付加価値をつけた例を参照できるサイト(有効なものであれば書籍でも)をご紹介ください。

(過去に付加価値について質問されている例がありましたが、URLが古くてアクセスできませんでした)

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2008/08/30 18:33:01
  • 終了:2008/08/30 22:19:21

回答(1件)

id:youku555 No.1

youku555回答回数81ベストアンサー獲得回数02008/08/30 21:21:57

マクドナルドでしょうもないグッズを売っています。

  • id:seble
    設問の意味がちょっと分からないのですが、単純に付加価値と言った場合は、何らかの製品を作ったりして材料費より高く売る事と思います。
    「鉄板を裁断、プレスしてフェンダーの形にし、自動車製造会社へ納入する」
    鉄板の1枚板なんていくらでもないですが、加工する事によってだいぶ高くなります。
    (下請け叩きでかなり安くされるけど、、)
    そういうのを付加価値と呼んでいいと思います。
    つまり、何らかの生産活動全てが当てはまるかと、、、
    種を買ってきて、畑に撒き、何かを収穫する。
    種よりはかなり高くなりますよね?
  • id:tttt2008
    説明が不足していました。申し訳ありません。
    私はある製品の販売に乗り出そうと企画を練っている段階です。普通に販売しても今まであるものを販売するだけなら「お客様が欲しいもの」にはならないので、「今までなかった価値を付加して」新たに販売できればと考えいます。
    確かにおっしゃるとおり、「材料」→「製品」にするのは付加価値ですね。
    今回情報を求めているのは、「今は完成品と思われて普段なにげなく使っている物(=すでに付加価値が付いていると思われるもの)にさらに付加価値を付けて販売したなどの事例」なんです。
    例えば、携帯電話の場合に、現時点の機能で大きな不便さを感じないと思いますが、例えば携帯でラジオが聞けたり、EXCELが使えるようになれば便利になります。
    そういった現時点の製品が持っていない価値を創造する時に価値を付加する過程には「考えるステップ」があるだろうなと考えているので、過程のステップや事例を知りたいと思っています。
    説明が下手で申し訳ありません。
    以上のような情報などあればご回答お願いいたします。
  • id:webees
    付加価値を付けるやり方にはいくつかあります。イノベーションとかで検索してみるといくつか例が出てくるでしょう。

    1) お客さんの所に行って(あるいはマーケティングリサーチなんかをして)、今何に困っているかを聞いてみる。それを解決できる方法を考えてみる。
    2) 別のもの同士を組み合わせる。鉛筆にケシゴムをつける。2つとも既存だか、2つくっついていると、とりあえず便利。目の前にあるものを手当たり次第に組み合わせる。製品X製品だけでなく、製品とサービスを付けるという手もある。

    前者を「カスタマーオリエンテッド」、後者を「プロダクトオリエンテッド」と云います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません