「本人確認」についての質問です。


銀行の口座を開いたり、ネット上のサービスに申し込んだりする時に、暗証番号やパスワードを発行することはよくあります、
さらにそれは、銀行の暗証番号のように厳しい管理のものもあれば、手軽に申し込めるもののパスワードが平分メールで送りつけられる甘いものもあります。

また、暗証番号やパスワードを用いない本人確認の方法では、押印や身分証明の提出のような面倒なものもあれば、
電話にて生年月日の確認だけのものもあります。

ビジネスを展開する上で本人確認の仕組みが必要になり、その手段を検討するとしたら、
利便性、手軽さ、予算、スピード、・・・などの要件を考慮することになると思いますが、
企業側から見た、本人確認に関する手段の、メリットデメリット等のまとまった資料を探しています。

ネット上で手に入る資料があれば理想ですが、書籍でも構いません。

よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/09/10 03:31:07
  • 終了:2008/09/17 03:35:02

回答(3件)

id:pahoo No.2

pahoo回答回数5960ベストアンサー獲得回数6332008/09/10 10:26:44

ポイント27pt

以下、ご質問の主旨と異なるかもしれませんので、ポイントは不要で構いません。


まず、下記に示される事業者は「本人確認に必要な書類」が定められています。よって、メリット/デメリットを論ずるものではありません。


これ以外の業種については、管轄省庁、自治体などから法令、省令、ガイドラインが出ている場合があります。

たとえば「携帯電話不正利用防止法」(総務省)に基づく携帯電話契約時の本人確認や、「診療に関する情報提供等の在り方に関する検討会 報告書」(厚労省)に基づくカルテ開示時の本人確認などです。

これらについては、本人確認手段は個別論になってしまうので、メリット/デメリットを整理しても汎用性はないでしょう。


そして、こうした指定が一切ない事業については、そもそも、本人確認が必要なのかどうか疑問が残ります。

というのは、本人確認を行うということは、個人情報保護法で言うところの「個人情報取扱事業者」になるわけです。企業にとっては、本人確認の手段より、個人情報を管理するためのコストの方が圧倒的に大きいので、まず、そのメリット/デメリットを吟味することになると思います。

id:aki1960 No.3

aki1960回答回数256ベストアンサー獲得回数82008/09/14 04:50:55

ポイント26pt

現在の社会情勢では、本人確認など企業側ではほとんどデメリットしかありません。

それでもビジネス上必要ということであればやるしかないワケで、あとはその目的によってどこまでやるか、どうやってやるかだけの話です。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません