童話の「分福茶釜」について、調べています。

群馬県にある「茂林寺」、岩手県の「正法寺」の2説があると聞きました。
他に、この童話の元になっている話や説ってないですか?
皆様の情報をお待ちしております!
よろしくお願いします!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/08/29 15:44:47
  • 終了:2008/09/05 15:45:03

回答(2件)

id:chinjuh No.1

chinjuh回答回数1599ベストアンサー獲得回数1842008/08/29 19:04:49

ポイント35pt

山形県にある常慶院の文福茶釜

http://www.city.yonezawa.yamagata.jp/kanko/rekishi/pg/r55.html

こちらは狐が化けたんですけどね。



 それと、もうひとつの質問で紹介した守鶴の茶釜の話ですが、わたしが引用した自分のサイトの文章の中に「大正12年に失われた」という意味のことが書いてありますが、もしかすると天正12年の間違いかもしれません。いや、たぶん間違いだと思います。とにかく、群馬の茂林寺には、現在はタヌキが化けた茶釜はないそうです。※こういう訂正をするのにコメント欄をあけておいていただけると嬉しいのですが。

id:yuka33

ご丁寧にありがとうございます!

2つとも確認しました。

また、なにか情報があったら教えてください。

2008/08/29 21:03:00
id:masanobuyo No.2

masanobuyo回答回数4616ベストアンサー獲得回数782008/08/29 22:14:05

ポイント35pt

文福茶釜についましては,山形県米沢市南原横堀町の常慶院にも類種の伝説が伝わっておりますが,

こちらでは狸ではなくキツネが登場します。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E7%A6%8F%E8%8C%B6%E9%87%9...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません