相変わらずテレビではクイズ番組が流行のようで、さらにそのクイズ番組に出演し無知を売りにするタレントが人気のようです。


本来、人間にとって無知は非常に恥ずかしい事、隠したい部分であったように思います。

何故、このような現象が起こったのでしょうか?
その要因について教えて
下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人50回まで
  • 登録:2008/09/12 01:41:01
  • 終了:2008/09/19 01:45:02

回答(16件)

id:fitness31 No.1

fitness31回答回数49ベストアンサー獲得回数12008/09/12 02:10:52

ポイント14pt

天然ボケで可愛いと見せるタレントの出現も関係していると思われる。

西村知美 http://talent.yahoo.co.jp/talent/22/w93-2202.html

id:yuwa11

天然っていうと聞こえがいいですもんね。

常識をしらない、教養がない、頭の回転が遅いって事なんですがね

2008/09/13 18:01:28
id:binnbo No.2

binnbo回答回数26ベストアンサー獲得回数42008/09/12 05:14:47

ポイント14pt

無知を恥ずかしい事とは思いません。どちらかといえば罪ではあると思います。

またご指摘のタレントに関しては基本的に無知の知があります。

即ち、知らない事を知っているからそれを売りに出来るのであり、彼らは本当に無知ではありません。

また歌ユニットとしても羞恥心という男性グループの方が人気があったように

「女性はバカの方が可愛い」という前々からの印象は大衆の間では飽きられている所に、

新しい男性で無知を売りにするタレントが出てきて新鮮で受けたのではないかと個人的には推測しています。

自分が何を知らないか知っている人は無知ではないですよ。

私から見た無知なタレントは他に履いて捨てるほど居ます。

またタレントはある意味大衆の玩具であり、隠したい、恥ずかしい事をさらけ出してナンボ。

むしろそのあらわに出来る行動が、勇気や素の自分への自信の証拠として、yuwa11さんのような価値観の方の一部に

(無意識にせよ)敬意を持たれていると思います。

自分をさらけ出す行為を勇敢と見るか、恥の極みと見るかの違いではないでしょうか。


そしてそれがなぜ今なのかについてですが、これは一番難しい問題です。

去年でも来年でもなくなぜ今年なのか。私には分りません。

ただ言える事は文化は繰返しの流行の中。文明は発展と衰退の中に居るのは確かだと思います。

今回の例であれは大衆は常に新しい刺激を求めるという繰返しの中、

戦後最長景気と言われる割に生活は苦しくなる一方。そんな中、

学歴信仰に代表される知の体制に少しずつ不満が溜まっているのだと思います。

そこに表れたむしろ価値の無いはずの無知を売りとしながら、明るく活気ある彼らの姿に、

現状の生活と引き換えに失った希望や活力を見た。

という捉え方が私の中では一般的です。

纏めると

前提として知は値が付き、無知は無価値。

という価値観や文化がまずあり、それをほんの少し壊したり、程よく刺激する彼らが

どこか心地よいのではないでしょうか。

あ、ちなみに私は30代です。

URLはダミーです

http://talent.yahoo.co.jp/talent/22/w93-2202.html

id:yuwa11

yuwa11さんのような価値観の方の一部に

(無意識にせよ)敬意を持たれていると思います。

→私としては、敬意を持ってはいないんですが…。

2008/09/13 18:40:38
id:kn1967 No.3

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012008/09/12 09:31:56

ポイント14pt

自分よりも劣っている者が居るという事によって

視聴者が優越感(満足感も含む)を得られるためだと考えられます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%AA%E8%B6%8A%E6%84%9F

id:yuwa11

それはあるかもですね。

ただ、歌出したりして、それが売れるのは分からないですね

2008/09/13 18:42:16
id:teionsinonome No.4

teionsinonome回答回数167ベストアンサー獲得回数22008/09/12 11:28:27

ポイント14pt

おバカタレントの始まりはヘキサゴンだと思うのですが、たまたま出演したタレントがバカ回答をしたのがウケて島田紳介が「これだ」と思っておバカタレントを大量投入、ユニットを組んで歌わせたら案外売れた→男バージョンがバカみたいに売れた ってところじゃないでしょうか

視聴者の、自分より無知な人を見て笑ったり安心したりするっていう心理にマッチしたのも番組が人気な背景だと思います

しかし、おバカって「お」を付ければ許されるみたいな雰囲気ですが、キャラクターとはいえバカバカ言われてタレントさんは平気なんでしょうかね?

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:yuwa11

すぐ消えていくとは思いますね。

2008/09/13 18:42:58
id:rsc96074 No.5

rsc回答回数4380ベストアンサー獲得回数3982008/09/12 14:32:26

ポイント14pt

 「優越感を感じることができることが大きい」という意見がありました。

http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyi...

 私論ですが、それに加えて、「自分も分からなかったとき、自分と仲間がいる」という安心感を与えてくれるというのも理由のひとつだと思います。それと、ブレイクのきっかけが、「クイズ!ヘキサゴン」なんですが、あの番組は、間違えるほど、居残りになって、露出が多くなるのも関係していると思います。(単純接触の原理)

http://www.kct.ne.jp/~success/tok/shinri/shinri1.html

id:yuwa11

たしかにたしかに。

2008/09/13 18:44:13
id:guffignited No.6

guffignited回答回数361ベストアンサー獲得回数142008/09/12 17:48:42

ポイント13pt

人をバカバカいうのは香山リカさんが『いまどきの常識』の中で触れられているようにもうちょっと昔だと思います。

たぶん人をバカバカ言うのは『バカの壁』ぐらいが始まりで、それを今までクイズ番組で見られていた「珍回答」と結びつけることで売れる、と思ったのがおバカタレントの始まりでしょう。

また、ちょっと違いますが構成作家のジャリズム渡辺あつむさん(世界のナベアツ)のヒットもそこにあるような気がします。

そもそも彼ら自体他の人々もいっていますように「おばかな才能」ですから。

URLはダミー

http://q.hatena.ne.jp/1221151258

id:optokubetsu No.7

さやさや回答回数556ベストアンサー獲得回数102008/09/12 18:04:35

ポイント13pt

「楽しければなんでもいいじゃん」っていう最近の日本人の風潮が影響しているのではないでしょうか。

 明るく、楽しければ馬鹿だろうと無知だろうとOK!

 堅苦しいのはなんだか暗くなったりするからNG!

って空気が蔓延しているような気がします。そしてそういう空気を作り出せる人こそが素晴らしい人なのだという考えです。もちろん場を明るくできる人が素晴らしいことは間違いないのですが、最近のバラエティ番組などは明らかに行き過ぎであると思います。

http://www.kirafura.com/hekisagon2/

id:webees No.8

webees回答回数89ベストアンサー獲得回数92008/09/12 19:08:46

ポイント13pt

ヘキサゴンって最初は輸入モノのフォーマットだったの覚えてます? だましたり、だまされたりの駆け引きが楽しいというルールでした。個人主義の発達したアメリカやイギリスでは受けそうなフォーマットですが、みんなでわいわいと楽しくやりたい日本人には受けなかったみたいですね。


好きなの選んで!

幼児退行

とにかく疲れて帰って来て、まじめなものなんかみたくない。考えたくない。リラックスしてみたいのは、お笑いタレント。それも考えるお笑いではなく、叩かれるリアクションとか。バカも単純に面白い。とりあえずへらへら笑っていたい。

競争忌避

学校やら会社やらで競争を強いられているので、もう優れた人は見たくない。自分よりできない人をみて安心したい。癒されたい。だからヘキサゴンのフォーマットでは勝ち負けはあまり強調されない。

ついて行きたい

実はバカを見ているわけではなく、バカを捌く島田紳介に憧れている。バカにされても島田紳介は認めてくれる。悪い所を指摘しながらも、アドバイスを暮れる。同じような憧れはみのもんたにもある。世間の悪いことをズバっと解決してくれる。悪いものがはっきりしているからみのもんたが目立つ。同じようにバカがいるから島田紳介が引き立つ。

分からないとハラが立つ

目の前で行われていることが分からないと「ちゃんと説明してくれていないからだ」とハラが立つ。自分の理解力が少ないからだとは思わない。


憧れの喪失

昔はテレビタレントは憧れの対象だった。憧れの対象にはいくつもある。例えばアメリカの豊かな生活は憧れだった。でもいまアメリカではさあなんて言われると、ハラが立つだけ。例えば小池百合子のバラク・オバマを真似た「チェインジ」の発音もなんだかむかつく。バカでも汚いバカはむかつくかもしれないけど、キレイなバカはむかつかない。友達になれそう。


学校フォーマット

できる人とできない人と一緒にいろいろな問題をあまり考えずに次から次へ解いてゆくというフォーマットは、よく考えてみると学校的。日本の学校を卒業している人には親しみ深いフォーマットなので、親しめる。劣等生がいない学校ではみんなが正解になってしまうので、面白くない。問題を難しくすると視聴者がついてこない。


http://q.hatena.ne.jp/1221151258

id:peach-i No.9

peach-i回答回数4652ベストアンサー獲得回数932008/09/12 19:42:24

ポイント13pt

その題材、この前テレビでやっていた気がします。

馬鹿なのではなくて、素直なんでは無いでしょうか?

日本人は、自分を大きく見せたがる。

無い知識を過大したがる。

それをくつがえしたことで、可愛さが生まれた。

そんな気がしますhttp://q.hatena.ne.jp/1221151258

id:yamadakouzi No.10

yamadakouzi回答回数296ベストアンサー獲得回数62008/09/12 23:02:20

ポイント13pt

正解率を上げることも努力が要るけど、不正解率を上げるのは難しいのですよ。(全て自力解答の時ですが)

http://q.hatena.ne.jp/

id:supersquirrel No.11

JJ回答回数5ベストアンサー獲得回数02008/09/13 00:07:04

ポイント13pt

「本来、人間にとって無知は非常に恥ずかしい事、隠したい部分であったように思います」

番組の中で馬鹿な答えをする芸能人からすれば、これは特に問題ないと思います。彼らは金をもらえるのであればそれなりに恥ずかしいことでもできるはずですから。

問題は、なぜ視聴者がこれに対し金を払うのか(スポンサーを通じてだが)ということですが、それについては、この隠したい部分をあえて出す芸能人を喜ぶということなんじゃないでしょうか。

URLはダミーです。

http://www.gcom-nova.jp/school/

id:chemicom No.12

chemicom回答回数378ベストアンサー獲得回数192008/09/13 00:26:28

ポイント13pt

ただ無知なだけでは、ここまで人気にはならなかったのではと思います。

凡人の想像をはるかに超える、予測不能な珍回答と、それを盛り上げる司会者の腕があってこその人気では?

「笑いの神が降りてきた?」と思うことも多々あり、芸と言いますか、ひとつの能力、個性として認められたのかな~?と。

予測不能じゃなくなった時、飽きられる気がします。

http://q.hatena.ne.jp/

id:ryo_zin No.13

リョウヂ回答回数253ベストアンサー獲得回数42008/09/13 11:14:53

ポイント13pt

情報過多の世の中でどこかリラックスしたいんじゃないでしょうか?

考えてみれば、生きていくのに関係ない多くの知識に囲まれて生きているのが、私たち平凡な市民な訳ですから……。

http://q.hatena.ne.jp/1221151258

id:matsudoku No.14

松徳礼治回答回数10ベストアンサー獲得回数02008/09/13 18:08:38

ポイント13pt

私も、「本来、人間にとって無知は非常に恥ずかしい事、隠したい部分」だと思います。

 

そして、本来恥ずかしくて隠しておきたい部分を見せてもらって、その対価としてお金を支払うことには何の不思議もないと思います。

 

 

 

いやエロい話じゃなくても、

スタードッキリに引っかかってあわてているところとか、

何度もチャレンジしては失敗して泣いているところとか、

大家族の生活感あふれる日常とか、

赤裸々すぎる恋の体験談とか→http://www.geocities.co.jp/SweetHome/8404/sono1.htm

バラエティー番組って見られると恥ずかしいものばかりじゃないですか。

id:a-nation No.15

a-nation回答回数16ベストアンサー獲得回数02008/09/13 18:47:44

ポイント13pt

人は自分よりバカを見るのがおもしろいのでしょう

http://q.hatena.ne.jp/

id:masanobuyo No.16

masanobuyo回答回数4616ベストアンサー獲得回数782008/09/14 06:34:08

ポイント10pt

おバカタレントが、クイズを間違うことにクイズ番組の視聴者は安堵感に浸り、優越感を得ることができ、また、日

頃の不満や悩みから解放されることから、このような番組がもてはやされているので、思われます。



http://amr-i-t.com/2008/03/post-1.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません