人類の言語がデジタルであるというとき、個々の人間の脳内には、言葉(記号、符号, シニフィアン)と、意味(シニフィエ)を結び付ける「個別脳内辞書」のようなものが存在していて、我々は考えたり、話したり、聞いたりする瞬間瞬間に、言葉と意味を参照していると考えられます。


何かの現象や物体を見たときに、それを言葉にすることは、デジタルの世界でいう「量子化(quantization)」、そして「符号化(coding, encoding)」にあたるといえるでしょう。また、言葉を意味へと還元するときにも、「復号化(decoding)」が行われます。これらの量子化、符号化、復号化の処理の際に、量子化誤差・符号化誤差・復号化誤差のようなものが生まれるから、言葉によるコミュニケーションには誤解や勘違いが生まれるのではないでしょうか。

禅が、言葉に依存するな、言葉を使ってものを考えるな、不立文字というのも、言語のデジタルな処理による誤差を排除することが目的ではないでしょうか。

皆様、いかがお考えになりますか。

回答の条件
  • 1人20回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2008/09/02 17:10:35
  • 終了:2008/09/08 21:53:44

回答(96件)

ただいまのポイント : ポイント200 pt / 200 pt ツリー表示 | 新着順
音素・音節がデジタルだから、概念もデジタルになり、世界を正しく理解できない ShinRai2008/09/05 11:24:46
こういうことはいえますでしょうか: 人類の言語は、音素・音節という離散符号を使いますから、デジタルであり、そのためにそれらの符号に対応する意味もデジタルに離散的に脳内辞書に登録していくことになった。 ...
世界を正しく理解できるのは神様だけでは? australiagc2008/09/05 20:44:45ポイント2pt
もし仮にその言語化という擬似デジタル行為が世界を誤って理解する原因であるという理屈が成り立つのなら、対偶にあたる世界を正しく理解するイコール言語化を行わないと言う事ですよね・・・。 だとすると、動物や ...
言語の機能から言えば sidewalk012008/09/08 21:53:47ポイント1pt
同一集団内での相互作用を可能にするという側面さえあればよいでしょう。
>> 脳細胞はx進法で動いてるわけじゃない、といわれますが、、、 ShinRai2008/09/06 08:11:02
電子工学のデジタル処理とは、たしかに全部同じとはいえません。しかし、ひずんだ記号であっても離散値に合わせて受け取って処理するところなどは同じ部分もあるかとは思います。すみません、この議論については、ち ...
言語としての音素は多くの刺激の中で比較的注目される要素にすぎない。 miharaseihyou2008/09/08 20:09:27ポイント1pt
人間は五感だけでなく全身を使って情報を受け取っています。 言語中枢は比較的重要な領域の一つではありますが、全てではありません。 むしろ他の刺激に従属するのではないか?と感じる事もあります。
x進法で動いているかもよ? Gay_Yahng2008/09/06 23:46:23ポイント6pt
>> 電子工学のデジタル処理とは、たしかに全部同じとはいえません。しかし、ひずんだ記号であっても離散値に合わせて受け取って処理するところなどは同じ部分もあるかとは思います。すみません、この議論については ...
まねされちゃった。 hiko3karasu2008/09/07 00:11:32ポイント5pt
じゃあ追加で x進法は5進法になっちゃうんですか?音素と音節は同じ次元に並べちゃっていいんですか?それとも50進法? 離散的数字は1,2,3,4,5・・・・という量1ずつあがっていきますが50個の音はどういう量の違いなので ...
ふふふ Gay_Yahng2008/09/07 02:10:14ポイント5pt
 
音素≠50音 sibazyun2008/09/07 08:20:20ポイント3pt
この議論の本質には関係しないと思いますが、言語学の立場から念のため。 日本語の音素は、(厳密にはちがうが、わかりやすくいうと)a,i,u,e,o の母音と、k,g,s,z,t,d,h,b,p,n,y,r,w などの子音です。「五十音」、 すなわち「 ...
ギャキュキョ、ピャピュピョの扱いは? ShinRai2008/09/08 17:22:24
ありがとうございます。 日本語の音節の種類は、いくつというのが正しいのでしょうか。
学者によって説が異なりますが、 sibazyun2008/09/08 21:23:49ポイント1pt
わかりやすいものでいえば、私のあげたのに、 「ちいさい<ゃゅょ>を表すj(発音記号で、yの音)、 「ちいさい<っ>」を表すQを加えたものです。
組合せが必要だとx進法というわけにはいかないでしょうが。 hiko3karasu2008/09/08 01:20:11ポイント1pt
組み合わせる事で1つの音を表すならば、普通の数字をあらわすx進法にはならないと思いますね。 ただ、分けられた要素として「区別された値」と言う意味でのデジタル的な扱いはできるかもしれませんね。sibazyunさんの ...
これこそまさに、無理にデジタル化するから誤差が大きくなる例では? australiagc2008/09/06 11:49:48ポイント6pt
面と向かっての会話では、身振り手振りや、手書きの図を書いてみたり、または感情に左右されて声のトーンや音量、口調が変わったり、顔色が変わったりとアナログな情報が行きかいます。 「文字だけを使ったコミュニ ...
非言語コミュニケーションが、デジタル誤差を補完する ShinRai2008/09/06 16:35:31
おっしゃるとおりだと思います。 言外の表情や口調で、メッセージは伝わりますね。 人間は、言語の限界を、非言語コミュニケーションで補っているというふうに考えられますね。 「ことばの意味付け論」という本 ...
個人的にはその通りだと思いますね australiagc2008/09/06 19:12:24ポイント5pt
言語が同じ民族間の誤差を埋めたのであれば、コンピュータ言語は民族間に一つの論理的に処理できる統一性をもたらしたと言えるかも知れませんね。国際化社会における必然ですかね。インターネットはどの国でも回線が ...
あのー Gay_Yahng2008/09/06 21:51:23ポイント5pt
>> 言語が同じ民族間の誤差を埋めたのであれば、コンピュータ言語は民族間に一つの論理的に処理できる統一性をもたらしたと言えるかも知れませんね。 << コンピュータ言語は民族間に統一性をもたらす? ?????? ...
ああ、そういう意味じゃありません。 australiagc2008/09/06 23:46:52ポイント4pt
世界中どこでも使えるって事ですよ~。 例えば、日本で販売されてるマックを、アメリカに持って行っても使えるでしょ?同様に、アメリカ製のDELコンピュータを日本のISPで契約してもインターネット繋がるじゃ ...
正確に言うと使えない機能もありますけど法的には。それは置いといて。 Gay_Yahng2008/09/07 02:04:51ポイント4pt
だって、民族間に一つの論理的に処理できる統一性を提供したんですよね?情報機器間に統一性を提供したって事じゃないですよね?   日本の一太郎や筆まめを持ってアメリカに行っても、日本語が分からないアメリカ ...
そのとおりですよ。 australiagc2008/09/07 11:09:15ポイント3pt
論理→ロジック。ALUのLの字の事でした~。 つまり情報機器に統一性を提供したって事ですよ。 そして、情報機器の統一性が民族間の統一性に貢献するって事です。 言い換えれば、数式同様、AND、NOT、OR、XORはどの国で ...
じゃあ、これはここまでにしますか。 Gay_Yahng2008/09/07 12:13:48ポイント3pt
>> 情報機器の統一性が民族間の統一性に貢献するって事です。 > 一太郎や筆まめのUIに表示されるのは、「コンピュータ言語」じゃなくて「日本語」ですから ...
もうしわけございませんでした~。 australiagc2008/09/07 12:28:07ポイント2pt
元々、Gay_Yahngさんのコメントの前の「デジタルって世界中どこでも便利な技術ですよね~」ってレベルで終了しちゃったつもりだったんですよ、このツリー(笑) これはALL-OR-NOTHINGの話じゃなくてSOMEの話でして。国際単位系 ...
準備性は同じだけれど sidewalk012008/09/08 21:51:48ポイント1pt
取り込む素材が歴史の中で変わっちゃってるから文化圏によって疎通性がさがるのだとおもいます。
人間の言語は概念を作ることによって成り立っている。その概念は言葉と同様に離散的である ShinRai2008/09/04 20:08:57
hiko3karasuさんの質問にどうお答えすればいいのか、 帰り道、ちょっと違ったアングルで考えてみましたので、 書いてみます。 1 人間の言語は記号言語である。  我々の言語は記号である。記号を送って、受け取 ...
概念が先だと思います。 Gay_Yahng2008/09/05 11:48:21ポイント2pt
>2 概念は言葉がないと存在しえない これは違うのではないでしょうか。 概念が先でしょう。 特に人間の感情は先に感情があって、言葉が名づけられませんか? 自分の感情なのでどういうものかは分る。概念を形成 ...
概念の定義を「言葉と意味のセット」(シニフィアンとシニフィエのセット、外延と内包)とした場合 ShinRai2008/09/05 14:19:57
私の定義では、概念は「言葉と意味のセット」ですから、はじめに概念があるというのは、定義から外れてしまいます。 餌があるとか、うまそうな魚がいるとか、そういうのは、概念以前と呼びます。(私の定義では) ...
概念はデジタル的でしょうかね? australiagc2008/09/04 23:28:29ポイント7pt
ShinRaiさん、またお邪魔します。かなりシリーズ化してきましたね~。 まずは今回の議題ですが、 >> 復号化の処理の際に、量子化誤差・符号化誤差・復号化誤差のようなものが生まれるから、言葉によるコミュニケーショ ...
概念について Gay_Yahng2008/09/05 11:05:54ポイント3pt
>これはそのとおりでしょうね。 私はこの前提の「復号化の処理」に疑問があります。   >またお腹が減った時のAさんの「りんご」の概念と、お腹がいっぱいの時のAさんの「りんご」の概念は恐らく違うと思います ...
ものすごぉくファジーで、時間や場所や状況に応じて結び付け方や働き方の違う、リレーショナル・データベース ShinRai2008/09/05 11:57:46
>またお腹が減った時のAさんの「りんご」の概念と、お腹がいっぱいの時のAさんの「りんご」の概念は恐らく違うと思います。 私もaustraliagcさんと似たような考えです。 「りんご」という記号(シニフィアン)から思 ...
恣意的なんですか。 Gay_Yahng2008/09/06 00:42:31ポイント2pt
シニフィアンとシニフィエを1対1で結びつけるのが個別脳内辞書でありまとめて概念ではなかったのですか?デジタル処理的に「りんご」に「意味」が結びつくのではなかったのでしょうか?コンピュータ的処理なら「り ...
コンピュータと人との違い sidewalk012008/09/08 21:45:26ポイント1pt
が関連しているのではないでしょうか?種を残していく、生存を目指すといった生物としての特性が、恣意性を深めるのではないでしょうか?
アナログな概念が存在するのかということも考えてみたらどうでしょう ShinRai2008/09/05 07:42:34
概念がデジタルか、アナログか。 面白い検討をありがとうございました。 しっかし、アナログな概念って、存在していますか。 そうだと説得力がありますね。 別の質問で言及しましたが、オノマトペはアナログだ ...
アナログな概念は存在しますよ australiagc2008/09/05 16:38:20ポイント2pt
思想や感情を表す単語に付随する概念/意味に特定の離散値はないでしょう。 Gay_Yahngさんの「恋」の例に同じくです。 他に挙げるのであれば、「宗教思想」、「政治思想」、「芸術思想」、「わびさび」などですね。
ところで、 hiko3karasu2008/09/05 21:03:48ポイント2pt
概念にアナログ/デジタルというのはどういうものを云うのでしょうか?どうもイメージできないです。 連続な概念/不連続な概念 ?   概念と言うのは抽象的、普遍的な共通認識のようなものかと思うのですがそれが ...
横軸よりも縦軸の連続性ですかね australiagc2008/09/05 22:42:35ポイント1pt
概念に無理やりアナログかデジタルを、結局は押し付けてしまっているわけですが。 時間などの横軸に対する連続性ではなくて、仮に概念を表現する何かしらの「値」があった場合、この「値」を表現する縦軸にはある離 ...
離散的 の意味を教えてくれれば。 hiko3karasu2008/09/04 21:09:09ポイント10pt
最初に1つ。音素は今回考えないのかと思いましたが、出てきますか。 次に 離散的、離散値、離散状況 の意味、または言い換えた言葉を教えて欲しいだけです。もう少し分りやすい表現は無いですか?   ShinRai さん ...
1離散的とは、2量子化と標本化定理 ShinRai2008/09/05 07:36:04
1 離散的とは 音素や音節が離散的であることについては、異論はないのですよね。 別のツリーで書きましたが、  りんご  りんぱ  たんご  だんご   といった記号の類似性が、意味の類似性に結びつ ...
音素の話に戻っちゃうの? hiko3karasu2008/09/05 10:45:08ポイント9pt
1 離散的とは とは?? >> 音素や音節が離散的であることについては、異論はないのですよね。 << あります。異議あり!! 意味が分りません。 私の質問を読んでいただいておりますでしょうか? <span style="font-weight ...
離散とは、不連続 ShinRai2008/09/05 10:59:15
すみませんでした。 1 離散的とは、不連続である。  アナログのように連続していない。  音素でいうと、「あーいーうーえーお」の5つの母音以外には母音はない。これらの母音の間に母音は存在しない。中間 ...
質問6はさすがに強引過ぎ・・・(笑) australiagc2008/09/05 16:33:51ポイント4pt
これはちょっと飛躍しすぎですね。 電子工学におけるデジタルは、離散的うんぬん以前に二進法が大前提です。電子回路におけるデジタル信号には、電圧が高いか低いかの2つの状態しかない ...
デジタル回路の話はしていないのだが。 hiko3karasu2008/09/05 17:20:54ポイント3pt
>> 電子工学におけるデジタルは、離散的うんぬん以前に二進法が大前提です。 << 違います。今の主流のデジタル回路が二進法で考えるほうが扱いやすいだけです。別に電圧0V、+3V、-3Vの3つの状態でロジック回路を組ん ...
ああ、それもそうでしたね~ australiagc2008/09/05 18:16:31ポイント3pt
ああ、そんな回路もありましたね! まあいずれにしろ脳細胞はx進法で動いてるわけじゃないので、いずれにしろ無理がありますよね~。
脳の動き方はどうでもいいのかもねぇ~ hiko3karasu2008/09/05 18:44:15ポイント2pt
>> 脳細胞はx進法で動いてるわけじゃないので、 <<   私もそう思うんですけどねぇ。見たこと無いけど。 コンピュータ的な参照、比較は総当りで参照しないといけないから時間かかると思うけどな。 今まで動物的に ...
メタファでシステム理解 sidewalk012008/09/08 21:39:39ポイント1pt
をするということも大切かと思います。
これはびっくり hiko3karasu2008/09/05 13:31:15ポイント5pt
質問4-6の回答が矛盾しないとは思わなかった。 音素のことは確立された事実ではないので説明に使えませんよ。   離散=不連続 了解です。 しかし、実際にどんなことをするのかはよく分らないです。 特に 離散状態 ...
離散と数値化は別の事象では? ShinRai2008/09/05 13:53:51
hiko3karasuさん、 離散と数値化は別の事象ではないでしょうか。 体重を量ったり、歌をCDに録音するときには、標本化して数値化します。 しかし、「あーいーうーえーお」が離散しているというときに、それが数字に ...
なぜこだわらない?? hiko3karasu2008/09/05 14:33:43ポイント4pt
まあ、この辺が噛み合わない大元なのでしょうね。 >> 離散と数値化は別の事象ではないでしょうか。 > 質問6:ShinRai さんの云う「離散的」は電子工学的デジタル処理で使われる「離散的」と同じ ...
上にも書きましたが、少なくとも電子工学的ではないですよね。 australiagc2008/09/05 16:42:38ポイント3pt
電子工学においては、数値化できない時点でアナログですからね。
それは「恋」? hiko3karasu2008/09/05 17:33:25ポイント3pt
数値化するロジックを思いつかないなら、電子工学に持ってくるな~~   と言ったところでしょうか。
できたら便利なのに・・・ australiagc2008/09/05 18:25:57ポイント2pt
電子工学に持ち込める=情報工学にも持ち込めるはず! ・・・マイクで喋った内容が勝手にプログラムに変換されたら楽なのに。あ、でもIT系のエンジニアは失業しちゃいますね。
ある部分は sidewalk012008/09/08 21:35:47ポイント1pt
説明可能であっても、異なるシステムで走ってるところがあってもいいんでないでしょうか?
人類の言語がデジタルであるというとき? Gay_Yahng2008/09/02 17:54:50ポイント10pt
>人類の言語がデジタルであるというとき、 今回は前提にしましたか。 今回は音素の話ではないのですね?   やはり、言語がデジタルであると言うことがイメージしにくいんですが・・・・。まあ、それが前提の世界で ...
今回は音素(シニフィアン)の話ではなく、意味が量子化される部分です ShinRai2008/09/03 11:59:50
今回は、音素あるいは音節からつくられる記号・符号(シニフィアン)の話ではありません。 それらの記号・符号と、意味(シニフィエ)が、個人の意識の中でどのように結び付くのかというメカニズムについて、みていきた ...
了解しました。 nofrills2008/09/03 20:31:37ポイント1pt
この点は了解しました。「りんご」と「だんご」の違いを問うものではない、ということですね。例えば子供が物体としての「りんご」を指差して「いんご」と言ったとき、大人は「りんご」として解釈する(「だんご」と ...
「デジタル」は前提にならないと思うのですが nofrills2008/09/03 01:27:15ポイント6pt
>> 人類の言語がデジタルであるというとき、 > 何かの現象や物体を見 ...
りんごの量子化について ShinRai2008/09/03 08:19:53
具体的な例で話しましょう。 あなたの行きつけの八百屋さんに、いつもの季節に、赤いりんごが並んでいたら、きっとあなたはそれを迷わずに「りんご」と呼ぶでしょう。 では、外国の、たとえば欧州とか、中東の街 ...
やっぱりわからない。 hiko3karasu2008/09/03 10:51:54ポイント4pt
>これが量子化プロセスです。 言い切られてしまったが。   前提のデジタルの意味がよくわからないので意図をはずしているかもしれないけど、これは目からの画像情報から脳内の類似情報から類推して「りんご」の意 ...
とびとびの近似的な数値というのは ShinRai2008/09/03 11:49:04
あらかじめ言葉を持っていないと、認識されえないので、あらかじめ持っている言葉によって近似的に表現されるということです。 「りんご」を食べたことも、見たことも、聞いたこともない人が、はじめてりんごをみ ...
あまり似ていないと思うけど hiko3karasu2008/09/03 18:05:18ポイント3pt
>あらかじめ言葉を持っていないと、認識されえないので、あらかじめ持っている言葉によって近似的に表現されるということです。 近似的しか合っていないと思うけど。   「単位量」「数値で表すこと」はどこに行っ ...
話が、メタファーに振り回されているような気がします nofrills2008/09/03 20:18:55ポイント2pt
hiko3karasuさんに同感ですが、それ以前に、「量子化のたとえが…略…」に明らかなように、「量子化」は「たとえ」なのですよね。メタファー(暗喩)ですよね。それが全然伝わってないし、ShinRaiさんご自身のなかでも「そ ...
メタファーに振り回される sidewalk012008/09/08 21:38:11ポイント1pt
事象の理解を助けるはずのメタファーに振り回されるというのは良い表現と思いました。
話し言葉をそのまま書き言葉にできるということは ShinRai2008/09/08 17:37:09
話し言葉がそのまま書き言葉になるということは、我々の話している言葉は、記号であり、デジタルであるということにならないでしょうか。 でも、書き言葉になると、口調やスピードや顔色が見えなくなるから、誤解 ...
またデジタルとは何かになっちゃいますね。 hiko3karasu2008/09/08 18:12:31ポイント1pt
記号化されていると思いますが、 デジタル=区別化されているかというと???   書き言葉は口調やスピードや顔色を排除して記号化するのに成功したと考えられますね。
境目の曖昧な意味の類型化を超立体的に行っている。 miharaseihyou2008/09/02 19:57:51ポイント4pt
デジタル情報の塊としての意味の境目が判別不能になるほど立体的に整理分類された複合体に見える。 意味の配置の次元が何次あるのか見当も付かない。
時と所によっても変わるでしょうしね ShinRai2008/09/03 08:24:48
同じ人間が使い分けした言葉であっても、時と所が変われば、込めた意味や量子化の基準も変わってしまう。 あるいは、同じ人間であっても、相手を選んで、言葉を違った意味に使うことがある。 言語というのは、実 ...
結節点が不規則に無数にある。 miharaseihyou2008/09/03 23:46:01ポイント3pt
単純なブランチの内部からでも絶えず変動する複数の接点が開いている。 意識して接点を増やしている場合もある。 意思による調整も完全には利かない。 また、全体の活性化された領域自体が絶えず変動する。 主要な ...
リレーショナル hiko3karasu2008/09/04 16:12:15ポイント2pt
外部からの入力に対して、入力を数値化していると膨大なさまざまなパラメータが必要となり比較検証には時間がかかる。瞬時に認識する必要がある場合、時間的に間に合わない。 それよりも、外部刺激から連想される接 ...
広大な情報空間に浮かぶ結節点から発信される情報 miharaseihyou2008/09/07 00:08:26ポイント2pt
まるでピンポン玉のように発信された複数の情報が次第に衰えながら結節点を目指す。 絶えず無数の情報群を内包する空間。 結節点に命中した情報は一定時間の後に変換されて新しい情報となって空間に再投射されるこ ...
または海を伝う波紋 hiko3karasu2008/09/08 12:51:01ポイント1pt
入力情報に喚起された刺激は複数の波に起こす。ニューラルネットの複雑に入り組んだ網目の海に情報の刺激は波紋を伝える。無数のポイントを通過し減衰し、増幅する波は次々と接点を刺激していく。やがて波紋によって ...
概念を考えることは、人類言語をマシン語レベルで考えることにつながるだろうか ShinRai2008/09/05 09:56:45
・概念とは何か。その外延と内包と呼ばれているものは、記号(シニフィアン)と意味(シニフィエ)と、完全に一致すると考えてよいだろうか。 ・人間の大脳新皮質のタブラロサ(白紙状態)な性質上、人間は概念を持たない ...
ぜんぜん意味がとおりません sibazyun2008/09/05 23:05:08ポイント1pt
わたしは、マシン語に近いアセンブラでソフトを組んでいた経験があり、マシン語の読み方も心得ています。そのわたしは「人類言語」(日本語、中国語、英語などのことですね)をマシン語で考えるということはぜんぜん ...
あらかじめ概念を持っていなければ思考は生まれない ShinRai2008/09/05 10:27:11
人間は概念によって思考を行う、その概念は生得のものではなく後天的に獲得する。 だとすると、生後の成長過程で、どれだけたくさんの概念を獲得したかによって、人間の思考活動の深さや広がりは決定するのかもし ...
地球環境問題のたとえ ShinRai2008/09/05 10:54:44
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/L0/200512.htm 三鷹天命反転住宅 再訪記 その10    --- 消費文明を反転させる生き方 --- 4月23日 06:00  お互いに早起きして、シャワーを浴びると、他にやることがない。天井から吊り ...
大脳新皮質というタブラロサ(真っ白な板)上での思考・議論には概念が必要である、 その概念とは! ShinRai2008/09/05 07:26:39
議論に参加してくださっている皆様、ありがとうございます。 議論の前提となるである、人間の脳の構造について、今朝ほど思い出したことがありますので、参考までに述べてみたいと思います。 Eugine Marais の"The Mind o ...
何か見慣れないものを見るときに ShinRai2008/09/03 13:20:49
我々がしばしば口にするのは、「○○に似ている」、「△△が違う」と、似ている・違うという表現である。 これは明らかに、我々の意識の中に、なにか基準となるものがあるのだ。それと比べて、似てる、違うという ...
アナログ的 sibazyun2008/09/04 02:06:52ポイント9pt
「○○である」と言い切ることを「離散的」すなわち「デジタル的」というのは、まだあたっていると思うのですが、「○○に似ている」というのは、この「離散的」にしかできない表現をなるべく回避したい、なるべくア ...
離散値しか基準がない ShinRai2008/09/04 08:16:32
そういう考えもありますね。 でも、すでに自分の中に確立している離散値しか基準にないから、それに似ている、それと違うという表現になるのでは。 似てもおらず、違ってもいない、完全に新しいものに対しては言 ...
自分の中に確立している離散値 って何でしょう? hiko3karasu2008/09/04 12:54:34ポイント4pt
また、言葉の意味がわからなくなってきたので質問。 「自分の中に確立している離散値」 って何でしょう? 何と離散しているんですか?何かトビトビだったり、何かと差があるんですよね?   りんご の例でいってみ ...
それは「概念」とも呼べるかもしれませんね ShinRai2008/09/04 13:05:06
「りんご」という概念(記号+意味のセット)しか持っていない人と、「つがる」、「ふじ」、「国光」という概念を持っている人で、りんごの離散状況は違います。 何かを見たときに、私たちは、自分の脳内にある「概念 ...
離散状況とは?? hiko3karasu2008/09/04 15:12:01ポイント3pt
離散状況とはAさんとBさんの持っているりんごの概念が違うという意味でよろしいでしょうか?AさんとBさんの認識の差ですね。 また、「自分の中に確立している離散値」は「概念」なのですね。 では、離散値とい ...
概念の離散 ShinRai2008/09/04 16:50:44
人間の言語は、母音と子音によって離散符号である音素(フォニーム)あるいは音節(シラブル)が作られ、これらを組み合わせて記号・符号を作って会話をする。 これらは構音的(発音)にも、音響的(聴音)にも、区別しやすい ...
今回は音素の話ではないことは理解しております。 hiko3karasu2008/09/04 17:32:05ポイント2pt
>> 人間はあらかじめ頭の中に概念がないと、ものごとを認識できない傾向があり、この概念が実は一人の頭の中で、離散的に存在している。 << 離散的に表現されたものが概念かと思っておりました。「離散的に存在」と ...
答えてみました ShinRai2008/09/04 18:09:24
ごめんなさい。たしかに質問を受けると、私の言葉使いがあいまいすぎたと反省します。 質問1:離散値=概念でいいですか? 我々が何か現象や事物を認識できるのは、脳内にあらかじめ概念が用意されている場合であ ...
離散 hiko3karasu2008/09/04 19:16:07ポイント1pt
概念の話はなんとなくわかるんですよ。照らし合わせるものがあって、認識するそれは個人で微妙に違う。同じものを見ても同じことを感じているとは限らない ってね。 ただ離散的、離散値、離散的に存在 という言葉 ...
「不立文字」は「言葉を使ってものを考えるな」ですか? nofrills2008/09/03 01:36:52ポイント2pt
私は根本的になにか勘違いしているのかもしれませんが、 「不立文字」は「言葉を使ってものを考えるな」ということなのでしょうか。 「言葉で聞いただけですべてを知った気になるな」、 「言葉という形で伝えただけ ...
いろいろなとり方はあるかもしれませんが ShinRai2008/09/03 08:09:11
非礼ではありません。素直な質問は大歓迎です。 ただ言葉の理解については、人それぞれになりますから、議論は収束しにくいかもしれません。 私は、不立文字は、「言葉にするな」というとり方でもいいと思います ...
「言葉にするな」は「言葉を使ってものを考えるな」とイコールでしょうか nofrills2008/09/03 20:45:59ポイント1pt
質問を変えます。 「言葉にするな」は「言葉を使ってものを考えるな」とイコールですか? つまり、禅宗ではそのようなことをおしえているのでしょうか? それとも、「不立文字」というのは、(またもや)メタファー ...
人類の言語とは、大脳による情報源符号化・復号化である ShinRai2008/09/02 17:17:16
こういうようにもいえませんかね。 短い言葉で、大切なメッセージを送り、伝えることができるのは、個々の人間の脳が、情報源符号化・復号化を行っているからだと。
どこで符号化していますかね? Gay_Yahng2008/09/02 18:05:37ポイント2pt
符号化・復号化しているのならば、正確にその言葉だけが再現できるのではないかと思います。 「愛している」を符号化・復号化して取り出された情報は「愛している」でしかない、 それを大切な言葉だと認識するのは ...
符号化器と復号装置が個別脳内にある ShinRai2008/09/03 08:06:45
Gay Yahngさん、 書き込みありがとうございます。 人間の符号化・復号化の問題は、その符号化・復号化装置がひとりひとりの脳内にあって、てづくりであり、その人の人生の中で、じっくりと育っていくものだからではな ...
誤差は必然 geul2008/09/02 17:59:53ポイント3pt
言語による情報伝達に誤差が生じるのは個別の脳は言語だけでなく、 経験的にも異なる構造をするから。 人類は成長するにつれて、様々な社会と関わっていくし、様々な経験をします。 その過程は人によって異なるの ...
誤差は必然、そうです、そう割り切って考えないといけないのでしょうね ShinRai2008/09/03 08:15:07
おっしゃられるとおりだと思います だからこそ、我々は言語によるコミュニケーションのもつ限界、あるいは誤差必然性を理解しておかなければならないのだと思います
直感的な「りんご」 geul2008/09/03 09:51:11ポイント2pt
[http://d.hatena.ne.jp/geul/20080903/1220401328:title]について、長いので日記を書いてきました。     結論  情報の善悪・正誤を経験的に判断し、同系列の別の存在と比較する事でその価値の度合いを計測・消費プロセスを作る ...
野生動物の直感のほうが、人間の好き勝手な思考より、正しい行動を導く可能性はないでしょうか ShinRai2008/09/03 10:04:55
ブログも拝見いたしました。興味深い考察ありがとうございます。 意識による思考作用と、直感と、どちらが正邪を判断できるのでしょうか。 私は、意識自体には、正邪を判断することはできないが、本能的な直感には ...
人間はあらかじめ自分が知っていることしか、新たに知ることができない ShinRai2008/09/02 17:50:50
個別脳内辞書に登録された(言葉+意味)の対照表をもとに、ものごとを考え、語り、聞くために、あらかじめ辞書に登録されていない言葉の意味はまるでわからないという現象がおきるのではないでしょうか。
辞書は成長していく sibazyun2008/09/03 00:18:30ポイント2pt
「個別脳内辞書」というのは、まあ、そのようなものがあると考えると なっとくできることもありますね。しかし、そうだとして、 「辞書は、あらたな言葉と意味との対照を獲得していって、成長する」 と思います。 ...
辞書は成長していく ShinRai2008/09/03 08:22:38
そのとおりです。 我々の個別脳内辞書は、ものごころついたときから、成長しつづけていきます。 大人になっても、新しい体験によって、どんどん広がり、あるいは深まっていきます。 ただ、それは、あくまで個別 ...
  • id:miharaseihyou
    言語は、単純で実利的な情報伝達のツールが音素と関連付けられる事により変化発展しただけですが、圧倒的な存在感があるので、肉体から遊離したようにさえ見えますね。
    肉体もデジタルなのかどうか?
    環境がデジタルなのかどうか?
    頭脳がデジタル処理を前提に作動しているとすれば環境と融和するには細分化するしかないでしょう。
    確かに感覚器官の刺激はデジタルで神経線維を伝って脳に至り、デジタルに処理されているように見えます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません