうはそうなのである。

アメリカ男性は「母親が大嫌い」なのである。

しかし、おのれの欲望充足を求めて息子を遺棄した母親に対する息子の憎悪は、「母性愛」幻想に抑止されて、直接母親にむかうことができない。

抑圧された憎悪は母親以外の人々に対して無差別に放出されることになる。

『13金』のジェイソン、『サイコ』のノーマン・ベイツ、『ホームアローン』のケヴィン坊や、『チャイルドプレイ』のチャッキー人形、そして『チャーリーとチョコレート工場』のウィリー・ウォンカ。

彼らを駆動しているのは「そこにいない母親」への殺意なのである。

(「ママなんか大嫌い」内田樹の研究室)

と発言していますが、なかなか興味深い指摘です。

id:miyamoto-n7ms

ありがとうございます。この中だと、ターミネーターの息子が

求めてる息子像です。異常な母というより、むしろ、強い母と息子の話を

探しています。

2008/08/29 17:32:48
id:kanan5100 No.2

kanan5100回答回数1469ベストアンサー獲得回数2752008/08/29 17:40:43

ポイント23pt

トーチソング・トリロジー [DVD]

トーチソング・トリロジー [DVD]

  • 出版社/メーカー: IMAGICA TV
  • 発売日: 2008-07-26
  • メディア: DVD

ゲイである主人公と、息子の生き方を理解できない母親との確執がテーマのひとつです。

id:miyamoto-n7ms

見たいんですけど、入手が困難でした。

2008/08/30 09:40:49
id:knockeye No.3

knockeye回答回数222ベストアンサー獲得回数112008/08/29 19:54:15

ポイント22pt

草迷宮

草迷宮 [DVD]

草迷宮 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 2003-07-25
  • メディア: DVD

「サッド・ヴァケーション」を観たとき、これを思い出しました。

id:miyamoto-n7ms

ちょっと、高尚すぎるかな?

2008/08/30 09:32:32
id:adog No.4

adog回答回数40ベストアンサー獲得回数42008/08/29 21:18:11

ポイント22pt

『サンキュー、ボーイズ』

http://www.eigaseikatu.com/title/2008/

 お求めの作品としては、これが一番しっくりきますかね。

 ドリュー・バリモア出演の映画の中では良いイメージで

 頭に残っている作品のひとつです。

『めぐりあう時間たち』。

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=2720

 ジュリアンムーア演じるローラ・ブラウンと息子の話。。。

 (ターミネーターのような”強さ”とは全然違います)

 映画としては一応お勧めなので載せました。

『スタンドアップ』

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=6546

 シャーリーズ・セロン演じる強い母親の話。

 世界で最初のセクハラ訴訟の話。

『イキガミ』

http://cinesc.cplaza.ne.jp/db/review/mo6077/index.html

 これから放映ですが、風吹ジュンが演じる母親役とその息子の

 葛藤はすさまじいものがあります。実はお求めの作品的には

 2番手にしたいです。

 マンガの中では第3巻のエピソード5『命の暴走』、

 映画では、2番目のエピソードです。

 まったくの主観的予想ですが、デスノートに迫るヒットを記録する

 とみています。

id:miyamoto-n7ms

複数の回答、ありがとうございました。また、よろしくです。

『イキガミ』の監督さんの『犯人に継ぐ』見ごたえがあったらしいですね。

『犯人・・・』と同じく、109シネマズ系列でも、上映があるようです。

2008/08/30 09:43:58

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません