病院関連に協賛金のお願いをしたいと思っております。

協賛病院には特典として広告を掲載させていただこうと思っているのですが、その際、協賛金としてお願いをするのか広告費としてお願いをするのかを迷っております。
そこで、病院側の税務に関してご質問です。

まず、病院が支払う税金は株式会社などの場合の法人税と同じと考えても良いのでしょうか。

また、協賛金は税務処理上、どのような処理になるのでしょうか。寄付金として扱うとは聞いたことがあるのですが本当でしょうか。控除は認められますか。

また、もし広告費、協賛広告費とした場合は協賛金の場合と控除などがどのように違ってくるのでしょうか。

ど素人でとても初歩的な質問だとは思うのですが、ネットなどで検索しても答えが分からず困っています。
ご存知の方、お詳しい方、どうかご回答をよろしくお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 登録:2008/09/03 09:36:45
  • 終了:2008/09/03 15:04:08

回答(3件)

id:haruyo_koi No.1

haruyo_koi回答回数125ベストアンサー獲得回数32008/09/03 10:26:35

ポイント60pt

・病院の税金は同じですよ。他の法人と同じように税金計算をします。ただ、課税に関して少し申告がややこしかったりします。

 都道府県に提出する書類などは、ですけどね。

 課税はほぼ同じです。(以下記載のとおり寄付金の損金参入など一部異なる点あり)

 

・こういった場合は、支払う相手の団体、つまり質問者様の団体にもよりますが、たとえば地域の広告やイベント程度でしたら広告宣伝費となります。

 

 ・一般寄附金(下の3つ以外の寄附金)

 ・国または地方公共団体に対する寄附金

 ・指定寄附金

 ・公益の増進に著しく寄与する法人等に対する寄附金

 

というものがあり、これに関しては税金の計算方法が変わってきます。(医療法人と法人とで)

接待交際費のように一部損金参入となります。

 

・広告宣伝費→全額損金参入  協賛金→場合によっては一部損金参入

 

今回の場合は広告を載せることを見返りとしているので、広告宣伝費となると思います。

目的がではなくとも、その見返りとして、広告を載せる場合も同様の扱いになります。

広告宣伝的効果を意図している場合は、全てこの科目になります。

ただし、あなたの会社が医薬品の会社であったりする場合は、広告を載せるという目的であっても

接待交際費となります。

http://q.hatena.ne.jp/

id:murata-izumi

haruyo_koiさん

分かりやすいご回答に感謝いたします。

ありがとうございます。

広告宣伝費ですと全額損金参入で全額が控除の対象になるということですね。

ということは、今回の場合が広告宣伝費としてみなされるかということがまた一つ、疑問点として湧いてきました。今回の場合を詳しく記載してみますので、もしよろしければご回答いただければありがたいです。

・ある病気に関する回復サポートのポータルサイトを製作中。サイト内に対応病院検索があり、そこには無料で病院情報を掲載する予定なのですが、別に協賛金の募集を行います。その協賛特典として、サイト上に病院のバナー広告をお貼りする予定です。サイトの運営は現時点では個人事業主が行う予定です。

もしこれが広告宣伝費としてみなされると仮定して、募集名目自体は「協賛金」としておいても差し支えないのでしょうか。それとも、募集名目自体も「広告費」とか「協賛広告費」としたほうが良いのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

2008/09/03 11:45:53
id:pahoo No.2

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/09/03 11:10:29

ポイント60pt

医療機関は配当行為ができないので、民間企業の税務処理と若干異なる部分があります。

医療法人にも様々な形態があるのですが、原則として、「病院会計準則」にしたがいます。


広告宣伝費は、民間企業と同様、経費処理できます。

ただし、医療機関の広告には、かなりの制約があります。たとえば「患者の体験談の紹介」「著名人も当院で治療を受けております」といったような広告はできません。

医療広告ガイドラインの概要」を参考に、今回の事業が、こういった制約に抵触しないことをご確認ください。


このように広告規制が厳しいため、ご質問にあった寄付金のほか、交際費として経費処理することが考えられます。(税法上、「協賛金」という名目はありません)

寄付金の場合、民間企業と同様、損金計上しなくて済むボーダーラインが決まっています。医療機関の場合は「寄附金の損金算入限度額」が参考になります。

id:murata-izumi

pahooさん

分かりやすいご回答に感謝いたします。

ありがとうございます。

医療機関の広告にはかなりの制約があるのですね。

広告規制にひっかかるような場合は寄付金や交際費としての処理になるのですね。

よろしければ、今の場合の現状が広告費としてみなされるのかどうか、推測していただけないでしょうか。

・ある病気に関する回復サポートのポータルサイトを製作中。サイト内に対応病院検索があり、そこには無料で病院情報を掲載する予定なのですが、別に協賛金の募集を行います。その協賛特典として、サイト上に病院のバナー広告をお貼りする予定です。サイトの運営は現時点では個人事業主が行う予定です。

協賛特典としてサイトのバナー広告をお貼りするということです。

もしこれが広告宣伝費としてみなされると仮定して、募集名目自体は「協賛金」としておいても差し支えないのでしょうか。それとも、募集名目自体も「広告費」とか「協賛広告費」としたほうが良いのでしょうか。


もし差し支えなければお教えいただけるとありがたいです。

ありがとうございました。

2008/09/03 11:52:24
id:pahoo No.3

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/09/03 14:06:25

ポイント60pt
●#2のコメント:
・ある病気に関する回復サポートのポータルサイトを製作中。サイト内に対応病院検索があり、そこには無料で病院情報を掲載する予定なのですが、別に協賛金の募集を行います。その協賛特典として、サイト上に病院のバナー広告をお貼りする予定です。サイトの運営は現時点では個人事業主が行う予定です。
協賛特典としてサイトのバナー広告をお貼りするということです。

素人考えですが――医療機関にとっては、これを広告宣伝費として計上することはリスクがあると感じます。


医療広告ガイドラインに関するQ&A」(厚生労働省)によれば、

Q1-4 インターネット上のバナー広告は、ガイドラインで広告規制の対象であるとされてますが、バナー広告は禁止されるのでしょうか。

A1-4 医療法やガイドラインで認められた広告が可能な事項であれば、バナー広告は可能です。例えば、以下のようなバナー広告をインターネット上に掲載し、当該医療機関のホームページにリンクを張ることは、差し支えありません。

とあります。バナー広告自体は問題は無さそうです。


一方で、「医療広告ガイドライン」本文では、

また、インターネット上のバナー広告、あるいは検索サイト上で、例えば「癌治療」を検索文字として検索した際に、スポンサーとして表示されるものや検索サイトの運営会社に対して費用を支払うことによって意図的に検索結果として上位に表示される状態にした場合などでは、バナーに表示される内容や検索結果として画面上に表示される内容等については、実質的に本指針第2の1に掲げた①~③のいずれの要件も満たす場合には、広告として取り扱うこと。

とあります。

御社としては、Yahoo!やGoogleで検索上位にくることが目論見にあるでしょうから、結果的に、医療機関のバナーが張ってあるページの記事が丸ごと医療広告と見なされる可能性があります。これは、記事を作成・掲示している御社にとってもリスクとなります。


●#2のコメント:
もしこれが広告宣伝費としてみなされると仮定して、募集名目自体は「協賛金」としておいても差し支えないのでしょうか。それとも、募集名目自体も「広告費」とか「協賛広告費」としたほうが良いのでしょうか。

かりに医療機関が広告宣伝費として計上するという決断をした場合ですが、御社から医療機関に出す見積書や請求書の名目は、医療機関の帳簿の名目と合致させるのが無難です。つまり、医療機関が「広告宣伝費」として計上するなら、御社が提示する件名も「○○の広告宣伝費」とするといいでしょう。

id:murata-izumi

pahooさん

引き続き、分かりやすく具体的なご回答、感謝いたします。

ありがとうございます。

「医療広告ガイドライン」の内容について、厚生労働省に直接問い合わせてみました。

それによると、

・病院検索ページ内の病院情報に関しては広告とみなされないそうです。(ガイドライン第2の6の(7)上部参照)

・バナーを貼った場合は広告としてみなされるそうです。(ガイドライン第2の6の(7)下部参照)

・バナー(広告)に関してどんなことが違反とみなされるかというと、怪しげな治療を宣伝することや、無料でお試しといったような記述がそれにあたり、今の場合(バナーには病院名、クリックすると病院HPに飛ぶ)は違反にはならないから問題ないそうです。

pahooさんにご指摘いただくまで、こんなところには気づきませんでした。とても大切なことですし、この機会に調べることができて大変ありがたかったです。

本当にありがとうございました。

ということは…

病院側としては「広告宣伝費」として計上が可能っぽいです。

募集名目は「協賛金」にしようと思いますが、もし医療機関が「広告宣伝費」として計上なさる場合は請求書の名目もそれに合わせようと思います。

大変参考になりました。

ありがとうございました。

2008/09/03 15:00:46
  • id:cherry-pie
    科目って自由では?
    というか・・・。
    あんまり提供者側が考える必要はないような気がします。
    広告宣伝費!と銘打つ必要があるのでしょうか?
    広告にたいし、何々費に!と書くのもあんまり観ないというか、ヘンなような気が・・・。
    募集名目って必要なんですか?
    請求書でもなんでも、何とか費と書く必要はありません。
    会社によって同じものでも、費用分類が違っていますのでそれを提供者側で決めるのはおかしな話です。
    あとで問題にならないためにも、勝手になんとか費と書くのではなく、
    ~というイベントの協賛金として、とか、
    ~のバナー広告代として、とか、
    勝手に勘定科目を設定しないほうがいいですよ。
    こういう記載方法なら、中身を提示しているだけで、実際の科目とあわせる必要はありませんから。

    1の回答にもあるとおり、広告を見返りとしているので広告宣伝費が一番だと思います。
    質問を見ていて少し疑問に思ったのですが、但し書きや請求書に、~費として、と相手の会社の科目に併せるというのは、なかなかレアなケースですね。
    その会社の人間でもないのに、どんな科目を使用しているか想像して書くなんて・・・。失礼かと思いますが、変な話だと。
     
    あと、病院は回答者全てに共通しているようですが、少し面倒なルールが沢山ありますので、あとあと負担にならないよう、勝手に科目を書くのではなく、その内容を記載するにとどめておくのが一番かと。
  • id:murata-izumi
    cherry-pieさん

    コメントを、ありがとうございます。
    請求書の但し書きの記載は実際の科目とあわせる必要がないのですね。
    確かにたしかに、考えてみるとそうですね。
    ご指摘ありがとうございます。

    バナー広告を見返りとする協賛金を募った場合、
    病院側としては広告宣伝費で計上できる(全額損金参入)。
    ただ、こちら側が作成する書類である請求書などには
    計上科目のことを考慮した記述をする必要はない。

    ということですね!

    とても分かりやすく、ありがたいご指摘でした。
    cherry-pieさん、ありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません